バイエルン・ミュンヘン所属キングスレー・コマンのプレースタイル!フランス代表

ドイツ・ブンデスリーガ

スポンサーリンク

この記事でわかること

今回はバイエルン・ミュンヘン所属で、フランス代表FWのキングスレイ・コマンを記事にしたいと思います。この記事には下に書いている3つの章があります。

選手の経歴では出身地や生まれた年、クラブチームでの活躍さらに代表召集歴をまとめています。選手のプレースタイルではポジションや身長、利き足のほかに得意なプレーや評価などをご紹介。

最後のまとめでは、選手やチームへの期待をひとことで主観的に書いています。まとめの下では同じカテゴリーの記事も案内しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

どうぞ最後までお付き合いください。

(主な参考元: https://www.soccer-king.jp/player/article/418978.htmlhttps://www.transfermarkt.com/kingsley-coman/profil/spieler/243714 )

スポンサーリンク

キングスレイ・コマンの経歴

キングスレイ・コマン(Kingsley Coman)は1996年6月に、フランスのパリで生まれました。出ました、シティ・ボーイ。

コマンは当初、USセナール=モワシーというチームの下部組織に所属していました。そこから2004年にパリSGのユースへ移籍

2013年にパリSGでトップチームへ登録されますが、1年後イタリアのユベントスにフリーで加入。パリではほとんど試合に出られなかったようですから仕方なし。

2014-15ユベントスでは、セリエAで14試合に出場します。が、2015年8月から今度はドイツのバイエルン・ミュンヘンにレンタル移籍します。リーグ王者ばっかり、さすがキング。

バイエルンでブレイクすると「ロベリー」の後継者と目され、2017-18にバイエルンへ完全移籍を果たしました。長らくバイエルンではウイングポジションの後継者が問題でしたからね。GOOD。

移籍後はバイエルンの強力なサイドアタッカーとして活躍し、加入以降はリーグ優勝し続けています。あとはチャンピオンズリーグを優勝するだけですね。

フランス代表としてはU-16からコンスタントに召集されています。A代表での主要大会はEURO2016から参加し、準優勝に貢献。

ただフランス代表が優勝した2018ワールドカップでは、負傷もありメンバー外。悔しい思いは次のW杯に繋げてほしいです。

スポンサーリンク

K・コマンのプレースタイル

抜群のスピードで単独突破

そんなキングスレイ・コマンのプレースタイルですが、ポジションはフォワード。左右のウイングで主にプレーします。

利き足は右足ですが、左足でも強力なキックが蹴れるテクニックがあります。両サイド両足でプレーできるのも魅力ですが、コマンの強みはなんといっても圧倒的なスピードでしょう。

スペースでも足下でもボールを受けられる選手ですが、特に足下で受けてからの単独の突破力は世界でも指折りです。

ドリブルでの加速が抜群に早いので、静止した状態からでも一瞬で相手を「剥がす」ことができます。これに離されずについていくのは至難の業です。

走って止まって反対方向にまた走るドリブルの切り返しをよく使いますが、コマンは身体のキレがすごいですね。好調だと一対一の勝負は高確率でモノにしてくれます。

左サイドから中央へのカットインが強力ではありますが、前述のように両足が器用なため利き足でない左方向にも縦に突破するシーンをよく見ることができます。

右足で左方向にボールを蹴り出し、急加速して相手を振り切って左足でクロスを上げる。そんなプレーもお手の物ですね。

逆足サイドに位置するウインガーでコマンほど効果的な縦への突破ができる選手はなかなかいないのではと思います。

パンチのあるシュートも良質

ドリブル突破してからのクロスが強いコマンですが、自ら狙うシュートも良いものをもっています。左サイドから中央にカットインしての右足シュートは強烈

さらに、利き足ではない左足からニアを狙うようなシュートもGOOD。利き足でない方でも良いシュートを打てる選手はそこまで多くないので、守りづらさも出てきますね。

シュートシーンでの決定力が欠けている時期もありましたが、だいぶ改善されてきた印象があります。クロスの質もなかなか。

ケガの多さには気を付けたい

ドリブル良しシュートも良しのコマンですが、ケガの多さはこれからの大きな課題に違いありません。体質的な筋肉系のケガはなんとか減らしたいところ。

ケガで離脱することが多いのは、速いコマンを止めるために危険なファールをする選手がいるのも原因のひとつでしょうね。危ない危ない。

↓これがシティ・ボーイのセンス。

スポンサーリンク

今回のまとめ

今回はバイエルン・ミュンヘン所属で、フランス代表キングスレイ・コマンのプレースタイルなどを紹介しました。

コマンはまだ若いですし、クラブでもフランス代表でもまだまだトロフィーを獲得していきそうな選手です。

スピードに頼らずにプレーの幅を広げてくと、いよいよアンストッパブルなアタッカーになりそう。期待しましょう。

最後までご覧いただきありがとうございました。Adios!