セビージャ所属ユセフ・エン=ネシリのプレースタイル!モロッコ代表(エンネシリ)

ESP

スポンサーリンク

この記事でわかること

今回はセビージャ所属で、モロッコ代表フォワードのユセフ・エン=ネシリを記事にしたいと思います。この記事には下に書いている3つの章があります。

選手の経歴では出身地や生まれた年、クラブチームでの活躍さらに代表召集歴をまとめています。選手のプレースタイルではポジションや身長、利き足のほかに得意なプレーや評価などをご紹介。

最後のまとめでは、選手やチームへの期待をひとことで主観的に書いています。まとめの下ではオススメの記事を案内しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

どうぞ最後までお付き合いください。

(主な参考元:https://www.soccer-king.jp/player/article/500112.html https://www.transfermarkt.com/youssef-en-nesyri/profil/spieler/433049)

Y・エン=ネシリの経歴

ユセフ・エン=ネシリ(Youssef en-Nesyri)は1997年の6月に、モロッコのフェスで生まれました。同国北部の街で、海向こうのスペインと近いと言えば近めです。

エン=ネシリはモロッコのAMフットボールでユース年代を過ごします。名前に「Académie」とあるので、推測ですが育成組織ではないかと考えられますね。

2016-17にスペインのマラガCFへ移籍。ちなみに地理的にモロッコと近いです。1年目はラ・リーガで13試合、2年目の2017-18は同25試合に出場しています。

2018-19からCDレガネスに加入しました。当初から出場機会をつかみ、ラ・リーガ31試合に出場して9得点をマーク。2019-20も前半戦だけでリーグ戦18試合に出ています。

2019-20冬の移籍市場でセビージャへ移籍。フル出場は少ないですがラ・リーガでも出番を得て、ヨーロッパリーグでは6試合で2ゴールを記録します。見事に優勝を成し遂げました。

モロッコ代表にはU-20から出場しています。A代表の主要大会はアフリカネーションズ2017からプレーし、2018ワールドカップではスペイン相手にゴールも決めています。

Y・エン=ネシリのプレースタイル

ピッチを走り回れる大型FW

そんなユセフ・エン=ネシリのプレースタイルですが、ポジションはフォワード。本職は真ん中のセンターフォワードです。利き足は左かと思いますが、両利き扱いのメディアもあります。

ポジションで言うと他にも、左右のウイングに入ることができます。その観点で言えば、なかなかに融通が利くフォワードと言うことができるでしょう。

エン=ネシリの身長は189センチです。センターフォワードにしてもサイズがある方で、守備側としても警戒せざる負えない存在感があるのではないでしょうか。

彼の特徴に挙げられるのは、それだけの体格でありながら重たさが感じられず軽快に動ける点です。大きい上にスプリント力も備えています。

そのため、彼は守備ラインの背後をとる動きが上手です。一度スピードに乗れば、相手ディフェンスも捕まえるのは難しいでしょう。競り合いになっても、彼は一定水準のパワーがあります。

カウンター攻撃の際もそのスピードは当然のように役に立ち、一気にチャンスを広げられます。味方から蹴り出されたラフなロングボールにも追いついてくれる期待が持てますね。

また動きが軽やかなエン=ネシリは、前線に張っているだけでなくピッチの色々な場所に顔を出す選手です。ウイングもできることが影響しているでしょう。飄々と動かれると守備側は捕まえづらいです。

↓ロングカウンターは得意分野。

時にはポストプレーも

サイズがあるのに加えてスピードもあるエン=ネシリは、屈強なガッチリしたタイプとは言えないかとは思います。ただ、ハイボールを頭で味方に落とすことは跳躍力もあるのでお安い御用。

ポストプレーも内容によってはこなしてくれることが期待できます。味方キーパーからの長いボールを頭で近くの選手に落とすのは、上手く繋がれば素早い攻撃になりますね。

ディフェンダーを背負ってボールを足下でおさめるのも、ある程度はできると思います。ただ、パワー重視なフォワードと比べると少々力強さで劣るかも。

頭でも足でも得点を

エン=ネシリはサイズと跳躍力もあるので、当然のようにヘディングを得意にしています。他にも身軽であるがゆえに、こぼれ球への反応が速いです。

彼の得点は多くがエリア内からのようですが、そこに限定すれば得点パターンは豊富と言うことができるでしょう。身体のどこからでもゴールを脅かすことができます。

前述のように動きが多い選手なので、わざとワンテンポ遅れてゴール前に飛び込んでくるようだと守る側は厄介です。成す術もなくエン=ネシリのゴールセレブレーションを眺めることになるでしょう。

↓どこからともなく現れるエン=ネシリ。

スポンサーリンク

今回のまとめ

今回はセビージャ所属でモロッコ代表、ユセフ・エン=ネシリのプレースタイルを紹介しました。

モロッコ代表というと2018ワールドカップの本大会に出場していましたし、欧州の強豪クラブで活躍する選手も多いです。これからの国際大会がより楽しみになりますね。

2019-20の後半からセビージャに来たエン=ネシリは早くも適応して居場所を見つけている模様。国内リーグもそうですが、欧州のカップ戦でのプレーにも期待しましょう。

最後までご覧いただきありがとうございました。Adios!