アトレティコ・マドリード所属トーマス・パーテイのプレースタイル!ガーナ代表

ESP

スポンサーリンク

この記事でわかること

今回はアトレティコ・マドリード所属で、ガーナ代表ミッドフィルダーのトーマス・パーテイを記事にしたいと思います。この記事には下に書いている3つの章があります。

選手の経歴では出身地や生まれた年、クラブチームでの活躍さらに代表召集歴をまとめています。選手のプレースタイルではポジションや身長、利き足のほかに得意なプレーや評価などをご紹介。

最後のまとめでは、選手やチームへの期待をひとことで主観的に書いています。まとめの下では同じカテゴリーの記事も案内しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

どうぞ最後までお付き合いください。

(主な参考元: https://www.soccer-king.jp/player/article/416386.htmlhttps://www.transfermarkt.com/thomas/profil/spieler/230784 )

スポンサーリンク

トーマスの経歴

トーマス・パーテイ(Thomas Partey)は1993年の6月に、ガーナのオードゥーマス・クロボで生まれました。かなり北にある、ギニア湾に近い街です。

トーマスはアンダーカテゴリー時代からアトレティコでプレーしていました。

2012-13にアトレティコのBチームデビューを飾っています。2012-13は3部相当のセグンダBにてリーグ戦28試合に出場

その後は中堅チームへ武者修行します。2013-14はマジョルカへローンで加入し、2部リーグで37試合に出場。ローン先でもしっかりポジションを掴んでいます。

続く2014-15はアルメリアへ期限付き移籍し、こちらはラ・リーガ1部で31試合に出場。1部リーグにも通用することを示します。

2015-16にアトレティコでトップデビュー。スペインでも力のあるクラブだけに、デビューから2年ほどは限定されたプレータイムしか与えられませんでした。

2017-18からはポジションを確保し、ラ・リーガで33試合に出場。また、チャンピオンズでは早期敗退したもののヨーロッパリーグでは優勝を達成しました。

翌シーズンの2018-19もラ・リーガで32試合に出場していますから、今はもうチームの中心として君臨していると言えるでしょう。

ガーナ代表の主要大会はアフリカカップ2017から出場しています。同2019年大会にも出場しました。ワールドカップの場でも見たいですね。

スポンサーリンク

トーマスのプレースタイル

強い守備ができるMF

そんなトーマス・パーテイのプレースタイルですが、ポジションはミッドフィルダー。後ろめの守備的ミッドフィルダーがメインです。利き足は右

フォーメーションによってはセンターハーフに入りますし、攻撃的なポジションを務めることもあるようですね。

トーマスの身長は185センチです。中盤の選手としては十分なサイズがありますし、高さだけでなくパワーも有しています。

彼のセールスポイントは、やはりそのフィジカルを生かした強度が高いディフェンスです。チームのために走り、守備で汗をかける選手なんですね。

トーマスは引き気味のポジションを取ることが多めです。なのでチームがボールを失っても素早い攻守の切り替えを見せ、ボールの即時奪回を試みることができます。

このあたりはシメオネ監督に叩き込まれたのでしょう。スタミナとスピードにも優れているので、試合終盤になってもプレー強度が落ちないのも良いですね。

なおかつ、フィジカル的なアドバンテージもしっかり発揮します。接触プレーに強く、ショルダーチャージなどの力技でも相手を制圧できます。

ボールテクニックが良い

守備での貢献が目立つトーマスですが、ボールを持っているときでも良いプレーができます。ここも見逃せないポイントですね。

カウンター攻撃の時など前にスペースがある時は、自らドリブルで持ち運ぶことも珍しくないです。鋭い切り返しを見せたり、技術がともなっています。

キックの精度も良く、サイドチェンジなどの展開を変える長いパスも上手。フリーキックのキッカーを務めることもあります。

そのあたり、トーマスのキック精度はチーム内でも一目置かれていることでしょう。

鋭いミドルシュート

基本的には守備的な立ち位置を取ることが多いトーマスですから、得点が多い選手ではありません。そこは仕方なし。

ただ、エリア付近でスペースがあると強烈なシュートを打つことができるのも良いポイントですね。けっこう枠内にシュートを持っていきますので、キーパーからすると怖いでしょう。

直接フリーキックを蹴ることもあり、親善試合ですが日本戦でゴールを決めています。相手チームも、トーマスを守備専門の人だと思っていると痛い目を見るかもしれません。

↓良いシュートを蹴ります。

スポンサーリンク

今回のまとめ

今回はアトレティコ・マドリード所属でガーナ代表、トーマス・パーテイのプレースタイルなどを紹介しました。

アトレティコからは2018-19を最後にA・グリーズマンが退団し、チームが新しい局面を迎えています。難しい時代と言えるでしょう。

トーマスにも中堅選手として攻守にわたりチームを引っ張り、ラ・リーガ2強を脅かす存在になっていってほしいですね。

最後までご覧いただきありがとうございました。Adios!