アタランタ所属パプ・ゴメスことアレハンドロ・ゴメスのプレースタイル!元アルゼンチン代表

ITA
スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事でわかること

今回はアタランタ所属で、元アルゼンチン代表フォワードのパプ・ゴメスことアレハンドロ・ゴメスを記事にしたいと思います。この記事には下に書いている3つの章があります。

選手の経歴では出身地や生まれた年、クラブチームでの活躍さらに代表召集歴をまとめています。選手のプレースタイルではポジションや身長、利き足のほかに得意なプレーや評価などをご紹介。

最後のまとめでは、選手やチームへの期待をひとことで主観的に書いています。まとめの下では同じカテゴリーの記事も案内しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

どうぞ最後までお付き合いください。

(主な参考元: https://www.soccer-king.jp/player/article/541499.htmlhttps://www.transfermarkt.com/papu-gomez/profil/spieler/20005 )

スポンサーリンク

パプ・ゴメスの経歴

パプ・ゴメス(Papu Gomez)ことアレハンドロ・ゴメス(Alejandro Gomez)は1988年の2月に、アルゼンチンのブエノスアイレスで生まれました。同国の首都ですね。

パプ・ゴメスはキャリア初期に、本拠地がブエノスアイレスのアルセナルFCに所属していました。「Arsenal」なので英語風に読むと「アーセナル」ですね。

パプ・ゴメスは2005-06にアルセナルでトップデビューします。1年目はリーグ戦で5試合に出場。

続く2006-07はリーグ戦で22試合に出場したほか、南米のカップ戦であるコパ・スダメリカーナでは決勝戦1stレグで2得点を挙げて優勝に大きく貢献しました。

2007-08には主力として定着しリーグ戦31試合に出場。2008-09も冬の移籍市場までにリーグ戦で18試合8得点を記録していました。

上記の移籍市場でサン・ロレンソに加入。移籍した直後からチームにフィットし、翌年の2009-10はリーグ戦で31試合に出場しました。プレータイムを確保していたことがわかりますね。

2010-11にイタリアのカターニアへ移籍。初の海外挑戦だったわけですが、さっそくセリエAで36試合に出場する活躍ぶり。いや、見事。

以降も主力として定着し、2012-13もセリエAで36試合に出場して8得点を記録しています。

ただ、そのシーズンでカターニアはセリエBへ降格。パプもチームを離れ、2013-14の1シーズンのみウクライナのメタリストでプレーしています。

2014-15からアタランタに加入しました。1年目はセリエAで24試合に出場しており、なかなかのプレー時間を得ていました。

翌年あたりからグッと出場機会を増やし、2016-17はセリエAの37試合に出場して16得点を挙げました。これは素晴らしい活躍ですね。

その後もチームに欠かせない柱としてピッチを駆けまわり、2018-19にはアタランタのリーグ戦3位フィニッシュに貢献。翌年のチャンピオンズリーグ出場をクラブ史上初めて勝ち取りました。

アルゼンチン代表にはU-20から招集されています。A代表で主要大会に出場したことはありませんが、公式戦だと2018ワールドカップの予選でプレー経験があります。

スポンサーリンク

パプ・ゴメスのプレースタイル

優れた足下の技術を備える

そんなパプ・ゴメスのプレースタイルですが、ポジションはフォワード。主に左ウイングやセカンドトップでプレーします。利き足は右

もう少し下がりめの攻撃的ミッドフィルダーにも対応します。広く動き回る選手なので、セットポジション以外の場所にいることも多いですが。

パプ・ゴメスの身長は165センチです。かなり小柄な選手ではありますが、それを補って余りあるほどの運動量とテクニックを持つプレーヤーですね。

彼はサイズがない分、小回りが利きいたドリブルを武器にしています。足に吸い付いているような細かいタッチのドリブルからは南米の匂いを感じる気がしますな。

繊細な技術があるので、パプ・ゴメスはスピードの緩急をつけたドリブルで積極的に仕掛けることができます。速度を調節してもコントロールが乱れないのは見事。

ボールを保持しながらスピードを上げたり逆に止まったり。スピードを落とした低速でもタッチが細かいので簡単にはボールを奪われません。

なおかつパプ・ゴメスは、そのテクニックにより相手ディフェンダーの反応を見て逆を取るのが得意です。相手も、うかつに飛び込めませんね。

下手に飛び込むと逆を取られ、足を引っかけてファウルなんてことも珍しくありません。

また、彼はしばしばトリッキーな足技も披露してくれます。対峙する相手を股抜きで置き去りにしたり、ダブルタッチでかわしたり。

高度な足技は練習とアイデアから生まれているのでしょう。それは個人戦術と呼べるほどのインパクトがあります。パプは見ていて楽しいアタッカーですね。

↓このとおり。

パスやシュートも高精度

ドリブルに見られるテクニックからも想像できますが、パプ・ゴメスはキックの技術も高いですね。味方をお膳立てできますし自らもフィニッシュできます。

短いパスはもちろんのこと、球足の長いクロスボールも質が高いです。セットプレーのキッカーを務めることも多々あります。

2018-19はセリエAで11アシストを記録するなど、アシストも多い選手です。

またミドルシュートも上手で、多少離れた距離からでもゴールの隅を突くようなシュートを蹴り込んできます。エリア付近ではフリーにできない選手ですね。

パプ・ゴメスはフリーキックからシュートを狙うこともあります。位置によってはシュートかクロスか相手も予想しづらいですね。

↓持ち運んでシュート。十八番です。

プレーエリアの広さも特徴

ポジションの上では前線に位置取るパプ・ゴメスですが、ピッチのあらゆるところに顔を出すのも特徴です。それを可能にするスタミナも魅力。

彼は中盤に下りて組み立てに参加することが多いです。味方の最終ラインからはパスの出し所がないときに、気を利かせて下りてきてボールを受けてくれます。

また、敵陣内だとよくサイドに流れて良質なクロスをゴール前に供給します。神出鬼没タイプのアタッカーですね。

それに加えて、守備時には前線からプレッシャーをかけたり自陣の深い位置までプレスバックして戻ります。この献身性も見逃せませんね。

今回のまとめ

今回はアタランタ所属で元アルゼンチン代表、パプ・ゴメスことアレハンドロ・ゴメスのプレースタイルなどを紹介しました。

2018-19にアタランタは、ガスペリーニ監督の元でセリエAを3位で終えるという快挙を成し遂げました。もはや中堅チームの域を超えるほどです。

継続してリーグ戦でも上位を狙い、コッパ・イタリアやヨーロッパのカップ戦でも存在感を見せてほしいものです。パプの躍動にもより一層期待しましょう。

最後までご覧いただきありがとうございました。Adios!

タイトルとURLをコピーしました