レアル・マドリード所属カゼミーロのプレースタイル!ブラジル代表

スペイン・リーガエスパニョーラ

スポンサーリンク

この記事でわかること

今回はレアル・マドリード所属で、ブラジル代表ミッドフィルダーのカゼミーロを記事にしたいと思います。この記事には下に書いている3つの章があります。

選手の経歴では出身地や生まれた年、クラブチームでの活躍さらに代表召集歴をまとめています。選手のプレースタイルではポジションや身長、利き足のほかに得意なプレーや評価などをご紹介。

最後のまとめでは、選手やチームへの期待をひとことで主観的に書いています。まとめの下では同じカテゴリーの記事も案内しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

どうぞ最後までお付き合いください。

(主な参考元: https://www.soccer-king.jp/player/article/417314.htmlhttps://www.transfermarkt.com/casemiro/profil/spieler/16306 )

スポンサーリンク

カゼミーロの経歴

カゼミーロ(Casemiro)は1992年の2月に、ブラジルのサンパウロで生まれました。同国南部で、海寄りにある都市です。

カゼミーロは2002年から地元チーム・サンパウロのユースに所属していました。その後2010年7月にサンパウロでトップデビュー

デビューした2010年はブラジル全国選手権で18試合出場。2011年とその翌年の2012年は両方とも20試合ちょっとの出場と、出番はそこまで多くありませんでしたね。

2013年1月にスペインのレアル・マドリードに移籍しました。当初はカスティージャ(Bチーム)に加入し、2013-14からはトップ登録されます。

ちなみにカスティージャ所属時代にも1試合だけトップチームに招集されて、ラ・リーガで出場歴があります。

2014-15の1シーズンだけポルトガルのポルトにローン移籍します。ポルトではリーグ戦28試合に出場して経験を積み、またマドリーに戻ってきました。

復帰直後の2015-16はラ・リーガで23試合の出場とまずまず。2017-18に出場機会を増やすと、ラ・リーガ30試合に出場。以降はマドリーでレギュラーを張っています。

ブラジル代表にはU-17から召集されています。A代表の主要大会はコパ・アメリカ2015で初めてベンチ入りしました。

2018ワールドカップではファーストチョイスとして活躍。コパ・アメリカ2019ではセレソンの優勝に貢献していますね。

スポンサーリンク

カゼミーロのプレースタイル

中盤の守備で存在感を放つ

そんなカゼミーロのプレースタイルですが、ポジションはミッドフィルダー。中盤の守備的な位置であるアンカーが本職です。利き足は右

フォーメーションによってはセンターハーフに分類されるほか、最終ラインに入ってセンターバックを務めることもできます。

カゼミーロの身長は184センチです。中盤で身体を張るのに十分なサイズを有しているのではないでしょうか。なおかつ厚みのある体格をしています。

カゼミーロはこの身体的特徴を生かして、中盤のディフェンスで良さを発揮する選手です。ピンチを未然に防ぐ役割を担っているわけですね。

まず、危機察知能力が高いです。いわゆる「読み」というやつです。相手チームのパスの受け手を予測し即座に寄せて、ボールを受けた瞬間に潰すのが非常に上手いです。

この能力は、特に相手のカウンター攻撃を阻止する際によく見ることができます。相手にボールを奪われて速攻に持ち込まれても、カゼミーロが抑えてくれます。

また、相手のボールホルダーに寄せた時のスライディングも安定していて、確実に止めてくれますね。ボール奪取できなくても最悪ファウルで止めるくらいの印象。

体格は全く違いますが、危機察知やボール奪取に関してはフランス人ミッドフィルダーのN・カンテと良い勝負ができると思います。

さらには、カゼミーロが負傷離脱で欠場すると勝率が下がるというデータもあります。

強力なシュート能力も持っている

ディフェンス能力が特に優れているカゼミーロですが、強烈なミドルシュートも持ち合わせています。攻撃にも貢献できるんですね。

カゼミーロはそれほど頻繁に高いポジションをとりませんが、ボールを持つと多少の距離があっても思い切ってシュートを打ちます。

2016-17チャンピオンズリーグ決勝のユベントス対レアル・マドリードはマドリーが1-4で勝利しました。決勝点であるマドリーの2点目はカゼミーロのミドルシュートでしたね。

また身長を生かしたヘディングも相手の脅威になります。得点力も決して低くはなく、2017-18はラ・リーガで5得点を記録しています。

↓こんなゴラッソも魅せてくれます。

ショートパスはある程度の安定性

カゼミーロは中盤の選手ですから、最終ラインと前線をつなぐためのパスさばきも重要な評価ポイントです。

パス能力に関しては際立って個性を放つわけではないと思います。ただミスが多いわけではなく、そつなくこなしているのではないでしょうか。

ロングボールでフォワードの決定機を演出したりするプレーはあまり見ないかもしれません。まあそこまで求めてもしょうがないか。

スポンサーリンク

今回のまとめ

今回はレアル・マドリード所属で、ブラジル代表カゼミーロのプレースタイルなどを紹介しました。

レアル・マドリードは2018-19を無冠で終了しています。2019-20も無冠で終了するわけにはいきませんね。

得点を取りに前がかりになるようなシチュエーションではカゼミーロの仕事も増えますから、引き続き優れたディフェンス能力を発揮してほしいものです。

最後までご覧いただきありがとうございました。Adios!