バイエルン・ミュンヘン所属ダビド・アラバのプレースタイル!オーストリア代表

GER

スポンサーリンク

この記事でわかること

今回はバイエルン・ミュンヘン所属で、オーストリア代表ディフェンダーのダビド・アラバを記事にしたいと思います。この記事には下に書いている3つの章があります。

選手の経歴では出身地や生まれた年、クラブチームでの活躍さらに代表召集歴をまとめています。選手のプレースタイルではポジションや身長、利き足のほかに得意なプレーや評価などをご紹介。

最後のまとめでは、選手やチームへの期待をひとことで主観的に書いています。まとめの下では同じカテゴリーの記事も案内しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

どうぞ最後までお付き合いください。

(主な参考元: https://www.soccer-king.jp/player/article/416521.htmlhttps://www.transfermarkt.com/david-alaba/profil/spieler/59016 )

スポンサーリンク

ダビド・アラバの経歴

ダビド・アラバ(David Alaba)は1992年の6月に、オーストリアのウィーンで生まれました。同国首都で、少年合唱団が有名ですよね。

アラバは少年期、SVアスペルンやFKオーストリア・ウィーンのユースに所属していました。オーストリア・ウィーンには2008年まで在籍。

2008-09からドイツのバイエルン・ミュンヘンに加入しました。当初はU-19への加入で、翌年にBチーム相当のバイエルンⅡへ昇格。

昇格した2009-10は主にBチームでプレーしましたが、トップチームにも召集されてリーグ戦だけでなくDFBポカールやチャンピオンズリーグにまで出場しています。すご。

2010-11にバイエルンでトップ登録されました。1年目、後半の半年間はホッフェンハイムへ期限付き移籍してブンデスリーガ17試合に出場。半年でこれは上出来です。

2011-12からバイエルンに復帰すると、前シーズンの経験を発揮したのかプレータイムをつかみブンデスリーガ30試合に出場。チームの主力級にまで成長しました。

2012-13はシーズン序盤こそ怪我で欠場が多かったですが、後半に復調しリーグ戦とDFBポカールそしてチャンピオンズリーグの三冠達成に大きく貢献しましたね。

アラバ自身怪我が少なくはないのですが、三冠以降も出場すればバイエルンの左サイドを支えてくれる重要な選手として君臨。

監督が交代するチームの中でも2016-17はブンデスリーガ32試合に出場、2018-19は31試合に出場と出場機会を確保し続けていますね。

オーストリア代表にはU-17から招集されています。A代表の主要大会はEURO2016から出場しましたが、無念のグループステージ敗退。

スポンサーリンク

D・アラバのプレースタイル

攻撃参加が得意なSB

そんなダビド・アラバのプレースタイルですが、ポジションはディフェンダー。基本的には左サイドバックを務めます。利き足は左

ひとつ前めの中盤でプレーすることもありますし、中央のセンターバックにも対応します。ただ、アラバの攻撃力を考えるとセンターバック起用はもったいないかなと。

アラバの身長は180センチです。ディフェンダーとして決して低くないサイズがあるので、身長のミスマッチが生まれにくい良さはありますね。

アラバのプレーはオーバーラップした際に良さが発揮されます。攻撃力に優れたサイドバックと言えるでしょう。

彼はスプリント力に優れていて前への推進力がある選手です。スピードを生かして前線に飛び出すのが好きで、フリーでボールを受けることも少なくありません。

アラバがスピードを持った状態だと、相手ディフェンダーは振り切られがちなのでボールが渡ればかなりのチャンスシーンになります。

なおかつアラバはキックの精度も高く、ゴール前に速くて力強いクロスを上げることができるのでサイドでフリーにさせてしまうと非常に危険な選手です。

もちろん、センターバックで起用された時も最後尾から質の良いロングフィードを前線に送ることができますね。

強烈なシュートも持ち味

クロス精度が高いアラバは、シュートでもキックの質の良さを見せてくれます。たまに中央寄りにポジションをとると鋭いミドルシュートを狙ってきますね。

さらにアラバは直接フリーキックも得意としています。パワーがあり、なおかつ回転の変化が大きいボールをゴール隅に蹴り込んでくるのでキーパー泣かせでしょう。

ゴールから25~30メートルくらいの距離からのフリーキックだとシュートかクロスか相手守備陣は予測がつかないので、アラバの思うつぼです。クロスも良いのを上げてきますからね。

↓飛び道具。

守備の安定感もまずまず

180センチという身長は、ハイボールの処理でも弱点にはなりにくいのでアラバの守備を助けているでしょう。センターバックでも起用されるわけです。

加えて彼は足が速いので、相手選手の足技に食らいついていくことができます。自陣後方へのロングボールもスプリント力でカバーできますね。

ただ、たまにキーパーへ返すボールが甘かったり空中戦でマークを外すシーンがなくもないような。マークする相手によっては一杯食わされるかも。

スポンサーリンク

今回のまとめ

今回はバイエルン・ミュンヘン所属でオールトリア代表、ダビド・アラバのプレースタイルなどを紹介しました。

近年は怪我がちょっと多めなアラバです。L・エルナンデスやA・デイビスという競争相手もバイエルンにいますから気が抜けませんね。

ここ2年は国内2冠を独占できていないバイエルンですから、チーム内の競争とともにチーム力を上げて国内にとどまらず欧州カップを掲げてほしいものです。

最後までご覧いただきありがとうございました。Adios!

タイトルとURLをコピーしました