レアル・マドリード所属イスコのプレースタイル!スペイン代表

スペイン・リーガエスパニョーラ

スポンサーリンク

この記事でわかること

今回はレアル・マドリード所属で、スペイン代表ミッドフィルダーのイスコを記事にしたいと思います。この記事には下に書いている3つの章があります。

選手の経歴では出身地や生まれた年、クラブチームでの活躍さらに代表召集歴をまとめています。選手のプレースタイルではポジションや身長、利き足のほかに得意なプレーや評価などをご紹介。

最後のまとめでは、選手やチームへの期待をひとことで主観的に書いています。まとめの下では同じカテゴリーの記事も案内しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

どうぞ最後までお付き合いください。

(主な参考元: https://www.soccer-king.jp/player/article/416639.htmlhttps://www.transfermarkt.com/isco/profil/spieler/85288 )

スポンサーリンク

イスコの経歴

イスコ(Isco)は1992年の4月、スペインのベナルマデナで生まれました。同国南部の沿岸、マラガにある街です。

中継のテロップで「Isco Alarcon」と表記されることも多いです。フルネームは「Francisco Roman Alarcon Suarez」といいます。「Francisco」→「Isco」なんでしょうね。

イスコは複数のユースチームを渡り歩いてきました。地元マラガのPDMベナルマデナやアトレティコ・ベナミエルを経て、強豪バレンシアに落ち着きます。

2009-10シーズンからバレンシアBでリーグ戦に出場しています。その年は26試合の出場とまずまずでしたが、2年後の2011年7月に故郷のチームであるマラガへ移籍しました。

マラガでは存在感を発揮し、2011-12シーズンはリーグ戦32試合に出場。翌2012-13シーズンは37試合9得点と活躍します。加入してすぐ主力級の活躍ですね。

2013-14シーズンにレアル・マドリードへ移籍。初年度からリーグ戦32試合に出場し8得点を挙げ、マラガでの活躍が本物であることを示します。さすがイスコ。

その後も毎シーズンにわたってリーグ戦で30試合以上に出場し続け、特に2016-17シーズンは30試合10得点と優れた得点力を見せました。

2018-19シーズンは監督交代もあって左ウイングでの序列が下がり出場時間を減らしました。ただジダン監督復帰によりチャンスはまためぐってきたと思います。頑張れ椅子子。

スペイン代表にはU-16から召集されています。A代表では2018ワールドカップあたりから定着し、予選のホームでのイタリア戦は2得点の大活躍。本大会でも全試合フル出場でした。

↓かなりのイケメン。

スポンサーリンク

イスコのプレースタイル

世界有数のボールマジシャン

そんなイスコのプレースタイルですが、ポジションは中盤に入ることも前線に入ることもあります。攻撃的ミッドフィルダーと左ウイングが多いと思います。

そうは言ってもイスコは立ち位置を頻繁に変えて自由に動き回る選手なので、守備時はともかく攻撃時は参考にしかならない気も。

イスコの利き足は右です。なので、左サイドの外側に張るよりは中央寄りでプレーしたがる傾向がありますね。逆足ウインガーはカットインしやすいです。

そのドリブルとボールコントロール能力は世界屈指。足にボールが吸い付いているようなプレーを見せる、優雅なテクニックの持ち主です。

その技術を生かしてドリブルで仕掛け、相手ディフェンダーを剥がしてシュートやパスに持ち込むのがイスコの得意なプレーです。個人での打開力は文句なし

そういった面からイスコはボールを持ったときに持ち味を最大限に発揮する、「使われる」よりは周りを「使う」選手ですね。

身体能力としてのスピードはそこまで速くはないと思いますが、タッチの細かいドリブルと深い切り返しに付いていくのは至難の業。

イスコがドリブルで相手を剥がせば他の相手選手がカバーに来るので、味方がその分フリーになります。そこにパスを出すプレーが特にGOOD。

ボールを持ちすぎる傾向があるので監督による好き嫌いは出そうですが、時には2~3人の相手を振り切ることができるほどのテクニックは大きな魅力。

トリッキーなフェイントやトラップもよく繰り出してスタジアムを沸かせます。スペインの中継カメラは、よくイスコやモドリッチのボールタッチをスローでリプレイしてくれて楽しいですよね。

パスとシュートも高精度

イスコはそのボールコントロールが最大の魅力ではありますが、ドリブルで持ち運んでからのパスやシュートも良いものを持っています。

ドリブルでディフェンダーを剥がしてからさばくパスは相手も対応しづらいので、自陣に引いた相手を崩す時は非常に効果的です。

こうした仕掛けの時にもイスコは精度の高いパスを出せますから、イスコがボールを持っている時には守備側は気を抜けませんね。

また、得点力もなかなかのものをもっています。2016-17シーズンはリーグ戦30試合で10得点。基本ポジションを考えると良い数字です。

フリーキックなどでのミドルシュートでも強烈なボールを蹴ることができ、時にはエリア内まで進入してシュートに持ち込みます。

ゴール前での冷静さが向上すれば得点はもっと増えそうですね。

↓トレーニングとはいえこのコントロールショット。

守備の強度はまだ課題

イスコの身長は176センチ。サッカー選手の中では普通のサイズでしょうか。取り立てて筋肉質でもないと思います。

接触プレーに強いイメージもあまりなく、特にディフェンス時のインテンシティはもっと頑張れるかなぁと。

キャリア初期よりハードワークできるようになったようではありますが。マドリーは前線のプレスがハマらないとすぐピンチになるので、頼むでイスコ。

スポンサーリンク

今回のまとめ

今回はレアル・マドリード所属で、スペイン代表イスコのプレースタイルなどを紹介しました。

マドリーのソラーリ前監督はイスコをあまり試合に出しませんでしたが、2019-20シーズンは最初からジダン監督が指揮をとります。

イスコらしい創造性あふれるプレーで監督にアピールしていってほしいですね。

最後までご覧いただきありがとうございました。Adios!