マンチェスター・シティ所属ベルナルド・シウバのプレースタイル!ポルトガル代表

ENG

スポンサーリンク

この記事でわかること

今回はマンチェスター・シティ所属で、ポルトガル代表FWのベルナルド・シウバを記事にしたいと思います。この記事には下に書いている3つの章があります。

選手の経歴では出身地や生まれた年、クラブチームでの活躍さらに代表召集歴をまとめています。選手のプレースタイルではポジションや身長、利き足のほかに得意なプレーや評価などをご紹介。

最後のまとめでは、選手やチームへの期待をひとことで主観的に書いています。まとめの下では同じカテゴリーの記事も案内しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

どうぞ最後までお付き合いください。

(主な参考元: https://www.soccer-king.jp/player/article/502264.htmlhttps://www.transfermarkt.com/bernardo-silva/profil/spieler/241641 )

スポンサーリンク

ベルナルド・シウバの経歴

ベルナルド・シウバ(Bernard Silva)は1994年の8月に、ポルトガルのリスボンで生まれました。言わずと知れたポルトガルの首都です。

どうでも良い話ですがポルトガルは秋田県みたいな形をしていて、リスボンは男鹿半島のような西の海沿いにあります。B・シウバはベンフィカのユース出身です。

2013-14にベンフィカでトップデビュー。トップチームではリーグ戦1試合に出場。Bチームとしてはリーグ戦の38試合に出場と存在感を発揮。

2014-15にフランスのモナコへローン移籍します。1年目からリーグ1で32試合に出場して9得点という活躍。なお、冬の移籍市場で完全移籍に移行しています。

2016-17はより一層の働きを見せ、リーグ1は37試合に出場して優勝に貢献。チャンピオンズリーグでもモナコのベスト4進出に大きく貢献しました。

2017-18からマンチェスター・シティへ加入。1年目からプレミアリーグで35試合に出場し、2018-19も同36試合に出場。その2シーズンでプレミアリーグ連覇に貢献しています。

ポルトガル代表ではU-19から招集されています。A代表では2018ワールドカップで全4試合に出場。2018-2019のネーションズリーグでも躍動し、優勝を達成しました。

スポンサーリンク

B・シウバのプレースタイル

ボールテクニックが秀逸

そんなベルナルド・シウバのプレースタイルですが、ポジションはフォワード。メインで入るのは右ウイングです。利き足は左のレフティ。

利き足とは逆の右サイドに入ることが多いですが、利き足サイドの左ウイングや攻撃的ミッドフィルダーに入ることもできます。

B・シウバの身長は173センチです。小柄で体格的な強みはあまりないですが、ポルトガル人らしくテクニックに良さがあるプレーヤーですね。

特にドリブルの技術に優れていて、ボールキープ能力が際立っています。右サイドでボールを受けると中央へのカットイン、左サイドだと縦への突破をよく見せますね。

そうしてドリブルで勝負するのも良いですが、キープ力を生かしてタメを作れるのが彼の良いところです。相手を数人引き付けて、空いた味方にパスをさばけます。

B・シウバは視野も広く、連動した味方の動きに合わせてビシッとパスを通すことができるんですね。ボールロストも滅多にしません。

また、狭いスペースでボールを受けてターンするのも得意です。ボールテクニックがないと、なかなかできない芸当ですね。

相手のライン間でボールを受けた後に前を向ければ、アシストなどの決定的な仕事ができます。B・シウバはその技巧を、味方を上手く使うのに役立てている選手です。

↓How to stop Bernardo 🙂 ?

チャンスメイクが得意

B・シウバは広い視野を有しており、周囲の状況をしっかり把握しています。なおかつキックの精度も高いものがありますね。

彼は視野の広さとキック精度ををパスセンスにも繋げています。B・シウバは味方のお膳立ても期待できる選手で、2016-17はリーグ1で11回のアシストを記録しています。

縦方向のスルーパスはもちろんサイドからのクロス、対角の味方への浮き球などアシストのパターンも多様ですね。

フリーでボールを持っていると怖いアタッカーで、これはキックの精度が良いからこそできる芸当です。ウイングでもインサイドハーフでも活躍が見込めます。

オフザボールの動きも良い

自分でボールを持ちつつパスをさばき、チャンスを演出できるB・シウバ。ボールを持っている時に輝くタイプと言えるでしょう。

ただ、スペースでボールを受けようとする動きも付けていく選手で、オフザボールの動きも積極的です。味方に使われることもできるんですね。これは大きい。

足下でボールを受けて自分で勝負したい選手はたくさんいますが、それを抑えてスペースでもボールを受けようとする動きをすれば守備側は両方の動きを警戒する必要があります。

相手のディフェンスライン、特にセンターバックとサイドバックの間のハーフスペースに飛び出してボールを受ければ決定的なチャンスが生まれます。

B・シウバは得点数こそ極端に多くありませんが、シュートも上手くゴール前でも冷静なフィニッシュワークを披露してくれます。

↓遠めからでもズドン。

スポンサーリンク

今回のまとめ

今回はマンチェスター・シティ所属で、ポルトガル代表ベルナルド・シウバのプレースタイルなどを紹介しました。

モナコからシティに加入して以来、さらに評価を高めているベルナルド・シウバ。彼ほど万能なアタッカーは貴重ですからね。

ポルトガル代表でもネーションズリーグを優勝し、さらに勢いに乗っていきそうな気がします。彼が今後どのくらいトロフィーを掲げるのか実に興味深いですね。

最後までご覧いただきありがとうございました。Adios!