バルセロナ所属フレンキー・デ・ヨングのプレースタイル!オランダ代表

ESP

スポンサーリンク

この記事でわかること

今回はバルセロナ所属で、オランダ代表ミッドフィルダーのフレンキー・デ・ヨングを記事にしたいと思います。この記事には下に書いている3つの章があります。

選手の経歴では出身地や生まれた年、クラブチームでの活躍さらに代表召集歴をまとめています。選手のプレースタイルではポジションや身長、利き足のほかに得意なプレーや評価などをご紹介。

最後のまとめでは、選手やチームへの期待をひとことで主観的に書いています。まとめの下では同じカテゴリーの記事も案内しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

どうぞ最後までお付き合いください。

(主な参考元: https://www.soccer-king.jp/player/article/833110.htmlhttps://www.transfermarkt.com/frenkie-de-jong/profil/spieler/326330 )

スポンサーリンク

F・デ・ヨングの経歴

フレンキー・デ・ヨング(Frenkie de Jong)は1997年の5月に、オランダのアルケルで生まれました。同国内陸で、海にそそぐボーフェン・メルウェデ川に近い街です。

デ・ヨングは少年期に、ASVアルケルやヴィレムⅡのユースチームでプレーしていました。2014年にはヴィレムⅡのU-21に昇格しています。

U-21へ昇格した2014-15からトップカテゴリーにも召集されて、1部リーグのエールディビジにも1試合出場していますから大したもの。

2015-16からアヤックスに移籍します。ただ、半年間はローン移籍の形でヴィレムⅡに残りました。オランダ屈指の名門から声がかかるとは、彼の才能を物語ってますな。

2015-16の1月、デ・ヨングは晴れてアヤックスの一員になりました。残りの半年はアヤックスのBチームにあたるヨング・アヤックスでリーグ戦15試合に出場。

2016-17はヨング・アヤックスでリーグ戦の31試合に出場して6得点を記録。見事。

さらには同シーズン、トップチームにも召集されて1部のエールディビジ4試合とヨーロッパリーグ4試合にも出場しました。決勝のマンチェスター・U戦のピッチにも立っています。

2017-18からはアヤックスのトップチームへ完全に活躍の場を移しました。1年目はエールディビジで22試合に出場とまずまず。

2018-19はエールディビジの31試合に出場してリーグ優勝、そしてオランダカップの制覇に貢献。さらにはチャンピオンズリーグでベスト4まで進出する躍進を見せました。

よほど2018-19のインパクトが強かったのか、2019-20からスペインのバルセロナへ移籍しました。バルサのオランダ人、偉大な先人たちに続けるでしょうか。

オランダ代表にはU-15で初招集。U-18以降は継続的に招集されています。2018-2019のネーションズリーグでも主力として活躍しました。

スポンサーリンク

F・デ・ヨングのプレースタイル

技術と積極性を兼備

そんなフレンキー・デ・ヨングのプレースタイルですが、ポジションはミッドフィルダー。本職は中央のセンターハーフです。利き足は右

下がりめの守備的ミッドフィルダーも務めるほか、主にセンターバックを担当していたシーズンもありました。高い戦術理解度がうかがえますね。

デ・ヨングの身長は180センチです。中盤の守備で身体を張ったり、時にはゴール前へカバーに入ったりするのに十分な体格を備えています。

デ・ヨングのプレーで特徴的なことは、かなり広いエリアでプレーして様々な場所へ顔を出すことができる点です。

センターハーフなので当然チームの陣形でその真ん中あたりや、守備時には自陣の深い場所まで下がってディフェンスすることはあります。

それだけでなくデ・ヨングは、中盤から前線まで飛び出してゴール前まで進出することが多々あります。2列目からの飛び出し、なんて呼び方もされますね。

中盤の選手が前線に飛び出すと、相手ディフェンスは誰がマークに付くか迷うのでフリーでボールを受けられる可能性が高いです。走り始めるのも早くて有利。

そのままボールを受けてシュートに持ち込むもよし、サイドに持ち運んで起点になる動きもチームの攻撃を大いに助けますね。

また、デ・ヨングは足下のテクニックにも優れています。ドリブルでの推進力も大きな魅力です。

カウンター攻撃などの際は自分でもボールを持ち運べますし、スペースに動いて味方に使ってもらうこともできますね。トラップなどでも繊細なボールタッチを披露します。

↓このヤング・ダッチマンの技巧。

パスの安定感も良し

足下のテクニックに優れているデ・ヨングは、当然のようにパスの精度も高いです。中盤の低い位置から、展開を変えるロングパスを難なく出すことができます。

なおかつ敵陣の深くまで進入することがあるデ・ヨングは、チャンスシーンを演出する際どいラストパスも繰り出してくる選手です。

2017-18はエールディビジの22試合で8アシストを記録しています。守備的なポジションがメインだったようなので、これは見事な数字。

守備の強度も持ち合わせる

これだけテクニカルな選手ながら、デ・ヨングはチームのために守備でも汗をかける選手です。特にチームがボールロストした後の攻守の切り替えが早いですね。

すぐに相手のボールホルダーに寄せて奪回にチャレンジしてくれますし、パスコースを読んだインターセプトも目立ちます。

さすがセンターバックに対応するだけあって守備能力も高いです。180センチとサイズもなかなかあるため、球際でもファイトできます。

攻守において高いレベルを発揮するところから、デ・ヨングが持つスケールの大きさが伝わってきます。

スポンサーリンク

今回のまとめ

今回はバルセロナ所属でオランダ代表、フレンキー・デ・ヨングのプレースタイルなどを紹介しました。

2018-19はアヤックスでチャンピオンズリーグベスト4進出を中盤で支え、2019-20は鳴り物入りでバルセロナへやってきました。

かつてはバルサで活躍したオランダの先人もいますので、長くバルサでプレーしてその哲学を体現していってほしいものです。代表での活躍にも期待しています。

最後までご覧いただきありがとうございました。Adios!

タイトルとURLをコピーしました