アーセナル所属セアド・コラシナツのプレースタイル!ボスニア・ヘルツェゴビナ代表

ENG

この記事でわかること

今回はアーセナル所属で、ボスニア・ヘルツェゴビナ代表ディフェンダーのセアド・コラシナツを記事にしたいと思います。この記事には下に書いている3つの章があります。

選手の経歴では出身地や生まれた年、クラブチームでの活躍さらに代表召集歴をまとめています。選手のプレースタイルではポジションや身長、利き足のほかに得意なプレーや評価などをご紹介。

最後のまとめでは、選手やチームへの期待をひとことで主観的に書いています。まとめの下では同じカテゴリーの記事も案内しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

どうぞ最後までお付き合いください。

(主な参考元:https://www.soccer-king.jp/player/article/418154.html https://www.transfermarkt.com/sead-kolasinac/profil/spieler/94005)

スポンサーリンク

セアド・コラシナツの経歴

セアド・コラシナツ(Sead Kolasinac)は1993年の6月に、ドイツのカールスルーエで生まれました。彼はドイツとボスニア・ヘルツェゴビナの二重国籍です。

カールスルーエはドイツ南西部にある街です。コラシナツは2001年からカールスルーエSCのユースでプレーしていました。2008-09にはU-17のユースリーグで18試合に出場。

2009-10からホッフェンハイムに移籍し、同じくU-17のユースリーグで18試合に出場。2010-11にはシュツットガルトへ加入し、U-19ユースリーグの前半戦で11試合に出場しました。

忙しく移籍を繰り返してきたコラシナツですが2010-11冬の移籍市場でシャルケに加入し、そこで長くプレーすることになります。

移籍した当初はアンダーカテゴリーやBチームでのプレーが主でしたが、2012-13にトップデビューを果たしました。そのシーズンはブンデス1部で16試合に出場。

2013-14には出場時間を増やしブンデスリーガ24試合に出場しています。ただ、残念なことに翌年は怪我で1年をほとんど棒に振ることに。

怪我から復帰して以降は2015-16にブンデスリーガ23試合、2016-17には25試合に出場していますのでまずまず。

2017-18からイングランドのアーセナルへ加入しました。1年目からプレミアリーグ27試合に出場と、早くて激しい英国サッカーに適応を見せます。

2018-19も精力的にプレーし、ヨーロッパリーグの決勝でもフル出場しました。結果は準優勝でしたが、これからのガナーズ復活に期待がかかります。

ナショナルチームではU-18からU-20までドイツ代表でプレーしていました。A代表ではボスニア・ヘルツェゴビナ代表を選択。

2014ワールドカップにも出場し、グループステージ最後のイラン戦にはフル出場。同国史上初のワールドカップ白星に貢献しています。

S・コラシナツのプレースタイル

パワフルに前進するSB

そんなセアド・コラシナツのプレースタイルですが、ポジションはディフェンダー。本職は左サイドバックです。利き足は左のレフティー。

フォーメーションによっては1列前の左ウイングバックにも対応し、同じ中盤の守備的ミッドフィルダーでのプレー経験もあります。

コラシナツの身長は183センチです。サイドバックとしては魅力的なサイズを有していますね。なおかつ彼の胸板はけっこう厚いです。

この身体的な特徴がコラシナツの大きなセールスポイントであることは間違いないでしょう。腕っぷしの強さは暴漢を撃退するほど。

ガッチリした体格をしていますが、重くて走れないということは全くないコラシナツです。攻撃参加するときもよく走ってチームに貢献しますね。

パワーを備えたドリブルは、相手からしてもなかなか止めづらいです。肩で当たられても逆に跳ね返す強さがコラシナツにはあります。

運動量も豊富な選手なので、敵陣の深い位置まで進入することも全く珍しくありません。試合を通して果敢に攻撃参加してくれます。

クロスの質はまずまず

攻撃参加した際に深い位置まで入っていくコラシナツは、ゴール前にクロスボールを上げる機会も多いです。

球足が長いボールの質も悪くなく、時折チャンスシーンを演出してくれます。B・メンディみたいな、強くて走れてクロスはザックリというイメージでしょうかね。

コラシナツより質の良いクロスボールを蹴るサイドバックもいるでしょうが、彼よりパワフルな攻撃参加をする選手はそう多くないのでは。

守備の対人は強いが

フィジカルに優れたコラシナツは対人の対応に強いです。ボールを追った走り合いでも相手選手に競り負けず、肩をぶつけて相手を追い出すパワーがあります。

自陣の深い場所に出されたロングボールへの対応も苦にしていない印象です。彼の強さは対峙する選手を悩ませますね。

また、体格を生かして空中戦でも勝負できるのが良いです。小柄なサイドバックと違ってサイズがあるので、放り込まれたロングボールも跳ね返してくれます。

位置取るのが左サイドであってもゴール付近にスライドした際でも、空中戦で勝算が見込めるのはチーム全体の守備を考えても大事なことです。

ただ、攻撃後の戻りが遅いという指摘も聞かれます。そこのハードワークは必要になってきますね。

今回のまとめ

今回はアーセナル所属でボスニア・ヘルツェゴビナ代表、セアド・コラシナツのプレースタイルなどを紹介しました。

シャルケ時代は内田篤人ともチームメイトだったコラシナツ。イングランドに渡ってもしっかりと活躍してくれています。

2019-20はなかなかの補強をしてシーズンに挑むアーセナルですから、なんとかトロフィーを獲得してほしいですね。コラシナツのハードワークにも期待。

最後までご覧いただきありがとうございました。Adios!

↓他の記事もぜひご覧あれ⚽️
プレミアラ・リーガセリエA
ブンデスリーグ1Jリーグ

↓チームはココから選べます



ENG アーセナル
SOCCER道(さかみち)を歩こう!