バレンシア所属カルロス・ソレールのプレースタイル!U-21スペイン代表

ESP

スポンサーリンク

この記事でわかること

今回はバレンシア所属で、U-21スペイン代表ミッドフィルダーのカルロス・ソレールを記事にしたいと思います。この記事には下に書いている3つの章があります。

選手の経歴では出身地や生まれた年、クラブチームでの活躍さらに代表召集歴をまとめています。選手のプレースタイルではポジションや身長、利き足のほかに得意なプレーや評価などをご紹介。

最後のまとめでは、選手やチームへの期待をひとことで主観的に書いています。まとめの下では同じカテゴリーの記事も案内しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

どうぞ最後までお付き合いください。

(主な参考元: https://www.soccer-king.jp/player/article/505564.htmlhttps://www.transfermarkt.com/carlos-soler/profil/spieler/372246 )

スポンサーリンク

カルロス・ソレールの経歴

カルロス・ソレール(Carlos Soler)は1997年の1月2日に、スペインのバレンシアで生まれました。同国西部にある海沿いの街です。

ソレールは7歳の時にバレンシアのカンテラに入団しました。もとはストライカーでしたが、カンテラでのプレーの中で中盤へコンバート。

2015-16にバレンシアのBチームに昇格しました。ただ、2014-15のU-19チーム所属時代にすでにBチームへ招集されてリーグ戦も2試合に出場していました。

2016-17にバレンシアでトップデビュー。デビュー戦は2016年12月のレアル・ソシエダ戦でした。ソレールは最終的にシーズンで3ゴールを挙げます。

2017-18はラ・リーガで33試合に出場し、主力に定着します。2018-19もラ・リーガ31試合に出場。コパ・デル・レイの決勝バルセロナ戦では決勝点のアシストも記録。

スペイン代表にはU-19から召集されています。U-21にも選出され、スペイン代表はU-21欧州選手権を優勝しています。

スポンサーリンク

カルロス・ソレールのプレースタイル

スピードあふれるドリブル

そんなカルロス・ソレールのプレースタイルですが、ポジションはミッドフィルダー。真ん中のセンターハーフ右サイドハーフが主戦場です。利き足は右

いずれのポジションでプレーしても、攻撃的な面に持ち味がある選手であることは間違いありませんね。優秀なアタッカーです。

ソレールの身長は180センチです。サイズはなかなかのものがありますが、体格よりもテクニックに特徴があるのがソレールです。

ソレールはスプリント力がある選手で、ドリブルの推進力が大きな武器になっています。特に利き足側の右サイドで縦に仕掛けるのが得意です。

スピードがあるので一気に加速する時はボールを大きく蹴り出しますし、低速でコントロールする時は細かいタッチのドリブルも見せてくれます。

そういったスピードに緩急をつけたボール運びにより、右サイドの張った位置では相手チームからすると大きな脅威になります。

2018-19のコパ・デル・レイ決勝では、右サイドで対峙したバルセロナのジョルディ・アルバをスピードで引き離して決勝点のアシストを決めています。

そのように縦に勝負を仕掛けて対峙する相手を剥がし、ゴール前にクロスボールを入れるプレーはソレールも自信を持っていることでしょう。

また、ボールを足下で受けてドリブルで仕掛けるのが良い選手ですがスピードを生かしてスペースで受けるのも上手です。味方に使われるのもスピードあってこそ。

キックの技術もかなり高い

ソレールはドリブルが得意なだけでなく、キックの精度が高くバリエーションが豊富なことも特徴です。少年時代にストライカーとしてプレーしていたのが大きいかもしれませんね。

右サイドから中央に供給するクロスは何度もゴールを演出しています。自分がコントロールしていないボールをダイレクトで蹴って高精度のクロスにできるほど技術が高いです。

シュート能力も高く、エリア内に侵入すると強烈なシュートを見せます。巻いたシュートよりはスピードボールを蹴る印象が強いような。

加えて、時にはループシュートといったテクニカルなシュートも披露します。前述のようにまさにストライカー然としたプレーぶり。

守備意識はあるがまだ粗い

ソレールはスピードはあるので、前線でのプレスには迫力があります。ボールを高い位置で奪ってしまえば、持ち前のスピードで相手に脅威を与えるカウンターが打てますね。

引いて守る守備でもサボらずに働いてはくれています。ただ、中盤の選手として守備は得意とまでは言えないような。たまにセットプレーの守備でマーク外している気も。

身体能力で守れる分は良いと思うので、キャリアを重ねるうちにポジショニングなどを改善していってほしいですね。

↓2018-19ソレールのプレー集。

スポンサーリンク

今回のまとめ

今回はバレンシア所属で、U-21スペイン代表カルロス・ソレールのプレースタイルなどをを紹介しました。

クラブはもちろんスペイン代表のアンダーカテゴリーにおいても、ソレールは才能あふれるプレーで早くも注目される存在です。

2019-20は前年を超える活躍をバレンシアで見せてほしいですね。期待しましょう。

最後までご覧いただきありがとうございました。Adios!

タイトルとURLをコピーしました