ユベントス所属ミラレム・ピアニッチのプレースタイル!ボスニア・ヘルツェゴビナ代表

ITA

スポンサーリンク

この記事でわかること

今回はユベントス所属で、ボスニア・ヘルツェゴビナ代表ミッドフィルダーのミラレム・ピアニッチを記事にしたいと思います。この記事には下に書いている3つの章があります。

選手の経歴では出身地や生まれた年、クラブチームでの活躍さらに代表召集歴をまとめています。選手のプレースタイルではポジションや身長、利き足のほかに得意なプレーや評価などをご紹介。

最後のまとめでは、選手やチームへの期待をひとことで主観的に書いています。まとめの下では同じポジションで活躍する選手の記事も案内しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

どうぞ最後までお付き合いください。

(主な参考元: https://www.soccer-king.jp/player/article/418167.htmlhttps://www.transfermarkt.com/miralem-pjanic/profil/spieler/44162 )

スポンサーリンク

ミラレム・ピアニッチの経歴

ミラレム・ピアニッチ(Miralem Pjanic)は1990年の4月に、ボスニア・ヘルツェゴビナのトゥズラで生まれました。当時はユーゴスラビアでしたけれども。

ピアニッチはルクセンブルクの国籍も有していて、かつては同国のFCシフランジュのユースに所属していました。

その後2004年にフランスのFCメスに移籍すると、2007-08にメスでトップデビュー。そしてデビューシーズンにもかかわらずリーグ1で32試合に出場し4得点をマークします。

欧州五大リーグのトップリーグでいきなりこの活躍ですから、ビッグクラブは放っておきません。翌年の2008-09にリヨンへ加入

1年目の出場は多くなかったですが、2年目の2009-10はリーグ1で37試合6得点とチームの中心選手として定着します。

2009-10チャンピオンズリーグでも、グループステージから準決勝までの12試合すべてで出場時間を与えられ4得点を記録しました。

2011-12の8月からイタリアのローマに移籍。リヨンでリーグ戦3試合に出場していましたが移籍後もローマで30試合に出場していて、さっそく主軸になったことがわかります。

2013-14はセリエAで35試合6得点、2015-16は33試合に出場して10得点を挙げるなどチームの中心として実力をいかんなく発揮。

2016-17にユベントスへ加入します。ピアニッチはどのチームでも適応が早いのか、1年目からもうセリエAで30試合に出場しました。以降もチームに欠かせない司令塔として君臨しています。

ナショナルチームは、アンダー世代ではルクセンブルク代表を選択していてU-17から招集されています。A代表からボスニア・ヘルツェゴビナ代表に。

2014ワールドカップではグループステージで敗退しますが最後のイラン戦にて、W杯でのボスニア・ヘルツェゴビナ史上初勝利に1ゴール1アシストで貢献。歴史を作りました。

スポンサーリンク

M・ピアニッチのプレースタイル

パスを効果的に出す司令塔

そんなミラレム・ピアニッチのプレースタイルですが、ポジションはミッドフィルダー。メインは中央のセンターハーフです。利き足は右

フォーメーションによっては下がりめの守備的ミッドフィルダー、あるいはインサイドハーフでもプレーしています。

ピアニッチの身長は180センチです。結構サイズがあり、この体格は相手に寄せられた際のボールキープなどで生かされているのではないでしょうか。

彼はピッチ上にて、いかにもレジスタ(司令塔)という感じのプレーを見せてくれます。ボールの受け方やパスの精度、攻撃リズムの変え方が上手です。

ピアニッチは低めのポジションをとることが多く、味方の最終ラインがボールを持っていると必ずと言っていいほどの確率でボールを受けに行きます。3バックに見えるほど。

このボールに寄っていく動きが上手で、対峙する相手選手に捕まらないような立ち位置をとってパス回しの潤滑化を図ります。敵陣内でも常にボールの近くに顔を出しますね。

味方からボールを受けた後は自分でボールをコントロールしながらパスの出しどころを探します。もちろん長短のパス精度は高いです。

遠いサイドへのサイドチェンジも余裕を感じます。フリーキックやコーナーキックのキッカーを務めることからも、キックの精度がうかがえますね。

さらに、ピアニッチは軽く浮かせるチップキックやダイレクトでのパスを時折見せてくれます。こういった難度の高いキックも得意ですね。

このあたりはパス回しのリズムが変わって攻撃のスイッチが入るので、司令塔の腕の見せ所といったところでしょうか。

針の穴を通すようなシュート

ピアニッチは司令塔タイプの選手の中でも、ペナルティエリアの中に入っていくことが特に少ないタイプという印象があります。チームの戦術もあるでしょうが。

ただ、持ち前のキックを生かしたシュートは相手の脅威になります。特に直接フリーキックは世界的な名手のひとり。

とにかく精度と回転のかけ方が上手で、キーパーもノーチャンスな綺麗に巻いたボールをゴールの隅に蹴り込んできます。

流れの中のプレーでも、エリア外にこぼれてきたボールを拾ってシュートすると高確率で枠内に飛ばしてきますね。高難度のボレーシュートも同様です。

ボールを受けるのはほぼ足下

センターハーフの仕事は多岐にわたります。パスを散らして攻撃をけん引したり、守備では相手のカウンター攻撃を未然に防いだり。中には果敢に攻め上がる選手もいますよね。

ピアニッチはほとんどの場合で味方を使う側の選手です。フリーランニングしてスペースでボールを受けるシーンはかなり稀ではないでしょうか。

時には中盤の選手が飛び出すのが良いアクセントになりますが、ピアニッチはあくまで足下でボールを受けたいようです。それも一興。

スポンサーリンク

今回のまとめ

今回はユベントス所属でボスニア・ヘルツェゴビナ代表、ミラレム・ピアニッチのプレースタイルなどを紹介しました。

2019-20からユベントスにはA・ラビオが加入して、中盤の陣容が厚くなりました。その分、主力のピアニッチも競争の観点から気合が入るでしょう。

セリエAではインテルが積極補強を見せていますし、アタランタのような曲者チームもあります。国内と欧州をどう戦い抜いていくのか楽しみです。

最後までご覧いただきありがとうございました。Adios!

タイトルとURLをコピーしました