バレンシア所属カルロス・ソレールのプレースタイル!

ESP

スポンサーリンク

この記事でわかること

今回はスペイン代表U-21ミッドフィルダー、バレンシア所属で背番号8番のカルロス・ソレールを記事にしたいと思います。この記事には下に書いている3つの章があります。

選手の経歴では出身地や生まれた年、クラブチームでの活躍さらに代表召集歴をまとめています。選手のプレースタイルではポジションや身長、利き足のほかに得意なプレーや評価などをご紹介。

最後のまとめでは、選手やチームへの期待をひとことで主観的に書いています。まとめの下では同じカテゴリーの記事も案内しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

どうぞ最後までお付き合いください。

(主な参考元: https://www.soccer-king.jp/player/article/505564.html . https://www.transfermarkt.com/carlos-soler/profil/spieler/372246 )

C・ソレールの経歴

カルロス・ソレール(Carlos Soler)は1997年の1月2日に、スペインのバレンシアで生まれました。同国西部にある海沿いの街です。

ソレールは7歳の時からバレンシアに所属していた、バレンシアのカンテラーノです。もとはストライカーでしたが、カンテラでのプレーの中で中盤へコンバートされています。

2014/15にBチーム相当のメスタージャとしてプレーし始め、2015/16にはメスタージャで3部リーグの28試合に出場。他チームは普通に大人ですから大したものです。

2016/17にバレンシアでトップデビュー。1年目からラ・リーガ部で23試合、メスタージャ(Bチーム)でも9試合プレーしていて大忙しです。

以降は2017/18にラ・リーガで33試合に出場するなど、主力として定着します。2018/19はコパ・デル・レイの決勝バルセロナ戦では決勝点のアシストも記録しています。

スペイン代表にはU-19から召集されています。U-21にも選出され、スペイン代表はU-21欧州選手権を優勝しています。

C・ソレールのプレースタイル

良質なキックを持つMF

そんなカルロス・ソレールのプレースタイルですが、ポジションはミッドフィルダー。基本的には右サイドハーフに入ります。利き足は右

加えて中央のセントラルミッドフィルダーに入ることも少なくありません。いずれ、かつてストライカーとしてプレーしていたこともあり攻撃面に良さがあります。

ソレールの身長は180センチです。なかなかのサイズを有していますが、彼は体格面よりも技術の部分に強みを持っている選手ですね。

ソレールは足下のテクニックに優れていて、彼の特徴として挙げられるのはそのキックの正確性です。サイドアタッカーとして十二分に活躍が見込めます。

特に右サイドから上げる高精度のクロスボールが魅力です。静止状態はもちろん、スピードに乗った状態でも良いクロスを供給できるのは大きいです。

また、ボールを蹴る際のバリエーションも持ち合わせていて、アーリークロスも良く狙いますし味方からのパスをダイレクトで蹴ってクロスにすることも。

ダイレクトだと守備側としては意外なタイミングで蹴り込まれることになるので、意表を突く意味でも有効です。なおかつ正確に蹴る技術は見事。

中央でプレーしている時にも配球面で攻撃を牽引できます。左右へのリズム良いパスさばきにより、ボールの展開力に優れた攻撃的なMFと言えるでしょう。

スペースへの意識を併せ持つ

キックが大きな武器のソレールは配球役のイメージも付いてまわりますが、スピードにも良さを持っています。時には走りで違いを出すこともある選手ですね。

彼はサイドあるいはゴール近辺で守備側の背後に走る動きをしてくれるミッドフィルダーで、オフザボールの動きが良いのも特徴のひとつです。

この抜け出しのセンスとスピードを生かす意味でも、やはりサイドの方が向いているのかも。ディフェンダーも簡単には追いつけない速さを持っています。

↓中盤からでも相手の裏を狙います。

シュートの技術が高い

キックの精度に良さがあるソレールは、ゴール前でも技ありのボールさばきを見せてくれます。時にはループシュートといったテクニカルなシュートを披露することも。

そこまで得点数が多い選手ではありませんが、確かなシュートセンスを持っている選手であることは間違いないのではないでしょうか。上手いので。

もちろんシンプルなスピードボールを蹴ることもあります。エリア内に進入するとパンチのあるシュートを見せてくれます。ゴール数がもっと増えたら言うことなしです。

また、PKの名手でもあり冷静にコースを突いたキックで何度もネットを揺らしています。技術面だけでなくメンタル面の強さも持っているのではないでしょうか。

↓ラ・リーガにおいて21世紀で初、1試合に3回PKを成功させた選手。

↓距離を問わずシュートを打てるプレーヤー。

スポンサーリンク

今回のまとめ

今回はスペイン代表U-21ミッドフィルダー、バレンシア所属で背番号8番のカルロス・ソレールのプレースタイルなどをを紹介しました。

クラブはもちろんスペイン代表のアンダーカテゴリーにおいても、ソレールは才能あふれるプレーで早くも注目される存在です。

タイトルを取った2018/19以降もカンテラーノとしてバレンシアを支える活躍をで見せてほしいですね。長くクラブにとどまってほしいです。

最後までご覧いただきありがとうございました。Adios!