バルセロナ所属ルイス・スアレスのプレースタイル!ウルグアイ代表

ESP

スポンサーリンク

この記事でわかること

今回はバルセロナ所属で、ウルグアイ代表フォワードのルイス・スアレスを記事にしたいと思います。この記事には下に書いている3つの章があります。

選手の経歴では出身地や生まれた年、クラブチームでの活躍さらに代表召集歴をまとめています。選手のプレースタイルではポジションや身長、利き足のほかに得意なプレーや評価などをご紹介。

最後のまとめでは、選手やチームへの期待をひとことで主観的に書いています。まとめの下では同じカテゴリーの記事も案内しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

どうぞ最後までお付き合いください。

(主な参考元: https://www.soccer-king.jp/player/article/417714.htmlhttps://www.transfermarkt.com/luis-suarez/profil/spieler/44352 )

スポンサーリンク

ルイス・スアレスの経歴

ルイス・スアレス(Luis Suarez)は1987年の1月に、ウルグアイのサルトで生まれました。同国北部で、アルゼンチンとの国境に接した街です。

スアレスはキャリア初期にディポルティーボ・アルティガスやウレタFCに所属していました。その後ナシオナル・モンテビデオへ加入し、2005年にトップデビュー。

2006-07にオランダのフローニンヘンへ加入すると、翌年の2007-08からはアヤックスに移籍。1年目からエールディビジの33試合に出場して17得点を記録します。

2009-10にはエールディビジ33試合で35得点という、怪物級の得点力を披露。1試合1得点以上は並の選手には取れないでしょうね。

2010-11冬の移籍市場でイングランドのリバプールに移籍。2011-12はプレミアリーグ31試合で11得点を記録。そこから年々得点率を上げていきます。

2013-14はプレミアリーグ33試合で31得点を記録。世界トップレベルのプレミアリーグにあっても、持ち前の得点力は一切落ちませんでした。

2014-15からスペインのバルセロナへ加入し、1年目からチャンピオンズリーグ優勝を経験。2年目の2015-16はラ・リーガ35試合で40得点を記録しました。もう怪物そのものです。

それ以降もバルセロナの主力センターフォワードとして、そしてL・メッシの相棒として一線級の活躍を続けています。

ウルグアイ代表にはU-20から招集されています。A代表の主要大会は2010ワールドカップから出場。コパ・アメリカ2011では優勝に貢献しています。

スポンサーリンク

L・スアレスのプレースタイル

ゴールへの嗅覚に優れたFW

そんなルイス・スアレスのプレースタイルですが、ポジションはフォワード。基本的には中央のセンターフォワードを務めます。利き足は右

左右に開いたウイングポジションと、少し下がったセカンドストライカーにも対応します。得点力を考えると少々もったいないかもしれませんが。

スアレスの身長は182センチです。なかなかのサイズがありますし筋肉質でボディバランスが良く、どんな体勢からでもゴールを陥れることができます。

スアレスの特徴といえば、やはりその並外れた得点感覚でしょう。彼はどこにポジションをとっていればゴールを挙げやすいのかを熟知しています。

ボールを受けやすく、そしてシュートしやすい場所を見定めるのが上手いですね。ディフェンダーと距離を保つため、故意に味方のボールホルダーに近付き過ぎなかったり。

また、シュートを打ちやすい位置にボールを置く技術が高いです。ゴール前の密集にいてもファーストタッチで一番良い場所にボールをコントロールできます。

↓見よ、このエレガントなファーストタッチを。

こぼれ球への反応が早い

ディフェンダーの背後を取ってから、キーパーとディフェンスラインの間に入れるクロスに足先で合わせるワンタッチシュートは彼の得意技です。

アーリークロスに合わせるための、ボールがないときの動き出しが良いからこそ可能になる芸当です。シュートの跳ね返りを押し込むゴールも多いです。

スアレスはそういった「跳ね返ってきそう」「クロスが来そう」という予測や感覚的な部分に優れたゴールスコアラーなのではないでしょうか。

↓ブラインドだと思いますが、問題なくプッシュ。

ポストになりアシストが多い

前述のとおり、スアレスの身長は182センチでガッチリした体格をしています。そのパワーはかなりのもので、さながら重戦車のようなフィジカルをしています。

そのため相手ディフェンダーを背負ってのボールキープが得意です。後ろから押されても全く意に介さないくらいの馬力があります。

そこでボールをタメてからのチャンスメイクやバルサでの相棒メッシへの配球により、アシストが多いです。2015-16はリーグ戦で18アシストもしています。

またドリブル時のパワーも相当で、相手に引っ張られても進み続けることができます。ドリブラーというタイプではありませんが、前を向かれると厄介でしょう。

かつては悪行が取り沙汰された

ゴールを奪うことに特化したストライカーのスアレスは、南米らしく闘志を表に出すタイプだと思います。そこがマイナスに作用することもあります。

イライラしたときに相手選手に噛みついて罰則を受けたことが何回かあります。B・イバノビッチG・キエッリーニらが被害者です。噛みつくとは、なかなかすごい。

また、相手チームの決定的なシュートを意図的に手で止めたことも。この辺は賛否両論でしょうが、まあ勝利への執念ということにしておきましょう。

スポンサーリンク

今回のまとめ

今回はバルセロナ所属で、ウルグアイ代表ルイス・スアレスのプレースタイルなどを紹介しました。

バルセロナでメッシと抜群のコンビネーションを見せるスアレス。一時的に得点が少なくなることはあっても、その嗅覚は衰えていません。

2019-20でバルサはまたもビッグネームを獲得しました。チャンピオンズリーグで嫌な思い出も続く中、その流れに終止符を打てるのか注目してみましょう。

最後までご覧いただきありがとうございました。Adios!

タイトルとURLをコピーしました