バレンシア所属ケビン・ガメイロのプレースタイル!元フランス代表

ESP

スポンサーリンク

この記事でわかること

今回はバレンシア所属で、元フランス代表フォワードのケビン・ガメイロを記事にしたいと思います。この記事には下に書いている3つの章があります。

選手の経歴では出身地や生まれた年、クラブチームでの活躍さらに代表召集歴をまとめています。選手のプレースタイルではポジションや身長、利き足のほかに得意なプレーや評価などをご紹介。

最後のまとめでは、選手やチームへの期待をひとことで主観的に書いています。まとめの下では同じカテゴリーの記事も案内しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

どうぞ最後までお付き合いください。

(主な参考元: https://www.soccer-king.jp/player/article/419791.htmlhttps://www.transfermarkt.com/kevin-gameiro/profil/spieler/27389 )

スポンサーリンク

ケビン・ガメイロの経歴

ケビン・ガメイロ(Kevin Gameiro)は1987年の5月、フランスのサンリスで生まれました。パリから少し北にある街のようですね。

ガメイロのプロキャリアはRCストラスブールから始まります。地元のサンリスからかなり離れたフランス東端のクラブですね。

2005-06にストラスブールでトップデビューして経験を積んでいき、3年目の2007-08にはリーグ1で34試合に出場するなど定位置を築きます。

2008-09からFCロリアンに移籍。初年度からリーグ1で37試合11得点を記録すると、年々パフォーマンスを上げていきます。2010-11はリーグ1で36試合に出場して22得点の大活躍。

2011-12にパリ・サン=ジェルマンへ移籍します。初年度こそリーグ1で2ケタ得点を記録していますが、ロリアンでの成績よりはちょっと劣るかなという印象。

2013-14からスペインのセビージャに加入します。初年度からラ・リーガの35試合で15得点を記録する活躍を見せ、2015-16も31試合で16得点と上出来。

なおガメイロはセビージャに3年間在籍していましたが、その間はヨーロッパリーグを3連覇しています。ELの優勝請負人なんでしょうか。

2016-17にアトレティコ・マドリードへ移籍。出場機会もしっかり与えられておりで、なおかつアトレティコでもヨーロッパリーグを1度制覇しています。

2018-19からバレンシアに加入します。ラ・リーガで33試合に出場し、リーグカップ(コパ・デル・レイ)の決勝では先制ゴールを挙げて優勝に貢献していますね。

フランス代表にはU-18から召集されており、A代表では各主要大会の欧州予選で出場歴があります。

スポンサーリンク

ケビン・ガメイロのプレースタイル

スピードを生かした抜け出しが武器

そんなケビン・ガメイロのプレースタイルですが、ポジションはフォワード。ほぼ専門的に中央のセンターフォワードを務めます。利き足は右

ガメイロの身長は172センチです。サイズの面では小柄と言えますが、けっこうガッチリしていて筋肉質な体格をしています。

ガメイロの特徴に挙げられるのは、その優れたスプリント力です。一瞬の加速に強みがある選手で、そのスピードを生かしたプレーを披露してくれます。

特に、相手ディフェンダーの背後に抜ける動きが得意です。サイドや中盤で味方がボールを持っていると、「(ボールを)くれ!」と言わんばかりにフリーランニングします。

ディフェンダーからすると「よーいどん」で走り出してもガメイロにはなかなかスピードで勝てませんから、対応するのは簡単ではありません。

ストライカー(点取り屋)なだけあり、相手ディフェンダーの背後でボールを受けた後のシュート力も魅力的です。パンチのある強いシュートを見せてくれますね。

また、味方がサイドの深い位置から出すグラウンダークロスに走り込みワンタッチでゴールへ流し込むシュートはガメイロの得意技です。

ディフェンダーがサイドにあるボールに気を取られている隙に中央で走り出し、マークを振り切り一瞬でゴールを決めてしまうこのパターン。まさに仕事人ですな。

ガメイロはボールを持った時より、ボールを持っていない時にそのスピードをフル活用する選手なのではないでしょうか。

相手守備陣へのプレスも持ち味

ガメイロは持ち前のスピードに良さがあるわけですが、果敢に前線から守備を行ので相手の脅威になっています。

こういった献身性もガメイロの魅力です。アトレティコ時代に、シメオネ監督に叩き込まれたんでしょうね。

ボールを持った相手がパスの出しどころを探しているときに、一気に間合いを詰めてボールを奪うかミスを誘う動きはチームを大きく助けてくれます。

使うより使われる選手

スピードに乗った裏抜けが得意なガメイロは、どちらかというと味方に使われるのが得意な選手です。パスの受け手ですね。

ガメイロ自らドリブルで違いを生んだり繊細なパステクニックを見せたりというのは、あまり見ないかもしれません。

ただ、少しサイドに流れてからボールを受けて中央に折り返すクロスは上手。そういったシンプルなアシストは多めですね。

↓ガメイロの2018-19プレー集。

スポンサーリンク

今回のまとめ

今回はバレンシア所属で、元フランス代表ケビン・ガメイロのプレースタイルなどを紹介しました。

2018-19からバレンシアに加入し、目に見える結果を残してくれたガメイロ。リーグカップ優勝、ラ・リーガは4位フィニッシュでヨーロッパリーグはベスト4でした。

2019-20シーズンさらにチームとして向上するためには、このベテランストライカーのさらなる活躍が求められてきます。ガメイロに期待しましょう。

最後までご覧いただきありがとうございました。Adios!

タイトルとURLをコピーしました