マンチェスター・ユナイテッド所属アーロン・ワン=ビサカのプレースタイル!イングランド代表

イングランド・プレミアリーグ

スポンサーリンク

この記事でわかること

今回はマンチェスター・ユナイテッド所属で、イングランド代表ディフェンダーのアーロン・ワン=ビサカを記事にしたいと思います。この記事には下に書いている3つの章があります。

選手の経歴では出身地や生まれた年、クラブチームでの活躍さらに代表召集歴をまとめています。選手のプレースタイルではポジションや身長、利き足のほかに得意なプレーや評価などをご紹介。

最後のまとめでは、選手やチームへの期待をひとことで主観的に書いています。まとめの下では同じカテゴリーの記事も案内しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

どうぞ最後までお付き合いください。

(主な参考元: https://www.soccer-king.jp/player/article/827926.htmlhttps://www.transfermarkt.com/aaron-wan-bissaka/profil/spieler/477758 )

スポンサーリンク

A・ワン=ビサカの経歴

アーロン・ワン=ビサカ(Aaron Wan-Bissaka)は1997年の11月に、イングランド(イギリス)のクロイドンで生まれました。彼はイングランドとコンゴ民主共和国の二重国籍です。

ワン=ビサカは11歳の時にクリスタル・パレスの下部組織に入団します。当時、コンゴ民主共和国の選手がパレスに所属していたことが大きかったんだとか。

そのままパレスで成長したワン=ビサカは2018年1月にパレスのトップチームへ登録されました。彼がサイドバックとして開花したのはその頃です。

少年の頃から前線のウイングポジションでプレーしていたワン=ビサカを、フランク・デ・ブール監督が3-4-3の中盤ウイングバックで起用しようとしましたが志半ばで退任。

後任のロイ・ホジソン監督は4バックに戻し、ワン=ビサカを今度はサイドバックで起用できるように練習で試していました。すると2018年2月に右サイドバックのレギュラー選手が負傷離脱。

まだ不慣れなサイドバックでトップデビューすることになったワン=ビサカ。相手は強豪トッテナムでしたが見事にサイドバックを務めあげ、彼はレギュラー定着に成功しました。

その後、残りの2017-18シーズンはリーグ戦7試合に出場。2018-19シーズンは35試合に出場しました。完全に定位置をつかみ、ビッグクラブも注目するリーグ屈指の選手へと成長。

2019-20シーズンからはマンチェスター・ユナイテッドへ移籍。守備陣の補強が必要だったユナイテッドの目玉補強になりましたね。果たしてレッド・デビルズは復活できるのでしょうか。

代表歴に関しては、コンゴ民主共和国U-20代表で召集歴がありますが同じくらいの時期にイングランド代表へ切り替えています。

イングランドのアンダー世代ではU-20とU-21で召集歴あり。A代表にも召集はされましたが、出場はまだありません。

スポンサーリンク

A・ワン=ビサカのプレースタイル

天性のバネを生かした守備力

そんなワン=ビサカのプレースタイルですが、ポジションはディフェンダー。右サイドバックが基本ポジションです。利き足は右

キャリア初期はもっと攻撃的な位置を務めていたので、フォワードに分類される右ウイングにも対応できます。

ワン=ビサカの身長は183センチ。サイドバックとしてはなかなかのサイズを持っています。ですがワン=ビサカの良さはその身体能力にあります。

ワン=ビサカはスピードと加速、跳躍力にとても優れています。そしてそれをプレーにしっかり反映させているところが彼の持ち味ですよね。

右サイドバックのワン=ビサカは相手のサイドアタッカーと対峙することがとても多いです。サイドが主戦場の選手は足が速いことが多いですね。

ワン=ビサカはサイドでのスピード勝負に非常に強いです。静止状態からの加速が速いので、相手のフェイントに惑わされずについていくことができます。

さらに、速いだけでなく跳躍力を使ったスライディングが上手いです。相手と多少距離があるように見えても、びよんっと足が伸びてきます。

相手ウインガーと並走しつつ、スライディングでボールを掻き出す技術的なタイミングの取り方も上手。一対一の勝負にワン=ビサカは異様に強いです。

サイドで相手に起点を作られると味方のディフェンスラインを下げなければならないので、ワン=ビサカの対応力は大きいですね。

もちろん183センチというサイズと跳躍力を生かし、空中戦にも強さを発揮します。よっぽどの大型フォワードと対峙しなければ対応できると思います。

ワン=ビサカは、サイドバックが本職の選手の中ではかなり守備力が高いのではないでしょうか。ユナイテッドが欲しがるわけだぁ。

ドリブルでの推進力も良し

ワン=ビサカの身体能力はディフェンス面で大いに発揮されますが、攻撃参加においても有効です。攻守において存在感がありますね。

スピードを武器にフリーランでピッチを駆け上がり、相手のディフェンダーに捕まらずにスペースでボールを受けられます。

それだけでなく、ワン=ビサカはドリブルスピードも良いものを持っています。サイドでボールを奪ったあと、自分でも素早く持ち上がることができますね。

仮にドリブル時にボールを奪い返されても、ワン=ビサカのスピードなら走って追いかけてさらに奪い返すといった荒業も可能です。

パスの質はまあまあ

ワン=ビサカのクロス精度については、特に悪くはないですが同胞のアレクサンダー=アーノルドと比べちゃうと差があるかなという印象です。

クロスの精度をさらに向上させることができれば、モンスター級のサイドバックになりますね。なんだかそうなっていきそうな気もしてきます。

あと相手選手が近くにいる中、自陣でショートパスを繋ぐ時にもちょっと危ないパスがたまに見られます。まあ若い選手なので改善されていくでしょう。

スポンサーリンク

今回のまとめ

今回はマンチェスター・ユナイテッド所属でイングランド代表、アーロン・ワン=ビサカのプレースタイルなどを紹介しました。

ワン=ビサカはユナイテッドに移籍してさっそく出場機会を得ています。周りの選手から良い影響を受けて彼自身のさらなるレベルアップも期待できますね。

イングランド代表でも競争を勝ち抜き、スタメンを確保していってほしいものです。

最後までご覧いただきありがとうございました。Adios!