バレンシア所属ゴンサロ・ゲデスのプレースタイル!ポルトガル代表

ESP


この記事でわかること

今回はバレンシア所属で、ポルトガル代表フォワードのゴンサロ・ゲデスを記事にしたいと思います。この記事には下に書いている3つの章があります。

選手の経歴では出身地や生まれた年、クラブチームでの活躍さらに代表召集歴をまとめています。選手のプレースタイルではポジションや身長、利き足のほかに得意なプレーや評価などをご紹介。

最後のまとめでは、選手やチームへの期待をひとことで主観的に書いています。まとめの下では同じカテゴリーの記事も案内しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

どうぞ最後までお付き合いください。

(主な参考元: https://www.soccer-king.jp/player/article/513191.htmlhttps://www.transfermarkt.com/goncalo-guedes/profil/spieler/225122 )

ゴンサロ・ゲデスの経歴

ゴンサロ・ゲデス(Goncalo Guedes)は1996年の11月に、ポルトガルのリスボンで生まれました。言わずと知れたポルトガルの首都ですね。

ゲデスはもともとベンフィカのユース出身です。ベンフィカと言えばチャンピオンズリーグにも出場してくるポルトガルの強豪ですね。

ゲデスは2014-15からベンフィカのBチームへ昇格しています。そのシーズンからリーグ戦32試合に出場し8得点を挙げる活躍。

なおかつ、そのシーズンのにトップチームでも出場してリーグ戦の5試合に出場しています。その後もBチームの試合に出てはいますが。

翌2015-16からベンフィカのトップチームへ正式登録。ただ、ベンフィカでの2015-16と2016-17はリーグ戦でそれぞれ20試合も出場できていませんでした。あまり良くありません。

2016-17冬の移籍市場でフランスのパリ・サン=ジェルマンへ移籍。パリでは2016-17にリーグ1で7試合、2017-18に1試合の出場でした。もったいない。

2017年9月からバレンシアにローン移籍します。するとバレンシアで定位置を確保。2017-18からラ・リーガで33試合に出場して5得点を記録。

2018-19にはバレンシアへ完全移籍。若手のホープとして存在感を増しています。

ポルトガル代表ではU-15から召集されています。A代表での主要大会は2018ワールドカップから出場。2018-2019ネーションズリーグ決勝では決勝点もマークしています。

G・ゲデスのプレースタイル

カットインが強力なウィンガー

そんなゴンサロ・ゲデスのプレースタイルですが、ポジションはフォワード。主戦場は左ウイングです。利き足は右

逆足ウインガーですが、利き足サイドの右ウイングにも入ります。フォーメーションによっては左サイドハーフや2トップにも対応。

ゲデスの身長は179センチです。まずまずの身長がありますが、彼の良さはフィジカルではなくテクニカルなところにあります。

ゲデスはボールテクニックに秀でた選手です。ある意味、ポルトガル人らしく技巧派な面があると言えるかもしれませんね。

加えてスピードもあるため、切れ味が鋭く細かいタッチのドリブルがとても強力です。基本ポジションの左サイドから、勢いを持って中央へカットインするのが得意。

瞬発力とテクニックを駆使し進むコースを決め、シャープな切り返しで相手を振り切ります。

これが非常に効果的で、切り返しをするゲデスに対して相手ディフェンダーはマークしきれずスペースを与えてしまいがちです。

そこからクロスボールやスルーパス、シュートを選択するのがゲデス的なドリブルプレーですね。スペースを生み出せていれば決定的な仕事ができます。

キックのパワーと精度も見事

ゲデスはスピードに乗ったドリブルに良さがありますが、キックの正確性とパワーも素晴らしいものを持った選手です。

左サイドから右足で巻いて中央に供給するクロスも正確で大きな武器になりますね。インスイング、ゴールに向かってくる軌道なので相手選手もオウンゴールしやすいです。

また、ゲデスのミドルシュートはかなりパンチ力があり彼の代名詞と言っても過言ではないのではないでしょうか。

特に中央へカットインして放つシュートが脅威。ゴールと平行に進んでいる状態からも腰をひねって強いシュートに持ち込むことができます。

ゲデスは直線的な弾丸シュートをよく蹴ります。キーパーのグローブを弾くほどの威力がありますね。エリア外からでも十分に狙っていけるわけです。

2018-19のラ・リーガ、アウェイでのベティス戦は右足ミドルシュートで2点取ってます。すごい。

大事な場面での決定力もあり

基本的にはウインガーとして、ゴール前よりはペナルティエリア外から仕事をすることが多いゲデスです。ただ、スペースを見つけるとゴール付近まで進入することもありますね。

なので、ゴール前で得点に直結する仕事もこなしてくれます。ゲデスの弾丸シュートを至近距離で防ぐのは相手も大変。なおかつ決定力も持ち合わせています。

2018-19のヨーロッパリーグ、ラウンド16のクラスノダール戦は2ndレグのアウェイで途中まで0-1で負け越し。ことままだとアウェーゴール差で敗退です。

そこをゲデスが後半アディショナルタイム、ほぼラストプレーで逆転勝ち抜けを決めるゴールを決めます。このように大事な場面でしっかり活躍してくれる選手なのです。

↓2018-19バレンシアの、欧州カップ戦でのゴールベスト5。第2位が上記ゲデスのゴールです。

今回のまとめ

今回はバレンシア所属でポルトガル代表、ゴンサロ・ゲデスのプレースタイルなどを紹介しました。

ゲデスは代表でもクラブでも好成績を残していて、すでにレギュラーポジションをつかんでいます。これから大舞台でさらに輝いてくれるでしょう。

ポルトガル代表にはロナウドの後継者が必要ですから、もしかしたらゲデスがそんな存在になっていくかもしれませんね。期待しましょう。

最後までご覧いただきありがとうございました。Adios!

タイトルとURLをコピーしました