レアル・マドリード所属マルセロのプレースタイル!元ブラジル代表

スペイン・リーガエスパニョーラ

スポンサーリンク

この記事でわかること

今回はレアル・マドリード所属で、元ブラジル代表DFのマルセロを記事にしたいと思います。この記事には下に書いている3つの章があります。

選手の経歴では出身地や生まれた年、クラブチームでの活躍さらに代表召集歴をまとめています。選手のプレースタイルではポジションや身長、利き足のほかに得意なプレーや評価などをご紹介。

最後のまとめでは、選手やチームへの期待をひとことで主観的に書いています。まとめの下では同じカテゴリーの記事も案内しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

どうぞ最後までお付き合いください。

(主な参考元: https://www.soccer-king.jp/player/article/416080.htmlhttps://www.transfermarkt.com/marcelo/profil/spieler/44501 )

スポンサーリンク

マルセロの経歴

マルセロ(Marcelo)は1988年の5月に、ブラジルのリオ・デ・ジャネイロで生まれました。同国の南東部、海沿いの大都市です。

マルセロは2001年から地元チームのフルミネンセに所属していました。リオが本拠地のチームですし、ブラジルの中では知名度があると思います。

2005年からフルミネンセのトップチームで出場するようになります。トップチーム2年目の2006年には主力として定着していたようですね。

そんな活躍が海外にも知られていたんでしょう。2006-07シーズン冬にスペインのレアル・マドリードへ加入します。ロベルト・カルロスの後継者みたいな感じでしょうかね。

フルにマドリーで過ごした2007-08シーズンはリーグ戦24試合出場となかなか。4年目の2009-10シーズンは35試合出場と、主力選手として定着します。

2019-20シーズンで在籍14年目を迎えました。退団の噂があった時期もありましたが、いまだに第一線で活躍し続けています。

マドリーではチャンピオンズリーグで3連覇を含む4回の優勝、リーグ優勝4回、国王杯優勝2回を経験。間違いなく一時代を支えた功労者のひとりでしょう。

ブラジル代表ではU-20から召集されています。A代表での主要大会は2014ワールドカップからの出場です。意外と遅めなんですね。代表ではトロフィーに恵まれていません。

スポンサーリンク

マルセロのプレースタイル

個で打開できる超攻撃的SB

そんなマルセロのプレースタイルですが、ポジションはディフェンダー。左サイドバックを担当します。利き足は左

ほぼ左サイドバックでの出場ですけれども、1列前の左ウイングバックも務めることがあります。その辺りはチーム事情によりますね。

マルセロの特徴といえば、やはり足下の上手さが挙げられます。フェイントを織り混ぜたドリブルやトラップの技術はユニークな存在感を放ちます。

マルセロほどのタッチが細かいドリブルを使い、個人での打開力があるサイドバックはかなり少ないのではないでしょうか。

静止状態からボールを蹴り出してスピードアップ、トップスピードまで加速したらまた止まって切り返す。股抜きドリブルもお手のもの。

そうした推進力のあるドリブルで左サイドの外側を駆け抜けるのももちろん、マルセロは内側にも頻繁に入り込むのが持ち味。

そうした中に周囲の味方とのワンツーパスを入れて、深い位置までえぐって行くのがマルセロらしいプレーです。

ピッチ中央寄りにも入り込んで来るマルセロは、エリア内に進入するのも大好きですね。まるでウイングの選手みたいにシュートまで持ち込みます。それがマルセロ。

さらに味方からのロングボールを足下でピタッと止めるトラップの技術も素晴らしいものがあります。足首の関節が柔らかいんでしょうね。

トラップが綺麗だと次のプレーに移る時間的な余裕が生まれますから非常に大切です。相当な練習をした、あるいはストリートで身に付いたのでしょうかね。

↓トリッキーという言葉を具現化したような選手。

両足での高精度なキック

ピッチの外側と内側、いろんな場所に顔を出すマルセロは広い視野を持っていて常にエリア内の味方を意識しています。

タイミングを見て中央に送るクロスボールの精度が高いのも素晴らしいですが、利き足でない右足でもクロスを入れられます

なので縦に突破して入れる左足クロスと切り返しての右足クロス、ディフェンダーは両方警戒しなければなりません。

かつての同僚クリスティアーノ・ロナウドとのコンビネーションは見事でした。プライベートでも仲良し。母語が2人ともポルトガル語というのも大きい。

ロナウドはヘディングが強力ですから、マルセロからの高精度クロスで何度もネットを揺らしたことでしょうね。

なおかつマルセロはシュートも上手です。これも両足で打てます。2017年11月10日、日本との親善試合で決めたミドルシュートのゴラッソは利き足でない右足でしたね。

そうやってエリア外からも狙えますが、ワン・ツー・パスなど周囲との連携でエリア内に進入しキーパーと一対一になるシーンもマルセロは作り出します。

そんな状況でも冷静にゴール隅へシュートを押し込むことができます。ここまでの積極性とゴールに迫る推進力を持っているサイドバックは本当に貴重ですね。

守備力は昔からの課題

マルセロの身長は174センチ。サイドバックとしても少し小柄ですね。なので守備時の競り合いはあまり得意ではありません。

さらに自陣に引いたときのポジショニングも悪いときがあるようです。加えて超攻撃的な選手なので、攻め上がった裏のスペースは常に狙われます。

このように、ディフェンス面は粗さが目立つ選手ではあります。それを差し引いても攻撃への貢献が圧倒的なので試合でちゃんと使われるんですね。

ディフェンスの部分は左センターバックや中盤の底の選手がかなりカバーしてくれていると思います。それがチームスポーツってやつですな。

スポンサーリンク

今回のまとめ

今回はレアル・マドリード所属で、元ブラジル代表マルセロのプレースタイルなどを紹介しました。

守備重視だったマドリーのソラーリ前監督には使われなかったマルセロですが、ジダン監督からの信頼は相変わらずですね。

そのテクニックは衰えるどころか磨きがかかっているようにも見えます。さらなる活躍に期待しましょう。

最後までご覧いただきありがとうございました。Adios!