レアル・マドリード所属セルヒオ・ラモスのプレースタイル!スペイン代表

スペイン・リーガエスパニョーラ

スポンサーリンク

この記事でわかること

今回はレアル・マドリード所属で、スペイン代表DFのセルヒオ・ラモスを記事にしたいと思います。この記事には下に書いている3つの章があります。

選手の経歴では出身地や生まれた年、クラブチームでの活躍さらに代表召集歴をまとめています。選手のプレースタイルではポジションや身長、利き足のほかに得意なプレーや評価などをご紹介。

最後のまとめでは、選手やチームへの期待をひとことで主観的に書いています。まとめの下では同じカテゴリーの記事も案内しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

どうぞ最後までお付き合いください。

(主な参考元: https://www.soccer-king.jp/player/article/416242.htmlhttps://www.transfermarkt.com/sergio-ramos/profil/spieler/25557 )

スポンサーリンク

セルヒオ・ラモスの経歴

セルヒオ・ラモス(Sergio Ramos)は1986年の3月、スペインのカマスで生まれました。スペイン南部セビリアにある街です。

ラモスはセビリア生まれということで、もともとセビージャのユース出身です。2002年にセビージャU-19からセビージャBに昇格。

2003-04シーズンからトップチームでプレーしています。初年度は大した出場機会がありませんでしたが、2年目にはリーグ戦31試合に出場し頭角を現します。

すると2005年の8月にレアル・マドリードへ移籍しました。ちなみに今ではセンターバックを務めるラモスですが、キャリア初期は右サイドバックをけっこうやっていました。

当時は茶色(地毛なのでそこは変わらず)の長髪でヒゲなし、さわやか系の出で立ちだったので今のワイルドな姿とはギャップがありますな。

移籍初年度の2005-06シーズンは33試合の出場で4得点。2年目は33試合5ゴール、3年目も33試合5ゴール。加入当初から主力だったことがうかがえます。点取りすぎ。

ラモスはディフェンダーでありながら得点し続けていることで有名ですが、2019-20シーズン開幕前の時点でラ・リーガ歴代DF得点ランク3位に入っています。

その上にいるのは2位ロナルド・クーマンで1位がフェルナンド・イエロというレジェンドたちですから、3位につけるラモスすごい。¡Vamos, Ramos!

マドリーに加入してから、2019-20シーズンで在籍15年目を迎えます。ラモスが来たころはサルガドやグティ、ロベルト・カルロスがいました。

加入してからリーグ優勝4回、国王杯優勝2回そしてチャンピオンズリーグは3連覇を含む4回の優勝を経験しています。拍手。

スペイン代表にはU-17から召集されています。A代表での主要大会は2006ワールドカップから出場しています。

EURO2008、2010W杯、EURO2012と続くスペイン代表のビッグタイトル3連覇にも主力として大きく貢献しました。これが真の無敵艦隊じゃ。

と、思いきや2014W杯の初戦オランダ戦は1-5のボロ負け。ラモスもアリエン・ロッベンのスピードに引き離されてゴールを決められショックは大きかったことでしょう。スペインの復活はいつかな。

スポンサーリンク

セルヒオ・ラモスのプレースタイル

驚異の身体能力を誇る曲者DF

そんなセルヒオ・ラモスのプレースタイルですが、ポジションはディフェンダー。近年はセンターバックで活躍しています。かつては右サイドバックを担っていましたね。利き足は右

ラモスの身長は184センチ。まずまずの身長がありますが、決して大きくはありませんね。ただラモスは身体能力に大きなアドバンテージを持っていて強力な守備能力を見せます。

ラモスはかつて右サイドバックを担当していました。上下動の多いポジションだけにスプリント力が必要です。ラモスはサイドバックをやっていただけにスピードに優れています

特に、空いているスペースを突かれたときのカバーリングではかなりの瞬発力を発揮して、タックルやシュートブロックに入りピンチを食い止めることができる選手です。

マドリーはボールを保持しているときに、基本的にディフェンスラインが高い位置をとります。背後に広いスペースがありますから、スピードがあるラモスの存在は重要だと思います。

また、その跳躍力もかなり高いです。加えてクロスボールに頭を合わせる技術とジャンプするタイミングの取り方も上手。

さらに接触プレーにも強い身体なので、なおさらヘディングでの空中戦に自信を持っています。ハイボールの対応は身長のわりにかなり強いですね。

その強さを生かしたハードマークも持ち味のひとつ。パワフルなショルダータックルで相手を弾き飛ばしたり。一度ラモスに捕まると振り切るのは簡単ではありません。

おまけに試合中は相手への挑発もお手の物。相手に突っかかったりは「セルヒオ・ラモス劇場」で、カードを誘うのも得意です。

2016-17チャンピオンズリーグ決勝でラモスがユベントスのクアドラードと交錯しクアドラードは退場になりましたが、あれも臭いますね。ま、過去の話。

攻撃への貢献も折り紙付き

ラモスの身体能力はディフェンス面にとどまりません。特にヘディングでは攻撃時にもディフェンダーとは思えない得点力を発揮します。

セットプレー時にラモスのことは相手ディフェンダーみんなが警戒しますが、それでも彼はヘディングで得点し続けています。跳躍力と身体の強さが生かされていますね。

また、キックの精度も高いものを持っています。最終ラインからのロングパスは攻め上がったサイドバックや味方フォワードにしっかり通すことができます。

シュートに関しても同様で、ラモスは直接フリーキックも得意にしていますしPKキッカーも務めます。PKはふわっと浮かせたパネンカを蹴りますから高い技術がうかがえますね。

キーパーからするとパネンカは屈辱的ですから、そこも含めてのセルヒオ・ラモス劇場。味方にすると頼もしく、相手にすると厄介。

集中力が欠けた時はかなり問題

ボールに対してハードに戦うことができ、身体能力も高い。攻撃でも存在感を発揮できる。セルヒオ・ラモスはそんな選手です。

ただ、集中していないときには脆弱なディフェンスを見せることがあります。かなりあっさりと相手のフォワードに裏抜けを許したり。解説者にサボるときはサボると言われてたことも。

また、深いタックルを繰り出すのは良いですが足裏を相手の脚に当てるような間違えば一発レッド級のスライディングを見舞うことも。

もちろんボールにチャレンジしていれば退場ということはありませんが、見ている方はヒヤヒヤ。この辺がラモスの評価が分かれる理由ですね。

↓戦友たち。¡Hala Madrid!

スポンサーリンク

今回のまとめ

今回はレアル・マドリード所属で、スペイン代表セルヒオ・ラモスのプレースタイルなどを紹介しました。

2018-19シーズンの無冠を受けて大型補強を敢行したマドリーは2019-20シーズンのタイトル争いに加わることができるのでしょうか。

そのためには是が非でも失点を減らす必要がありますね。ラモスと相棒のヴァラン、ナチョたちに期待しましょう。

最後までご覧いただきありがとうございました。Adios!