レアル・マドリード所属ヴィニシウス・ジュニオールのプレースタイル!ブラジル代表

ESP

スポンサーリンク

この記事でわかること

今回はレアル・マドリード所属で、ブラジル代表フォワードのヴィニシウス・ジュニオールを記事にしたいと思います。この記事には下に書いている3つの章があります。

選手の経歴では出身地や生まれた年、クラブチームでの活躍さらに代表召集歴をまとめています。選手のプレースタイルではポジションや身長、利き足のほかに得意なプレーや評価などをご紹介。

最後のまとめでは、選手やチームへの期待をひとことで主観的に書いています。まとめの下では同じカテゴリーの記事も案内しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

どうぞ最後までお付き合いください。

(主な参考元: https://www.soccer-king.jp/player/article/816841.htmlhttps://www.transfermarkt.com/vinicius-junior/profil/spieler/371998 )

スポンサーリンク

ヴィニシウスの経歴

ヴィニシウス・ジュニオール(Vinicius Junior)は2000年の7月に、ブラジルのサン・ゴンサロで生まれました。大都市リオの中心部にある街です。

ヴィニシウスは10歳の頃、2010年にフラメンゴのユースへ加入しました。フラメンゴは2019年のFIFAクラブW杯を準優勝で終えるなど、ブラジルの強豪として知られていますね。

そのままユース年代をプレーし、2016-17にフラメンゴでトップデビュー。2000年生まれの選手ですから、かなり早いデビューです。

2016-17はリーグ戦で25試合に出場し、コパ・スダメリカーナも7試合に出場。1年目からけっこうな試合数に出場しました。

翌年のリーグ戦は12試合の出場にとどまっていますが、16~17歳の少年だったらこのぐらいじゃないと身が持たない気も。

2018-19にスペインのレアル・マドリードへ移籍しました。加入当初はBチームにあたるカスティージャに身を置き、3部リーグで5試合に出場し4得点を記録。頭を噛まれながらも。

シーズン途中からはトップチームでもプレーを増やします。カスティージャを含めなくても公式戦トータルで31試合に出場していますから大したものですね。

ブラジル代表にはU-15から招集されています。A代表では2019年9月の親善試合が初出場です。これからに期待大ですね。

スポンサーリンク

ヴィニシウスのプレースタイル

速さと技術があるドリブル

そんなヴィニシウス・ジュニオールのプレースタイルですが、ポジションはフォワード。本職はサイドに張った位置の左ウイングです。利き足は右

利き足サイドの右ウイングはもちろん、中央もできるようです。中央でどんなプレーをするのか見てみたい気もしますが。

ヴィニシウスの身長は176センチです。大きい方ではありませんが、彼はゴール前に張っているタイプではないので気になりませんね。

彼の特徴として挙げられるのが、類まれなスプリント力です。かなりのスピードを有している、いかにもウインガー然としたフットボーラーです。

なおかつヴィニシウスは速いだけでなく、ある意味ブラジル人らしいテクニックも持ち合わせています。スピードで押しつつ上手さもあるドリブルが持ち味ですね。

トリッキーさの強いネイマールほどのアイデアはありませんが、シザースで相手を翻弄したり対峙するディフェンダーを股抜きすることもあります。

止まってからの再加速が速いので、ドリブルの切り返しはかなり鋭いです。スピードに難があるディフェンダーならそれだけで剥がせるでしょう。

加えて、ヴィニシウスは左サイドにいる時でもカットインだけでなく縦突破も強いです。右利きでも左方向に持っていけるのは大きいですね。

利き足の方向に持っていきたいウインガーが多いと思いますが、逆方向も上手いと守る側はコースの限定がしづらそうです。

なかなかのキック精度

スピードだけでなくテクニカルな部分にも良さがあるヴィニシウスは、クロスの精度もなかなかのものを持っています。サイドアタッカーには必須スキルですね。

低めの浅い位置や外に張った位置というよりは、ドリブルで仕掛けてゴールに近付きシュート性の速いクロスを送るのが得意です。

2018-19のコパ・デル・レイは8試合で7アシストを記録しています。下部リーグのチームも対戦相手に含まれていますが、立派な数字ではないでしょうか。

得点数はもう少し欲しい

キックの精度自体は決して低くないと思いますが、ヴィニシウスは得点力に関しては向上の余地があります。枠に飛ばないこともよくありますね。

そのあたりの落ち着きや、プレー選択に関してはまだまだ改善が必要な選手です。と言っても2000年生まれの選手ですから、これからです。

周囲とのコンビネーションはトレーニング、決定力は実戦で経験を積み向上していければ良いですね。まずはリーグ戦での2ケタ得点を期待しています。

↓トップでプレー時間をくれたソラーリ監督。活躍して恩返し。

スポンサーリンク

今回のまとめ

今回はレアル・マドリード所属でブラジル代表、ヴィニシウス・ジュニオールのプレースタイルなどを紹介しました。

粗さが残る部分もありますが、2018-19はソラーリ監督の下でけっこう試合に出ていました。それだけの期待を背負っている選手であることは間違いないですね。

スピードとキレのあるドリブルは十分な武器ですから、あとは数字に残る仕事を徐々に増やしていってほしいです。クラブと代表、両方の活躍が楽しみですな。

最後までご覧いただきありがとうございました。Adios!

タイトルとURLをコピーしました