バレンシア所属ムクタル・ディアカビのプレースタイル!元U-21フランス代表

スペイン・リーガエスパニョーラ

スポンサーリンク

この記事でわかること

今回はバレンシア所属で、元U-21フランス代表ディフェンダーのムクタル・ディアカビを記事にしたいと思います。この記事には下に書いている3つの章があります。

選手の経歴では出身地や生まれた年、クラブチームでの活躍さらに代表召集歴をまとめています。選手のプレースタイルではポジションや身長、利き足のほかに得意なプレーや評価などをご紹介。

最後のまとめでは、選手やチームへの期待をひとことで主観的に書いています。まとめの下では同じカテゴリーの記事も案内しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

どうぞ最後までお付き合いください。

(主な参考元: https://www.soccer-king.jp/player/article/501769.htmlhttps://www.transfermarkt.com/mouctar-diakhaby/profil/spieler/346289 )

スポンサーリンク

ムクタル・ディアカビの経歴

ムクタル・ディアカビ(Mouctar Diakhaby)は1996年の12月に、フランスのヴァンドームに生まれました。同国の内陸で、少し西寄りにある街です。

ディアカビのサッカーキャリアはUSSAヴェルトゥーから始まりました。2004年に同チームのユースに加入します。

2009年から1年だけFCナントに在籍しましたが、のちに再びヴェルトゥーに戻りました。

その後はフランスの名門チーム、リヨンのユースに移籍しました。2014年にU-19チームからリヨンのBチームへ昇格しています。

2016-17にリヨンでトップデビューしました。初年度にリーグ1では22試合に出場。ヨーロッパリーグでは8試合に出場して3得点を挙げるなど、存在感を示します。

ただ、翌年の2017-18はリーグ1では12試合にしか出場できていませんでした。経験が何よりも必要な若手にこれは厳しい。

すると2018-19にスペインのバレンシアへ移籍します。初年度はラ・リーガで22試合に出場。諸先輩のもとで大きく勉強できたのではないでしょうか。

フランス代表にはU-19から召集されています。U-20とU-21でも出場歴がありますが、A代表での招集歴はまだありません。

スポンサーリンク

ムクタル・ディアカビのプレースタイル

接触に強いフィジカルモンスター

そんなムクタル・ディアカビのプレースタイルですが、ポジションはディフェンダー。中央のセンターバックを専門的に務めます。利き足は右

ほんの少しだけ中盤の底であるアンカーでプレーするところや、5バックの3センターの一角に入るところを見たことはあります。ただ例外的ではないでしょうか。

ディアカビの身長は192センチです。サイズはかなりのものがありますね。なおかつ、横幅もあるいかにも強そうな体格を有しています。

ディアカビの特徴に挙げられるのは、やはりその圧倒的なフィジカル能力を生かしたパワフルなディフェンスです。

身長が高くても細い選手を目にすることがありますが、ディアカビは全くそんな感じではありませんね。特に空中戦の競り合いは強力です。

なおかつ、大きいわりに走れる選手という印象もあります。ボールを追った走り合いでも勝負ができるのは良いですね。

相手選手と並走しながら隙を見てショルダータックルをお見舞いし、相手を吹き飛ばす。そんなハードなプレーもディアカビの身体能力なら可能でしょう。

攻撃のセットプレーでも有効

ディアカビはかなりの強さがある選手で空中戦を得意にしていますから、攻撃のセットプレーでも脅威になります。

せーのでディアカビと競り合うと勝つのは難しいでしょうから、相手のディフェンダーも工夫をしないといけません。

またヘディングシュートも相手選手からすると嫌ですが、ディアカビが競り合いの強さを生かしてニアで軌道をそらしたりファーで折り返したりするのも良い味を出しています。

安定感には一抹の不安が

フィジカルを生かしたプレーが売りのディアカビですが、守備の安定感に関しては改善の余地があるように感じます。

クリアボールが変なところに飛んで行ったり、ポジショニングが怪しいときがあります。

また、キックの精度自体はそこまで悪くないと思いますがバックパスをミスしてしまうこともあります。1つのミスが失点に直結するポジションですから、気を付けていきたいところ。

↓ディアカビのハグは力強くて痛そう。

スポンサーリンク

今回のまとめ

今回はバレンシア所属で、元U-21フランス代表ムクタル・ディアカビのプレースタイルなどを紹介しました。

ディアカビは圧倒的な体格というアドバンテージを持っているので、経験を積めばまだまだ良い選手になっていけると思います。

フランスのA代表にも呼ばれる日が来ると良いですね。期待して見守りましょう。

最後までご覧いただきありがとうございました。Adios!