バルセロナ所属アントワーヌ・グリーズマンのプレースタイル!フランス代表

ESP

スポンサーリンク

この記事でわかること

今回はバルセロナ所属で、フランス代表フォワードののアントワーヌ・グリーズマンを記事にしたいと思います。この記事には下に書いている3つの章があります。

選手の経歴では出身地や生まれた年、クラブチームでの活躍さらに代表召集歴をまとめています。選手のプレースタイルではポジションや身長、利き足のほかに得意なプレーや評価などをご紹介。

最後のまとめでは、選手やチームへの期待をひとことで主観的に書いています。まとめの下では同じカテゴリーの記事も案内しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

どうぞ最後までお付き合いください。

(主な参考元: https://www.soccer-king.jp/player/article/417920.htmlhttps://www.transfermarkt.com/antoine-griezmann/profil/spieler/125781 )

スポンサーリンク

A・グリーズマンの経歴

アントワーヌ・グリーズマン(Antoine Griezmann)は1991年の3月に、フランスのマコンで生まれました。内陸東部、リヨンの北にあります。

グリーズマンは母親がポルトガル人で父親がフランス人なようですね。キャリア初期はUFマコネのユースに所属していましたが、2005年7月にスペインのレアル・ソシエダに移籍。

2009-10にレアル・ソシエダでトップデビューします。1年目からラ・リーガ2部で39試合に出場する活躍を見せると、2013-14は1部で35試合に出場し16得点の躍動ぶり。

2014-15からアトレティコ・マドリードに加入。アトレティコでも1年目から適応を見せ、2015-16はラ・リーガで38試合22得点を記録。リーグ戦の全試合に出場しています。

加えてその2015-16はチャンピオンズリーグ準優勝もしています。以降もチームのエース格としてプレーし、2017-18はヨーロッパリーグを制覇しました。

2019-20にバルセロナへ移籍。移籍をめぐるクラブ間の騒動があったようですが、そこには触れないでおきましょう。触らぬ神になんとやら。

フランス代表にはU-19から召集されています。A代表での主要大会は、ベスト8でドイツに敗退した2014ワールドカップから出場しています。

自国開催のEURO2016では攻撃のエースとして活躍し準優勝。2018ワールドカップは堅守速攻もポゼッションもできるチームを攻守で支え、優勝の偉業を達成しましたね。

A・グリーズマンのプレースタイル

プレーメイクにも参加するFW

そんなアントワーヌ・グリーズマンのプレースタイルですが、ポジションはフォワード。メインは中央下がりめのセカンドストライカーです。利き足は左

左足でボールを持ちやすい左ウイングも務められますし、最前線で2トップにも対応します。なかなかのポジション適性がありますね。

グリーズマンの身長は175センチです。ただ、彼はフィジカル能力に依存せずに技術と視野の広さを武器に戦っていくことができます。

前めのポジションが基本のグリーズマンですが、中盤にもよく下りて来る選手です。そうして適切にボールを受けられる位置をとるわけですね。

足下の技巧に優れたグリーズマンは、相手の中盤とディフェンスラインの間でボールを受けてターンしたりフリックしたりできます。技術で攻撃のリズムを変えられる選手です。

浮いた位置でボールを受けると、相手ディフェンスの間を縫ったパスを繰り出すことができます。2017-18はリーグ戦で9アシストを記録しており、お膳立てにも才能を感じますね。

スペースでボールを受けられる

パスの出し手として優秀なグリーズマンですが、受け手としても良い選手です。ボールがない時の動き出しも秀逸なんですね。

ボールを出せるし受けられるという点では、トーマス・ミュラーに似たビジョンを持っていると思います。2人とも良い選手です。

相手のディフェンスラインと駆け引きをして抜け出し、パスを受けるのももちろん上手です。そこから味方に一度ボールを預け、再び受けるワンツーパスで抜け出すのも得意。

グリーズマンはパスセンスと抜け出しの上手さを持ち合わせており、ボールを持っていなくても持ち味を出せる選手ですね。

得点力に優れている

グリーズマンはゴールからの距離を問わずシュートも非常に上手です。ゴール前でだけでなく、遠めからでもゴールを脅かすことができますね。

まず、味方からパスを受けてゴール前まで進入したときでも冷静にコースを突いたシュートを打つ決定力があります。

さらに、多少の距離があっても左足から放つミドルシュートは強烈です。巻いたシュートはもちろん無回転も打ちます

2018ワールドカップ、ベスト8のウルグアイ戦では無回転のミドルシュートを叩き込んでいましたね。キーパーのムスレラは変化についていけず後逸してしまいました。

グリーズマンのミドルシュートはフリーキックにおいても有効です。ゴールから30メートルくらいの距離があっても油断できませんね。

プレスバックも怠らない

グリーズマンは、アトレティコ・マドリードでシメオネ監督の指導を受けていました。シメオネ監督のチームは守備の強度が求められますよね。

グリーズマンも他の選手と同じく、インテンシティの高いディフェンス能力を持っています。チームのために汗をかく献身性も有したスター選手なんですね。

前線から相手のボールホルダーに寄せてくれますし、自陣の深い位置まで戻って守備をする運動量も大きな魅力であることは間違いないでしょう。

スポンサーリンク

今回のまとめ

今回はバルセロナ所属でフランス代表、アントワーヌ・グリーズマンのプレースタイルなどを紹介しました。

攻撃で違いを作ることができる人気銘柄を獲得したバルセロナ。1冠に終わった昨季のリベンジを果たすにはグリーズマンの活躍がほしいところ。

グリーズマンがバルセロニスタの新しいアイドルとなるのか、注目してみましょう。

最後までご覧いただきありがとうございました。Adios!

↓他の記事もぜひご覧あれ⚽️
プレミアラ・リーガセリエA
ブンデスリーグ1Jリーグ

↓チームはココから選べます



ESP バルセロナ
SOCCER道(さかみち)を歩こう!