バレンシア所属フランシス・コクランのプレースタイル!元フランスU-21代表

ESP

スポンサーリンク

この記事でわかること

今回はバレンシア所属で、元フランスU-21代表ミッドフィルダーのフランシス・コクランを記事にしたいと思います。この記事には下に書いている3つの章があります。

選手の経歴では出身地や生まれた年、クラブチームでの活躍さらに代表召集歴をまとめています。選手のプレースタイルではポジションや身長、利き足のほかに得意なプレーや評価などをご紹介。

最後のまとめでは、選手やチームへの期待をひとことで主観的に書いています。まとめの下では同じカテゴリーの記事も案内しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

どうぞ最後までお付き合いください。

(主な参考元: https://www.soccer-king.jp/player/article/416310.htmlhttps://www.transfermarkt.com/francis-coquelin/profil/spieler/74869 )

スポンサーリンク

フランシス・コクランの経歴

フランシス・コクラン(Francis Coquelin)は1991年の5月に、フランスのラバルで生まれました。内陸西部でル・マンとレンヌの間にある街です。

コクランは当初ASブルニーのユースに所属しており、そこからスタッド・ラバルへ2005年に移籍します。両方とも地元チームですね。

そのままフランス国内で活動すると思いきや、2008年にイングランドのアーセナルへ移籍します。当時はU-18のチームへ加入しました。若手の注目株だったんでしょうかね。

その後は母国フランスのFCロリアンへ1年間レンタルに出されもしましたが、そこでリーグ戦24試合に出場となかなかの活躍をしてアーセナルに戻ります。

2011-12にアーセナルのトップでデビューを果たします。ただ、この年と翌年は2年連続でリーグ戦10試合ほどの出場にとどまりました。ビッグクラブの壁は厚いのう。

すると今度は1年間ドイツのフライブルクで武者修行し、また英国に戻ったあと半年間チャールトンへレンタル移籍。なかなか苦労人よのう。

2014-15冬の移籍市場でアーセナルに呼び戻されると今度こそ出場機会を得ます。残りのシーズンでリーグ戦22試合に出場。これは大したものですね。

2015-16と2016-17は、リーグ戦26試合と29試合の出場。右肩上がりに出場機会を増やしていきます。このままガナーズに定着か?

と思いきや2017-18は前半戦でリーグ戦7試合にしか出場できず。コクランは一大決心をし、アンダーから数えて10年近く所属したアーセナルを離れることにしました。

2018年1月にスペインのバレンシアに移籍。2018-19は怪我による離脱もありながらリーグ戦26試合、公式戦42試合に出場します。来てよかったネ!

フランス代表にはU-17で初めて召集されました。U-21まで順調に招集されていましたが、A代表での召集歴はまだありません。

スポンサーリンク

F・コクランのプレースタイル

中盤で守備に汗をかく

そんなフランシス・コクランのプレースタイルですが、ポジションはミッドフィルダー。中央に位置取るセンターハーフが基本です。利き足は右

たまにですが、退場者や負傷者の穴埋めで一時的に最終ラインへ入ることもあります。恐らく多少は練習しているんでしょうね。

コクランの身長は177センチです。決して高くはないですが、体格は少しがっちりしているような印象。中盤の選手としてはなかなかのフィジカルを有しています。

ポジション自体が中央あるいは少し後方ということもあり、コクランは攻守にバランスを取る役割を担っています。前と後ろの繋ぎ役ですね。

自陣で守備を固めるときはセンターバックの前のスペースをコンパクトに埋めます。引いた守備の時はここが空いていると致命的な縦パスを入れられますから重要。

コクランは周囲と呼吸を合わせながらしっかりとスペースを埋められている印象です。危機察知能力が高いので、危険な場所に顔を出してくれる選手ですね。

守備のカバーエリアが広く、カウンターを受ける際や引いて守る際にサイドの深い位置まで飛び出してボールホルダーにアプローチします。サイドの選手も助かりますな。

加えて、ガッチリした体格を生かしたショルダーチャージの威力が高いです。このあたり、守備の強度はコクランの持ち味であることは間違いないでしょう。

キックの精度はなかなか

繋ぎ役のコクランですから、前線やサイドにボールを運ぶ必要もあります。コクランはパスの技術も備えており、ミス少なくチームの攻撃を進めることができます。

地味に映りやすいパスが多いですが、正確なパスで攻撃をそつなく繋ぐタイプではないでしょうか。相手からボールを奪い、前線に届けます。

決定機を作り出すような華やかなパスを連発するタイプではありませんが、攻守に汗をかくバランサーとしては十分な出来ばえでは。

エリア内には様子を見て進入

コクランの基本ポジションは中盤の真ん中なので、積極的にエリア内へ進入することはさほど多くありません。それがバランサーの役割ともいえます。

もちろん、丁度良いボールが来たときは敵陣の深くまで進入して中央にクロスを入れることもあります。中盤でコンビを組む相棒によって使い分けているのでは。

中盤から前線まで入り込むと守る側はマークに付きづらいので、リスクは伴いますが攻撃においてアクセントを入れられます。ほど良いバランスのコクランです。

↓フランス系の2人。コミュニケーションも問題なし。

スポンサーリンク

今回のまとめ

今回はバレンシア所属で元フランスU-21代表、フランシス・コクランのプレースタイルなどを紹介しました。

2018-19は細かい負傷があったコクランですから、本人ももう少しやれたなぁという印象がある気がします。

プレミアリーグの過密日程よりもスペインはだいぶマシなので、コクランにも健康な状態でシーズンを過ごし3強の牙城を崩せるように奮闘してほしいものですね。

最後までご覧いただきありがとうございました。Adios!

タイトルとURLをコピーしました