バルセロナ所属ジェラール・ピケのプレースタイル!元スペイン代表

ESP

この記事でわかること

今回はバルセロナ所属で、元スペイン代表ディフェンダーのジェラール・ピケを記事にしたいと思います。この記事には下に書いている3つの章があります。

選手の経歴では出身地や生まれた年、クラブチームでの活躍さらに代表召集歴をまとめています。選手のプレースタイルではポジションや身長、利き足のほかに得意なプレーや評価などをご紹介。

最後のまとめでは、選手やチームへの期待をひとことで主観的に書いています。まとめの下では同じカテゴリーの記事も案内しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

どうぞ最後までお付き合いください。

(主な参考元: https://www.soccer-king.jp/player/article/416237.htmlhttps://www.transfermarkt.com/gerard-pique/profil/spieler/18944 )

スポンサーリンク

ジェラール・ピケの経歴

ジェラール・ピケ(Gerard Pique)は1987年の2月に、スペインのバルセロナで生まれました。根っからのバルサっ子ですな。

ピケはバルセロナのカンテラ出身です。少年時代からバルサのサッカーに身を投じてきたわけですね。そこからU-17、U-19と昇格していきます。

2004-05にイングランドのマンチェスター・ユナイテッドへ加入します。ユナイテッドには4年間在籍しますが、そのうち1年はスペインのレアル・サラゴサへのローン移籍です。

つまりユナイテッドでは3シーズンの間プレーしたわけですが、どのシーズンもプラミアリーグでは数試合程度の出場にとどまっています。

2008-09にバルセロナへ完全移籍で復帰します。1年目からラ・リーガで25試合に出場し、バルサはラ・リーガとコパ・デル・デイ、チャンピオンズリーグの3冠を達成しています。

以降もバルサの最終ライン主力として支え、バルサは2018-19終了時までにラ・リーガを8回、コパ・デル・レイ6回そしてチャンピオンズリーグは3回優勝しています。

スペイン代表にはU-16かコンスタントに招集されています。A代表の主要大会は2010ワールドカップから出場しています。2010W杯とEURO2012で優勝を経験。

G・ピケのプレースタイル

体格とテクニックが光るDF

そんなジェラール・ピケのプレースタイルですが、ポジションはディフェンダー。専門的に中央のセンターバックを務めます。利き足は右

ピケの身長は身長193センチです。センターバックとしても文句なしのサイズがありますし、フィジカルコンタクトには無類の強さを誇ります。

当然のように空中戦はとても得意。ハイボールはほとんど跳ね返すことができます。頭でクロスボールを弾き出す、足で蹴り出すシーンでもミスをほとんど見せません。

ピケがゴール前に構えている限りは、相手チームは単純なクロスボールでゴールマウスをこじ開けるのは非常に難しいでしょう。ピケはそれくらいの監視塔です。

また、ピケは危ない場所を予測してそのスペースを埋めるのが上手です。危機察知とでも言いましょうか、ボールが入りそうなところに確実に顔を出すセンスがある選手です。

ピケはスピード自慢の選手ではないでしょうが、相手やボールの動きを先読みして十分に危険の芽を摘むことができていますね。

さらに、相手のボールホルダーに寄せる時のパスコースの消し方も達者です。周囲の状況を判断し、正しいポジショニングを選択するのも上手。

キックの精度が良い

ピケはその守備力が持ち味ではありますが、バルサのカンテラーノということもあって足下も上手です。中盤の選手からしてもボールを預けやすいでしょう。

ボールキープに長けていて、寄せてくる相手選手をフェイントでかわすのも上手ですね。大柄なのに足先まで神経が行き届いています。

そして際立っているのがパスの精度です。中盤への縦パスもそうですし、前線へのフィードキックが特に良質です。

加えて、相手のフォワードが近くにいる時でも落ち着いて周囲の味方にボールを繋ぐことができます。なかなかパスミスをしない安定感は魅力的です。

DFとしての得点力は十分

身長193センチもあるピケですから、ディフェンス時だけでなく攻撃にもそのサイズを生かすことができますね。もちろんセットプレーではターゲットになります。

ピケはディフェンダーとして十分なほどの得点力を備えています。サイズに加えてクロスボールへの入り方が上手なのでしょう。

リーグ戦だけでも毎シーズンゴールを挙げていますし、4~5ゴールを挙げるシーズンもあります。これは素晴らしい数字ですね。貴重な得点源です。

スピード対応は微妙

攻守に貢献度の高いピケですが、大柄なこともあり足はそこまで速くありません。なので、相棒のセンターバックには走れるタイプが選ばれます。

ピケが一度相手に離されると厳しくなるので、そこは相棒のカバーリングも大事になります。オリンピコの奇跡では、そこを突かれました。

ピケが最終ラインの最後の砦の際、相手に入れ替わられてしまうとシャツを引っ張りカード覚悟で止めることもたまに見ます。チーム全体としてカバーしたいところ。

今回のまとめ

今回はバルセロナ所属で元スペイン代表、ジェラール・ピケのプレースタイルなどを紹介しました。

ベテランと呼ばれる年齢のピケですが、2018-19の評判はかなり高かったようです。まだまだ第一線で活躍しそうですね。

2019-20開幕前には大物をクラブに引き入れることに成功したバルサですから、2019-20を含めた今後をどう戦うのか興味深いです。

最後までご覧いただきありがとうございました。Adios!

↓他の記事もぜひご覧あれ⚽️
プレミアラ・リーガセリエA
ブンデスリーグ1Jリーグ

↓チームはココから選べます



ESP バルセロナ
SOCCER道(さかみち)を歩こう!