レアル・マドリード所属イスコのプレースタイル!スペイン代表

ESP

スポンサーリンク

この記事でわかること

今回はレアル・マドリード所属で、スペイン代表ミッドフィルダーのイスコを記事にしたいと思います。この記事には下に書いている3つの章があります。

選手の経歴では出身地や生まれた年、クラブチームでの活躍さらに代表召集歴をまとめています。選手のプレースタイルではポジションや身長、利き足のほかに得意なプレーや評価などをご紹介。

最後のまとめでは、選手やチームへの期待をひとことで主観的に書いています。まとめの下では同じカテゴリーの記事も案内しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

どうぞ最後までお付き合いください。

(主な参考元: https://www.soccer-king.jp/player/article/416639.html  https://www.transfermarkt.com/isco/profil/spieler/85288 )

スポンサーリンク

イスコの経歴

イスコ(Isco)は1992年の4月、スペインのベナルマデナで生まれました。同国南部の沿岸、マラガにある街です。

中継のテロップで「Isco Alarcon」と表記されることも多いです。フルネームは「Francisco Roman Alarcon Suarez」といいます。「Francisco」→「Isco」なんでしょうね。

イスコは複数のユースチームを渡り歩いてきました。地元マラガのPDMベナルマデナやアトレティコ・ベナミエルを経て、強豪バレンシアに落ち着きます。

2009-10にはBチームでリーグ戦26試合の出場となかなか。その後2011-12にマラガへ移籍しました。マラガでは存在感を発揮し、2012-13にはリーグ戦37試合で9得点と活躍します。

2013-14にレアル・マドリードへ移籍。1年目からラ・リーガ32試合に出場し8得点を挙げ、マラガでの活躍が本物であることを示します。

その後も毎シーズンにわたってラ・リーガで30試合以上に出場し続け、特に2016-17は30試合10得点と優れた得点力を見せました。

スペイン代表にはU-16から召集されています。A代表では2018ワールドカップあたりから定着し、予選のホームでのイタリア戦は2得点の大活躍。本大会でも全試合フル出場でした。

イスコのプレースタイル

特異なボールテクニックのMF

そんなイスコのプレースタイルですが、ポジションはミッドフィルダー。本職は攻撃的ミッドフィルダーです。利き足は右

他には左に張った位置のウイングに入ることもあります。右利きで左に入るので、基本的には中央でプレーする傾向があることがわかります。

イスコの身長は176センチです。それほど大きい選手ではありませんが、ポジション柄を考えるとゴール前で構えるわけでもないので気にしなくても良さそうですね。

彼の特徴に挙げられるのが、その優れたボールコントロール能力です。足にボールが吸い付いているようなプレーを見せる、優雅なテクニックの持ち主です。

その技術を生かしてドリブルで仕掛け、相手ディフェンダーを剥がし次のプレーに繋げるのが彼の得意なプレーです。個人での打開力が高い選手と言うことができます。

身体能力としてのスピードはそこまで速くはないと思いますが、タッチの細かいドリブルと深い切り返しに付いていくのは至難の業でしょう。

時には2~3人の相手に囲まれてもボールを奪われないテクニックは大きな魅力。トリッキーなフェイントやトラップもよく繰り出してスタジアムを沸かせます。

そういった点からしても、相手を抜くだけでなくタメを作れるのは見逃せないポイントです。彼がキープをすることで相手の気を引いて味方が動く時間と余裕が生まれます。

ケチをつけるとすると

ボールを持ちたがる選手なので、球離れがあまり良くありません。テンポよく攻撃したいチームには向かないかもしれませんね。

小気味良いパス回しに良くも悪くもワンクッション置いてしまうイメージでしょうか。監督によって好き嫌いがはっきり分かれそうな選手です。

敵を引き付けて味方を使う

イスコはそのボールコントロールが最大の魅力ではありますが、ドリブルで敵陣を引っ掻き回してからのパスも良いものを持っていますね。

複数の相手の注意を引きつけながらボールを持ち、空いた味方にボールを送れるのは大きいです。2014-15はリーグ戦で9アシストと、なかなかの数字を残しています。

特に、引いて守る敵を相手にするときは彼のように良い意味で面倒なプレーができる選手が違いを生むものです。遅攻で生きやすい選手と言えるでしょう。

コントロールショットが得意

キックの技術自体が高いイスコは、得点力もなかなかのものをもっています。2016-17はリーグ戦で2ケタゴールも記録しています。基本ポジションを考えると良い数字です。

フリーキックなどでのミドルシュートでも強烈なボールを蹴ることができ、もちろんエリア内まで進入してシュートに持ち込むこともあります。

ストライカーではないのでゴール前での冷静さは際立ったほどではないかもしれませんが、それでもゴール付近で何か魔法を見せてくれそうな選手です。

↓胸トラップから、このコントロールショット。

スポンサーリンク

今回のまとめ

今回はレアル・マドリード所属でスペイン代表、イスコのプレースタイルなどを紹介しました。

イスコらしい創造性あふれるプレーがなかなか見ることができないシーズンが続いていますが、果たしてこれから去就も含めてどうなるのでしょうか。

自分を中心とした攻撃システムが彼に合っていると思うので、クラブチームの規模も含めて色々考えて欲しいとも思ったりします。

最後までご覧いただきありがとうございました。Adios!

↓他の記事もぜひご覧あれ⚽️
プレミアラ・リーガセリエA
ブンデスリーグ1Jリーグ

↓チームはココから選べます



ESP レアル・マドリード
芝の上の決闘~ガンマン達を見逃すな~