レアル・マドリード所属エデン・アザールのプレースタイル!ベルギー代表

スペイン・リーガエスパニョーラ

スポンサーリンク

この記事でわかること

今回はレアル・マドリード所属で、ベルギー代表フォワードのエデン・アザールを記事にしたいと思います。この記事には下に書いている3つの章があります。

選手の経歴では出身地や生まれた年、クラブチームでの活躍さらに代表召集歴をまとめています。選手のプレースタイルではポジションや身長、利き足のほかに得意なプレーや評価などをご紹介。

最後のまとめでは、選手やチームへの期待をひとことで主観的に書いています。まとめの下では同じカテゴリーの記事も案内しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

どうぞ最後までお付き合いください。

(主な参考元: https://www.soccer-king.jp/player/article/418551.htmlhttps://www.transfermarkt.com/eden-hazard/profil/spieler/50202 )

スポンサーリンク

エデン・アザールの経歴

エデン・アザール(Eden Hazard)は1991年の1月に、ベルギーのラ・ルビエールで生まれました。ベルギーは国土が小さい国ですが、その中でもかなりフランスに近い街のようですね。

アザールは1998年にスタッド・ブレノワのユースに加入し、そこからサッカーキャリアをスタートさせました。その後はAFCテュビズにも所属。

2005年からフランスはリールのユースに加入。リールは地元ラ・ルビエールから近いようですね。2007-08にU-19へ昇格し、トップチームにも召集されてリーグ1の4試合に出場。

アザールは2008-09にリールでトップ登録されました。そのシーズンからリーグ1で30試合に出場すると、2009-10には37試合に出場

その後も主力として活躍すると、2011-12はリーグ1で38試合に出場し20得点を記録する大活躍。これでブレイクを果たしたわけですな。

2012-13からイングランドのチェルシーへ加入します。初年度からプレミアリーグ34試合に出場するなど、英国サッカーにも難なく適応。

2年目の2013-14はプレミアリーグ35試合で14得点。リーグ優勝を果たした2016-17は36試合に出場して16得点を記録しています。優勝の原動力ですね。

チェルシーに在籍した7年間は毎年リーグ戦30試合以上に出場し、リーグ優勝2回を達成したほかヨーロッパリーグとFAカップ、リーグカップを1回ずつ制覇しています。

2019-20にスペインのレアル・マドリードへ移籍します。 ジダンを非常に尊敬していたようで、彼が監督に復帰したことは少なからず移籍に影響したのでは。

ベルギー代表にはU-15から召集されています。A代表の主要大会は2014ワールドカップから出場。2018ワールドカップでは日本をベスト16で破り3位に入っていますね。

スポンサーリンク

エデン・アザールのプレースタイル

細かいタッチのドリブルは世界屈指

そんなエデン・アザールのプレースタイルですが、ポジションはフォワード。左に張った位置の左ウイングを得意としています。利き足は右

利き足サイドの右ウイングや、少し引いた位置のトップ下もできます。左ウイングとはいえ中央でプレーする傾向があるので、それにもうなづけます。

アザールの身長は175センチです。サッカー選手の中では決して大きくないサイズですが、簡単には当たり負けしないボディバランスを有していますね。

アザールの特徴として第一に挙げられるのは、単独で相手ディフェンダーを剥がすことができるドリブルの上手さです。その威力は戦術として成立してしまうほどです。

非常に細かいタッチのドリブルをアザールは披露してくれます。「トコトコトコ」と細かく歩幅を刻み、ディフェンダーを避けながら進むことができますね。

おそらく身体能力的なスピードは極端に速くないとは思いますが、ドリブル時でもスピードが落ちづらいタイプのドリブラーではないでしょうか。

アザールは対峙するディフェンダーの足の出し方を判断してからドリブルのコースを変えることができるので、守備側は非常に対応しづらいです。

相手が足を出してきたら方向転換でかわして、タイミングによっては足が引っ掛かってファウルをもらうこともできます。

アザールはこういったテクニックにより、個人で局面を打開できる選手と言えます。世界トップクラスの高額男なのもうなずけますね。

シュートとパスのセンスも抜群

アザールは単にドリブルが上手いだけの選手ではありません。キックの精度も抜群に高く、なおかつ左右の足で質の高いボールを蹴ることができます。

左ウイングにポジションをとることが多いアザールの、左サイドから右足インスイングでゴール右隅を狙うシュートは名人芸の域。

さらに相手ディフェンダーやキーパーの位置を見て、右足だけでなく左足でも強いシュートが狙えます。これは守る側も大変。

それでいてパスも上手でアシストが多いです。ドリブルでディフェンダーを引き付けてからフリーの味方にさばくパスが得意ですね。視野の広さを物語っています。

2018-19プレミアリーグで最も多く得点に関与した選手はアザールでした。15ゴールに12アシストの素晴らしい成績。

守備は少し優遇措置?

ドリブルで持ち運んでシュート、あるいは空いた味方にパス。そのようなスペシャルな活躍ができるアザールですが、守備のハードワークはそこまで目立ってない印象があります。

攻撃で圧倒的な存在感を示していればチームメイトや監督も「まあしょうがないか」と納得するとは思います。

ただ、その分チームに結果が出ていなかったり数字に残る結果を残せていないと批判されがちな役回りだと思います。常に結果が求められますね。

↓チェルシー公式のゴール集です。1位は一騎当千のスーパーゴール。

スポンサーリンク

今回のまとめ

今回はレアル・マドリード所属でベルギー代表、エデン・アザールのプレースタイルなどを紹介しました。

2019-20を無冠で終えたマドリーは2019-20開幕前のオフで積極補強を敢行しました。その目玉補強がアザールだったわけです。

2019-20も不振で終わってしまうのは「白い巨人」には許されません。アザールにもバロンドール級の活躍を期待したいですね。

最後までご覧いただきありがとうございました。Adios!