レアル・マドリード所属ダニエル・カルバハルのプレースタイル!スペイン代表

スペイン・リーガエスパニョーラ

スポンサーリンク

この記事でわかること

今回はレアル・マドリード所属で、スペイン代表ディフェンダーのダニエル・カルバハルを記事にしたいと思います。この記事には下に書いている3つの章があります。

選手の経歴では出身地や生まれた年、クラブチームでの活躍さらに代表召集歴をまとめています。選手のプレースタイルではポジションや身長、利き足のほかに得意なプレーや評価などをご紹介。

最後のまとめでは、選手やチームへの期待をひとことで主観的に書いています。まとめの下では同じカテゴリーの記事も案内しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

どうぞ最後までお付き合いください。

(主な参考元: https://www.soccer-king.jp/player/article/416624.htmlhttps://www.transfermarkt.com/daniel-carvajal/profil/spieler/138927 )

スポンサーリンク

ダニエル・カルバハルの経歴

ダニエル・カルバハル(Daniel Carvajal)は1992年の1月に、スペインのレガネスで生まれました。首都マドリードの中にある街です。

カルバハルは2002年からレアル・マドリードのカンテラに所属しています。その後2010-11にマドリーのカスティージャ(Bチーム)へ昇格。

カスティージャでもなかなかに活躍をしてたようで、2010-11はリーグ戦29試合に出場。2011-12はさらに増えて34試合に出場しています。

2012-13の1シーズンのみ、ドイツのレバークーゼンにローン移籍していました。そのシーズンはブンデスリーガで32試合に出場

スペイン1部リーグで出場経験がないながらもドイツ1部で出場機会を得られるあたり、カルバハルが実力をつけていたことがわかりますね。

2013-14にレアル・マドリードでトップデビューを果たしました。ドイツでの経験も生きたか、初年度からラ・リーガ31試合に出場するなど存在感を発揮。

翌年の2014-15もラ・リーガ30試合に出場して定位置をしっかりとつかみます。

以降は負傷離脱があったりもしますが、コンディションさえ整えばマドリーの右サイドバックでファーストチョイスになっています。

スペイン代表にはU-18から召集されています。A代表の主要大会は2018ワールドカップから出場しています。2018-2019のネーションズリーグにも出番がありました。

スポンサーリンク

D・カルバハルのプレースタイル

卓越したキックの正確性が武器

そんなダニエル・カルバハルのプレースタイルですが、ポジションはディフェンダー。基本的には右サイドバックを務めます。利き足は右

一列前の右ウイングバックにも対応しますが、そのあたりはチームのフォーメーションとの兼ね合いがありますね。

カルバハルの特徴は、オーバーラップした際に見せる攻撃力にあります。サイドバックでありながら攻撃への影響力は非常に大きいものがあります。

まず、カルバハルのキックの正確性は見事なものがあります。彼にスペースを与えると決定的なクロスをゴール前に入れてきますね。

特にゴール前にヘディングが得意なフォワードがいると、その頭を目がけてピンポイントのクロスを供給することができます。

正確性がかなり高いクロスなのでゴール前でディフェンス側のマークがズレてしまうと高確率でシュートまで持ち込まれますから、カルバハルにスペースを与えてはいけません。

なお、正確さも際立っていますがカルバハルはキックの種類も使い分けていて、右足のアウトサイドキックも上手です。

相手のディフェンダーとキーパーはこういったキックの使い分けをされると、ボールの軌道が予測できないので対処が難しくなりますね。

加えて、カルバハル自身の前への推進力も良いです。かなり積極的に高い位置を取ってきて、時には右サイドを経由してゴール付近まで到達するほどです。

ドリブルで自ら入り込むというよりは、味方とのパス交換からマークを外して進入していくようなイメージです。

守備力もなかなかのもの

攻撃参加時の貢献が大きいカルバハルですが、ディフェンダーなので当然守備にも奔走しなければなりません。

守備の安定感も決して低くはなく、なおかつ運動量もかなり豊富な選手なので試合を通して相手に寄せ続けることができます。

ドリブルしている相手のボールホルダーへの対応なんかは、スプリント力を生かしたスライディングなどでセーフティにこなしている印象です。

なお、カルバハルの身長は173センチです。小柄ではありますがサイドの選手なので極端にマイナスポイントにはなっていないと思います。

守備時のスライドとの兼ね合いで相手選手に空中戦で狙われる可能性はありますが、周りのフォローも受けながら対応できているのではないでしょうか。

負傷離脱の多さはマイナス

攻守両面で高い貢献が見込めるカルバハルですが、怪我の多さは気になってしまいます。欠場時はローテーションより負傷が理由のことが多そうな印象です。

なかでも筋肉系の怪我はクセになると頻発してしまいますから、トレーナーやチーム全体で解決していかなければなりませんね。

2017-18チャンピオンズリーグ決勝のリバプール戦は、バックヒールをした際にハムストリングを痛めて負傷交代していました。こういうことに繋がってしまうんですよね。

スポンサーリンク

今回のまとめ

今回はレアル・マドリード所属で、スペイン代表ダニエル・カルバハルのプレースタイルなどを紹介しました。

レアル・マドリードという攻撃的なチームにおいて、攻守に奔走しているカルバハル。サイドバックとしての評価はかなり高いと思います。

負傷離脱さえ減らせればその能力をフルに発揮できるので、これから2018-19無冠フィニッシュの雪辱を晴らしていってほしいですね。

最後までご覧いただきありがとうございました。Adios!