サッカー観戦の楽しみかた!盛り上がるのはゴールだけじゃない!

Stadium
スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事でわかること

唐突ですが、みなさんはサッカーのどのシーンで一番盛り上がりますか?ゴールが決まったとき、あるいは試合終了のときでしょうか。

いずれにせよゴールが決まったときに喜んで、逆に失点したら悔しいのは当然ですよね。バスケや野球と比べてサッカーは得点が少ないスポーツですし。

一方で、管理人の周囲にいるのですが「サッカーは得点がなかなか入らなくて面白くない」と思っている方、決して少なくないのではないでしょうか。

わかります、気持ちはわかります。ただ、サッカー好きの管理人は声を大にして言いたいのです。サッカーにはゴールシーン以外にもたくさん見どころがあります。

そこで今回は得点シーン以外で、どこに着眼すればサッカーをより楽しめるかを管理人なりに考えて記事にしたいと思います。

これを読めばサッカーをもっと楽しめるようになる、はず。

スポンサーリンク

サッカーのここに注目して!

GKのここを見て!

超人的な反射神経

ゴールキーパーと言えば、手を使って自分たちのゴールを守ってくれる最後の砦ですよね。彼らはいつ襲ってくるかわからないピンチに向けて、試合中は神経を常に尖らせています。

シュートが飛んで来れば、横っ飛びでボールを掻き出します。ゴールが入ったときに特に盛り上がるのは、逆にキーパーが一生懸命にゴールを防いでる裏返しなのです。(多分)

↓シュートが選手にぶつかり、途中で軌道が変わっています。それにも反応してシュートストップ。いや見事。

ボールを弾き出す方向

じゃあ、シュートを弾けばそれで良いのでしょうか。管理人は違うと思います。シュートを弾く場所も重要なのです。

シュートを弾いても、ボールを相手選手の目の前に落としてしまえばまたシュートを打たれてしましますよね。安全な場所にシュートを弾く、これができるキーパーはすごい。

↓この動画のシュートストップはすべて1試合のなかで起こっています。全部のシュートが安全な位置に弾かれていますね。これ大事。

DFのここを見て!

走れなきゃ務まらない

ディフェンダーの仕事は、もちろんゴールを守ることであり相手選手をゴールに近付けさせないことです。相手をゴールに向かわせないに越したことはないですよね。

ですので、自分たちのゴール方向に向かって進む相手は必死になって止める必要があります。相手がどんなに足が速い相手であっても。

↓一生懸命に走り、横から競り合って相手選手を追い出しています。何気なくやっているように見えますが、スピードとパワー、ぶつかるタイミングの見極めが重要です。好プレー。

危険なところに「いる」

ディフェンダーはポジショニング、つまりどこにいるかが非常に重要です。相手チームがボールを届けたい、持っていきたい場所を予測して動かなければなりません。

当然、選手が走るよりボールが飛んでくる方が早いですから、相手選手+相手が持っているボールの動きを先読みして動いているんです。

↓これ、1試合の中で1人の選手のプレーを集めた動画です。相手に使われると嫌な場所を即座に潰し、ボールが飛んできそうな場所をあらかじめ予測して跳ね返しています。頼りになりますね。

↓これも似たパターンです。一番危ないところを真っ先にカバーしていますね。ナイスクリア。

得点の源(みなもと)にもなる

ディフェンダーというと、守備にばかり奔走している印象がある方も多いと思います。ですが、1本のパスから得点をアシストしてしまうディフェンダーもいるのです。

現代サッカーはどこのポジションであっても、キック精度の高さが求められます。その技術により、攻撃にも彩(いろどり)を添えることができるんですね。

↓これらはゴール自体も素晴らしいんですが、得点者にボールを届けている1本のパスが重要です。これらの見事なロングパス、精度すごいでしょう。

スポンサーリンク

今回のまとめ

正直に言いますと、この記事は書きかけの記事です(汗)

ミッドフィルダーとフォワードの注目プレーも、時間を作って追加していきたいと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました。Adios!

↓サッカーはテレビだけでなくネット回線でも楽しむ時代です。DAZNなら最初の1ヶ月を無料でお試しできます。

Jリーグだけでなく、ヨーロッパ各国のリーグ戦やカップ戦を飽きるほど楽しめます。この機会に無料お試しだ!

露骨な宣伝ですが…(笑)

タイトルとURLをコピーしました