セビージャ所属ルーカス・オカンポスのプレースタイル!アルゼンチン代表

ESP

スポンサーリンク

この記事でわかること

今回はセビージャ所属で、アルゼンチン代表フォワードのルーカス・オカンポスを記事にしたいと思います。この記事には下に書いている3つの章があります。

選手の経歴では出身地や生まれた年、クラブチームでの活躍さらに代表召集歴をまとめています。選手のプレースタイルではポジションや身長、利き足のほかに得意なプレーや評価などをご紹介。

最後のまとめでは、選手やチームへの期待をひとことで主観的に書いています。まとめの下ではオススメの記事を案内しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

どうぞ最後までお付き合いください。

(主な参考元:https://www.soccer-king.jp/player/article/643834.html https://www.transfermarkt.com/lucas-ocampos/profil/spieler/189441)

L・オカンポスの経歴

ルーカス・オカンポス(Lucas Ocampos)は1994年の7月に、アルゼンチンのキルメスで生まれました。首都ブエノスアイレスにある、海が近い街です。

オカンポスは育成年代にキルメスACでプレーしていて、そこからCAリーベル・プレートに移りました。リーベルではトップチームでも出番を貰っていたようですね。

2012-13にフランスのモナコへ移籍します。1年目からリーグ2で29試合に出場してリーグ1復帰に貢献。2013-14にはリーグ1で34試合に出場し、主力として活躍しました。

2014-15冬の移籍市場でマルセイユに加入。ただプレータイムはなかなか伸びず、2016-17にはイタリアのジェノアCFCやミランへ期限付き移籍しました。

マルセイユに復帰した2017-18から出場機会が増え、リーグ1で31試合に出場し9ゴールを記録。ヨーロッパリーグでも予選から決勝まで継続的にプレーできました。

2019-20にスペインのセビージャへ移籍。1年目から出場機会を得ると、ラ・リーガ33試合で14得点の活躍を見せます。ヨーロッパリーグでは決勝ラウンドから出番を得て、優勝に貢献しました。

アルゼンチン代表にはU-17から出場しています。A代表の公式戦では2020年のワールドカップ予選から出番を得ているので、これからもコンスタントに出場して欲しいですね。

L・オカンポスのプレースタイル

走れる大型ウインガー

そんなルーカス・オカンポスのプレースタイルですが、ポジションはフォワード。基本的に左右のウイングに入ります。過去には中央や下がりめの位置もやっていたようですが。

彼の利き足は右ですが、両利き扱いのメディアもあります。なぜか左利きと記載しているメディアもありますが、2020-21ラ・リーガ、ホームのオサスナ戦でPKを右足で蹴っているので左は無いでしょう。

オカンポスの身長は187センチです。ウイングが本職の選手としては貴重な長身選手で、センターフォワードも十分に張れそうなくらいですね。

彼の特徴に挙げられるのは、サイズがありつつスプリント力も持ち合わせている点です。大きいけど走れて、ドリブルを仕掛けられる選手です。

なおかつ左右どちらのサイドからでもドリブルの突破を試みます。身体が大きい分フィジカルも強くて、スピードとパワーを兼備した仕掛けは相手の脅威になるでしょう。

わりと強気に突破を試みる選手で、シザースや股抜きを織り交ぜながら接触プレーも嫌がらずに仕掛けていく印象があります。対人に強くないサイドバック相手なら、一方的にやっつけられますね。

また、長身なことからゴール前へのクロスボールにも果敢に飛び込んでいくことができます。小柄なウインガーが苦手な、フィジカルな肉弾戦からのゴールも狙えるのは大きいポイントですね。

↓ある意味、ウインガーとセンターフォワードの良いとこ取りでしょうか。

↓上手さを見せる。

パワーショットが強力

身体的な強みを生かしたドリブル突破が売りのオカンポスは、自ら積極的にシュートを打ちにいきます。得点は多くがエリア内からのもののようですね。

左サイドからの仕掛けなら右足インスイングに巻いたシュート、右サイドでもキーパーの眼前をかすめる弾丸シュートをよくお見舞いします。両サイドから強いシュートを放つ、良い意味で厄介な選手。

もちろん長身なのでヘディングも強いのは見逃せないです。ウイングが本職なのに珍しいタイプの選手ですね。ちなみにPKを蹴ることも少なくないです。

時には味方をお膳立て

オカンポスは突破が強力なウインガーですが、ゴール前にクロスボールを送るクロッサータイプというよりは得点を取りにいくウインガーと言って良いと思います。

そのためシュートへの意識が強いです。ただ、独善的という感じではなく、無理な時は味方にボールを預けてくれます。アシストは際立って多くはないようです。

とはいえ2018-19にはリーグ戦で8アシストを記録してますから、監督のリクエストによってプレーを選んでいるのかもしれませんね。

スポンサーリンク

今回のまとめ

今回はセビージャ所属でアルゼンチン代表、ルーカス・オカンポスのプレースタイルなどを紹介しました。

アルゼンチン代表としてプレーが増えてきたオカンポスには、A・ディ・マリアS・アグエロに替わる次世代のアタッカーとして期待が寄せられます。国際大会で活躍して欲しいですね。

セビージャでは加入1年目の2019-20から活躍してくれましたから、継続的な良いパフォーマンスも楽しみです。ヨーロッパのカップ戦でも頑張ってもらいましょう。

最後までご覧いただきありがとうございました。Adios!