FC東京所属ディエゴ・オリベイラのプレースタイル!ブラジル出身

FC東京

スポンサーリンク

この記事でわかること

今回はFC東京所属で、ブラジル出身のディエゴ・オリベイラを記事にしたいと思います。この記事には下に書いている3つの章があります。

選手の経歴では出身地や生まれた年、クラブチームでの活躍さらに代表召集歴をまとめています。選手のプレースタイルではポジションや身長、利き足のほかに得意なプレーや評価などをご紹介。

最後のまとめでは、選手やチームへの期待をひとことで主観的に書いています。まとめの下では同じカテゴリーの記事も案内しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

どうぞ最後までお付き合いください。

スポンサーリンク

ディエゴ・オリベイラの経歴

ディエゴ・オリベイラ(Diego Oliveira)は1990年の6月にブラジルで生まれました。

ディエゴ・オリベイラのプロキャリアは、母国ブラジルのパラナというチームから始まります。彼のキャリアは基本的には母国ブラジルでプレーすることが多かったようです。

カタールのアル・ミサイマーや韓国の水原にも在籍経験がありますがが、さほど出場機会は得られず。2012年からは継続してブラジル国内のクラブで活躍していました。

2015年にポンチプレッタというチームで、ブラジル全国選手権31試合に出場しています。ここでしっかりと出場機会を得て、翌年にJリーグへ来るわけです。

2016年に柏レイソルへ加入し、Jリーグに初挑戦します。初年度はリーグ戦30試合に出場し12得点。見事に2桁ゴールです。げへへ。

翌年の2017年もJ1で27試合に出場し5ゴール。ゴール数は減りましたが、得点だけが魅力の選手ではありませんからね。

2018年からFC東京で活躍しています。こちらでも移籍初年度で32試合13ゴール。頼もしい助っ人です。

特に前線でコンビを組む永井謙佑とは、タイプの異なる強力2トップを形成していますよね。見どころ満載です。アルトゥール・シルバとはブラジル人同士で仲良くやっているようですね。

スポンサーリンク

ディエゴ・オリベイラのプレースタイル

厚い胸板でフィジカル勝負に強い

そんなディエゴ・オリベイラのプレースタイルですが、ポジションはフォワードの中央。センターフォワードです。

センターフォワードの仕事のひとつにポストプレーがありますよね。相手ディフェンダーを背中でブロックしてボールをキープ。味方が動く時間を作ります。

ディエゴ・オリベイラは身長が179センチとそこまで大きくないんですが、厚みのある体格でポストプレーに強さを発揮します。

特に相手からボールを奪ってからの早いカウンター攻撃では、ディエゴのポストプレーが特に生きますよね。相手からボールを取った味方選手がディエゴにボールを渡すと、彼は体格を生かした強さでボールをキープしてくれます。

そうしてディエゴが「タメ」を作ってあげることで、他の選手が相手ゴールに迫る時間的な余裕ができます。これができる強さを備えた選手は貴重ですね。

遅攻でもポストプレーは有効です。相手ゴール前で、屈強な相手ディフェンダーとぶつかり合えるディエゴの強さは攻撃に幅をもたらします。

また体格のアドバンテージにより空中戦にも強く、ヘディングも上手です。あんな胸板を1日でいいから体験してみたい。(でも服の前ボタン弾けそう)

クロスをゴール前に送ればボールを受けて足下でキープ、あるいはヘディングで味方に落としたりシュートを狙ったり。ディエゴは特にゴール前で怖い存在です。

オフ・ザ・ボールの動きも良い

ポストプレーやヘディングが良いディエゴですが、完全な基準点タイプのフォワードではないと思います。味方の動きと連動して、相手ディフェンスラインの裏に抜ける動きも見せてくれます。

足下でボールを受けてキープするだけの選手ではないので、肉体派に見えてプレーの幅がありそうですね。足下でボールをおさめるプレーだけを警戒していたらディエゴにやられてしまいます。

前線からのプレスもおなじみ

ディエゴはそこまでスピードはないと思いますが、等速でじわじわとプレスで距離を詰めるイメージ。ディエゴも前線から献身的な守備を見せてくれますね。

もし前線でボールを奪取できればシメたもの。強靭なフィジカルを生かしてボールをキープすることができます。ディエゴから奪い返すのは難儀しそうですね。

↓静止画で見るとちょっと面白い。Jリーグ公式のいじりかな?

スポンサーリンク

今回のまとめ

今回はFC東京所属で、ブラジル出身ディエゴ・オリベイラのプレースタイルなどを紹介しました。

主力としてFC東京の攻守に活躍するディエゴ・オリベイラは、チーム2年目ながら欠かせないピースだと思います。永井との2トップで長くチームに貢献してほしいですね。期待しましょう。

最後までご覧いただきありがとうございました。Adios!

記事参考元:https://www.fctokyo.co.jp/players/2019/476 https://www.soccer-king.jp/player/article/428733.html