バイエルン・ミュンヘン所属トーマス・ミュラーのプレースタイル!ドイツ代表

ドイツ・ブンデスリーガ

スポンサーリンク

この記事でわかること

今回はバイエルン・ミュンヘン所属で、ドイツ代表フォワードのトーマス・ミュラーを記事にしたいと思います。この記事には下に書いている3つの章があります。

選手の経歴では出身地や生まれた年、クラブチームでの活躍さらに代表召集歴をまとめています。選手のプレースタイルではポジションや身長、利き足のほかに得意なプレーや評価などをご紹介。

最後のまとめでは、選手やチームへの期待をひとことで主観的に書いています。まとめの下では同じカテゴリーの記事も案内しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

どうぞ最後までお付き合いください。

(主な参考元: https://www.soccer-king.jp/player/article/418356.htmlhttps://www.transfermarkt.com/thomas-muller/profil/spieler/58358 )

スポンサーリンク

トーマス・ミュラーの経歴

トーマス・ミュラー(Thomas Muller)は1989年の9月に、ドイツのヴァイルハイムで生まれました。ドイツ南部でミュンヘンに近い街です。

ミュラーは1993年から2000年までTSVペールに所属していました。2000年7月からバイエルン・ミュンヘンのユースに加入。

2008-09にバイエルンのBチームに昇格しました。そのシーズンにもトップチームへ何度か招集されて、ブンデスリーガで4試合に出場歴があります。

2009-10からバイエルンでトップ登録されました。初年度からブンデスリーガ34試合に出場して13ゴールを上げます。なんていうルーキーなのでしょうか。

翌年の2010-11もブンデスリーガでは34試合12得点。以降もずっとバイエルンのレギュラー格として君臨。2015-16はブンデスリーガ31試合で20得点を記録しています。

2016-17あたりからは得点が減少していますが、チャンスメイクでより一層の違いを出していますので心配ご無用。

ドイツ代表にはU-16から召集されています。A代表の主要大会は2010ワールドカップから出場しています。鮮烈な活躍だったのを管理人も覚えています。

5得点3アシストでドイツ代表の3位に貢献。大会の得点王とベストヤングプレーヤーにも選ばれました。その後2014ワールドカップでは優勝の栄冠に輝いています。

スポンサーリンク

トーマス・ミュラーのプレースタイル

相手DFとの駆け引きが秀逸

そんなトーマス・ミュラーのプレースタイルですが、ポジションはフォワード。センターフォワードや右ウイング、攻撃的ミッドフィルダーでプレーします利き足は右

ミュラーの身長は186センチです。結構なサイズを有していますが、体格を武器にして勝負を挑むタイプの選手ではないと思います。

ミュラーの特徴として、相手のディフェンスラインとの駆け引きが非常に上手なことがあります。常に裏抜けを狙っているくらいのイメージです。

爆発的なスプリント力を持っているわけではありませんが、スピードの緩急などでディフェンダーの虚を突いているんでしょう。

ボールを持っていないときの動きが秀逸で、味方に生かされるのが上手いプレーヤーだと言えますね。

相手の背後をとってボールを受け、一瞬でチャンスを作り出します。なおかつボールコントロールも上手ですから、しっかり足下でボールをおさめられます。

ドリブルなどには際立った特徴があるわけではないと思いますが、この優れたオフ・ザ・ボールの動きだけで相手を陥れることができますね。

フリーキックのリスタートでもよく相手を出し抜こうとしてフリーランニングをします。良い意味で油断も隙も無い選手です。

味方を生かすアシストも上手

前述のようにミュラーはスペースでボールを受けるような、味方に使われる動きが上手な選手です。ただ、ミュラーは味方を使うのも得意です。

ミュラーはパスセンスにも優れていて、味方の動き出しに合わせたラストパスを供給できます。そのため、得点数だけでなくアシストも多い選手です。

特にミュラーが相手の裏を取ってボールを受け、ゴール前に折り返しのクロスを入れるプレーは何度も得点を演出しています。

使われるのが上手な選手なので、使われる側の気持ちがわかるんでしょうね。だから味方を使うのもこんなに上手なのではないでしょうか。

ゴール前でも冷静にフィニッシュ

ミュラーは様々な形で得点に関与できる選手ですが、その得点能力は確かなものがあります。ゴール前での落ち着いたシュートには高い決定力を感じますね。

相手キーパーのポジショニングを見てシュートコースを決めるのはもちろん、キックフェイントでディフェンダーをはがすのも上手。

なおかつ186センチという長身を生かしてヘディングでもゴールを脅かすことができます。得点パターンも豊富に持っている選手ですね。

↓なんでもアリ、な得点パターン。

スポンサーリンク

今回のまとめ

今回はバイエルン所属で、ドイツ代表トーマス・ミュラーのプレースタイルなどを紹介しました。

ミュラーはバイエルンで2013年にブンデスリーガ優勝とリーグカップ(DFBポカール)制覇、そしてチャンピオンズリーグ優勝の3冠を達成しています。

また欧州を席捲するバイエルンが見たいですね。ミュラーの得点やチャンスメイクにより一層期待しましょう。

最後までご覧いただきありがとうございました。Adios!