バレンシア所属ガブリエウ・パウリスタのプレースタイル!元ブラジル代表

スペイン・リーガエスパニョーラ

スポンサーリンク

この記事でわかること

今回はバレンシア所属で、元ブラジル代表ディフェンダーのガブリエウ・パウリスタを記事にしたいと思います。この記事には下に書いている3つの章があります。

選手の経歴では出身地や生まれた年、クラブチームでの活躍さらに代表召集歴をまとめています。選手のプレースタイルではポジションや身長、利き足のほかに得意なプレーや評価などをご紹介。

最後のまとめでは、選手やチームへの期待をひとことで主観的に書いています。まとめの下では同じカテゴリーの記事も案内しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

どうぞ最後までお付き合いください。

(主な参考元: https://www.soccer-king.jp/player/article/419516.htmlhttps://www.transfermarkt.com/gabriel-paulista/profil/spieler/149498 )

スポンサーリンク

ガブリエウ・パウリスタの経歴

ガブリエウ・パウリスタ(Gabriel Paulista)は1990年の11月に、ブラジルのサンパウロで生まれました。ちなみに、ブラジルの首都はサンパウロでもリオでもなくブラジリアです。

ガブリエウは2009年にCAタボアン・ダ・セーハというサンパウロのチームからECビトーリアに移籍し、2010年にトップデビューしました。

徐々に出場機会を増やしたガブリエウは、2年後の2012年にはリーグ戦35試合に出場します。すると2013年8月、スペインのビジャレアルへと移籍。

ビジャレアルに行く8月までにビトーリアでリーグ戦14試合に出ていたためか、移籍初年度は18試合の出場にとどまります。2014-15シーズンは夏から冬の間までで19試合出場と立派。

するとその冬の移籍市場でイングランドのアーセナルへと移籍していきます。アーセナルには2年半ほど在籍し、FAカップで2回の優勝を経験しています。

2017-18シーズンからバレンシアに移籍し、再びスペインに上陸しました。バレンシアのマルセリーノ監督が獲得を熱望していたとのこと。ビジャレアルでスペインでのプレー経験があるし。

移籍したシーズンからリーグ戦30試合に出るなど存在感を発揮します。2年目の2018-19シーズンも変わらず活躍し、リーグカップ(コパ・デル・レイ)優勝に大きく貢献しました。グラシアス!

ブラジル代表としては親善試合や2018ワールドカップの南米予選でベンチ入りしています。出場はまだありませんが、これからに期待できますね。

スポンサーリンク

ガブリエウのプレースタイル

スピードと体格が光る守備

そんなガブリエウ・パウリスタのプレースタイルですが、ポジションはディフェンダー。基本的にはセンターバックを務めます。利き足は右で、右サイドバックにも対応します。

ただ優れた守備力を考えるとやはり真ん中が良さそう。バレンシアのE・ガライとガブリエウの南米CBコンビはリーガ屈指の安定感。

ガブリエウの身長は187センチ。極端に高くはないですが、ヨーロッパの屈強な選手たちと渡り合うのに十分な体格を備えています。

服を着ている姿を見ると横幅はそれほどなさそうに見えますが、実はけっこう鍛えられていまして胸部や腹部などの中心部は頑丈そうなのがうかがえます。

ガブリエウはそういったフィジカル的な能力をしっかりと備えていて、空中戦にも強さを発揮することができますね。

また彼はスピードにも優れていて走れる選手なので、相手チームのカウンターなど走り合いにも耐性があります。

守備範囲の広さがあり、相手後方からのロングフィードを走りつつ飛んで跳ね返すといったプレーもよく見ることができます。

加えて中盤の選手やサイドバックが飛び出した空きスペースへのカバーリングも、判断力とスプリント力を生かして対応できます。

ディフェンス能力を総合的に見てもミスが少なく安定しています。若手のディフェンダーと比較するとその安定感がより顕著に表れますね。

最後尾から良いパスも出せる

屈強な体格とディフェンスの安定感が持ち味のガブリエウですが、攻撃への貢献も期待できます。最後尾からのロングフィードは良いものを蹴ってくれます。

堅い守備と早いカウンターが強いバレンシアではロングパスが大事になってきますから、このフィード能力は大きいですね。

長いパスでセンターフォワードを起点にしても良いですし、高い位置をとっているサイドの選手を走らせてもチャンスが広がります。チームの攻撃に幅を持たせていると言えるでしょう。

得点はほとんどない

パスの精度が高く攻撃への貢献も期待できるガブリエウですが、得点はなかなか取れないようです。センターバックなので得点を取るにはセットプレーがチャンスだと思いますが。

他にインパクトの強い長身選手がいると、クロスボールをかっさらわれてしまいますから。ガブリエウが得点を取ったときはどんなセレブレーションをするのか気になりますね。

↓陽気なブラジリアンとイタリアン。ガブリエウはムードメーカー的な一面もあるようです。国王杯で優勝した時にはマルセリーノ監督に襲い掛かって地面に転がしていました。

スポンサーリンク

今回のまとめ

今回はバレンシア所属で、元ブラジル代表ガブリエウ・パウリスタのプレースタイルなどを紹介しました。

バレンシアで堅守に貢献しているガブリエウ。2019-20シーズンからは新加入のライバル、E・マンガラもいますから競争が激しくなりそう。

互いに切磋琢磨してトップ4あるいはそれ以上、欧州の舞台でも好成績を残してくれることを期待しましょう。

最後までご覧いただきありがとうございました。Adios!