パリ・サン=ジェルマン所属アンヘル・ディ・マリアのプレースタイル!元アルゼンチン代表(ディマリア)

FRA

スポンサーリンク

この記事でわかること

今回はパリ・サン=ジェルマン所属で、元アルゼンチン代表フォワードのアンヘル・ディ・マリアを記事にしたいと思います。この記事には下に書いている3つの章があります。

選手の経歴では出身地や生まれた年、クラブチームでの活躍さらに代表召集歴をまとめています。選手のプレースタイルではポジションや身長、利き足のほかに得意なプレーや評価などをご紹介。

最後のまとめでは、選手やチームへの期待をひとことで主観的に書いています。まとめの下では同じカテゴリーの記事も案内しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

どうぞ最後までお付き合いください。

(主な参考元: https://www.soccer-king.jp/player/article/416637.html  https://www.transfermarkt.com/angel-di-maria/profil/spieler/45320 )

A・ディ・マリアの経歴

アンヘル・ディ・マリア(Angel Di Maria)は1988年の2月に、アルゼンチンのロサリオで生まれました。メッシも同世代でロサリオ生まれですよね。

ディ・マリアはCAロサリオのユースに所属していて、2005-06にロサリオでトップデビューします。2年目にはリーグ戦で24試合に出場するなど出場機会を得ていきます。2007-08からベンフィカに加入。

2010-11にスペインのレアル・マドリードへ移籍します。1年目からラ・リーガで35試合に出場し6得点。2012-13と2013-14も、ラ・リーガで30試合以上に出場しています。素晴らしい活躍。

2014-15からマンチェスター・ユナイテッドへ移籍しますが、怪我やチームの戦術的な部分さらには強盗未遂事件の影響がメンタルに影響し調子を落としていきます。

2015-16からフランスのパリ・サン=ジェルマンに加入。ユナイテッドでは思うような活躍ができませんでしたが、ここで輝きを取り戻します。

1年目からリーグ1で29試合に出場して10得点を記録。2017-18には同30試合で11ゴールと躍動し、フランスサッカーを大いに盛り上げてくれていますね。

アルゼンチン代表ではU-20から選出されています。A代表の主要大会は2010ワールドカップから出場しています。結果はベスト8でドイツに敗戦。2014年と2018W杯にも参加しています。

A・ディ・マリアのプレースタイル

ロングボールの精度が秀逸

そんなアンヘル・ディ・マリアのプレースタイルですが、ポジションはフォワード。本職はサイドに張った位置の右ウイングです。利き足は左のレフティー。

加えて、利き足サイドの左ウイングや攻撃的ミッドフィルダーに入ることもできます。最前線の選手をサポートする立場ということがわかりますね。

ディ・マリアの身長は180センチです。サイズはなかなかのものがありますが、なにぶん細身で体格的な強みを前に出すタイプの選手ではありません。

彼の持ち味に挙げられるのは、凡庸なフィジカル面を補って余りあるほどの足下の技術です。ボールテクニックに優れていて、いわゆる違いを生み出せるウインガーです。

スピードスターの類ではないと思いますがボールのおさまりも良く、パスを受けたままキープしてタメを作るのが上手いですね。

なおかつディ・マリアは視野が広く、遠いサイドの味方のこともよく見えています。マーカーのプレッシャーをいなしつつ、突然反対サイドに長いパスをさばけるのも彼の良さです。

彼は非常に正確なロングボールを蹴ることができる選手で、オーバーラップした逆側のサイドバックやゴール前に飛び出したフォワードにも時にはパスを通してきます。

蹴る球の球種も使い分けているようで、高いボールや低いボールに加えてアウトサイドキックを蹴ることも。セットプレーのキッカーも頻繁に担当しますね。

チャンスメイクが得意

ディ・マリアはただ単に長いボールを出すのが得意なだけではありません。重要なのは、それをチームの得点にしっかり結び付けているという点です。

針の穴を通すように正確なクロスはもちろん、サイドを深くえぐってゴール前に折り返す速いパス。2015-16にはリーグ戦で18回のアシストを記録するほどで、彼はアシスト数も多いウインガーですね。

特に右サイドから入れる低弾道のクロスボールは守備側が触ってもオウンゴールしやすく、誰も触らなければそのままゴールインなんてこともあります。いやはや守りづらい。

↓長いので飽きたら飛ばしてネ。

優れたシュート技術を持つ

ディ・マリアはパスの出し手として非常に優秀ですが、得点源としても十分に計算できる選手です。この部分も忘れてはいけません。

2018-19はリーグ戦で12ゴールをマークしています。特にミドルシュートは縦回転や無回転で蹴るように、かなり得意としています。30メートルくらいであれば狙えるでしょう。

また、彼は局面に応じてペナルティエリア内にも飛び込んでくるので、長距離砲だけを警戒すれば良いというわけでもありません。色々なことができる左足を持っていますね。

↓精度も威力も文句なし。

スポンサーリンク

今回のまとめ

今回はパリ・サン=ジェルマン所属で、元アルゼンチン代表アンヘル・ディ・マリアのプレースタイルなどを紹介しました。

2019-20にチャンピオンズリーグで決勝まで進んだパリですが、優勝にはわずかに及びませんでした。ディ・マリアも相当悔しかったことでしょう。

彼はベテランですが、身体能力に依存するタイプではない分まだまだ一線級の活躍ができるのではないでしょうか。期待しましょう。

最後までご覧いただきありがとうございました。Adios!