バレンシア所属ホセ・ガヤのプレースタイル!スペイン代表

ESP

スポンサーリンク

この記事でわかること

今回はバレンシア所属で、スペイン代表ディフェンダーのホセ・ガヤを記事にしたいと思います。この記事には下に書いている3つの章があります。

選手の経歴では出身地や生まれた年、クラブチームでの活躍さらに代表召集歴をまとめています。選手のプレースタイルではポジションや身長、利き足のほかに得意なプレーや評価などをご紹介。

最後のまとめでは、選手やチームへの期待をひとことで主観的に書いています。まとめの下では同じカテゴリーの記事も案内しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

どうぞ最後までお付き合いください。

(主な参考元: https://www.soccer-king.jp/player/article/419646.htmlhttps://www.transfermarkt.com/jose-gaya/profil/spieler/221322 )

スポンサーリンク

ホセ・ガヤの経歴

ホセ・ガヤ(Jose Gaya)は1995年の5月に、スペインのペドレゲールで生まれます。バレンシアから南東に少し離れた街です。

「ホセ・ルイス・ガヤ」という表記もリーガエスパニョーラの現地表記で目にします。そちらの方がカッコ良くて好きですが、日本で一般的な「ホセ・ガヤ」で統一します。

ガヤはバレンシアのカンテラ出身です。少年期は自宅からバレンシア郊外のパテルナにある練習施設に通ってました。

Googleマップで見ると片道100キロ以上はありそう。そこでサッカーを練習する中で、ストライカーから左サイドバックへ転向したようです。

2011-12にBチーム相当のメスタージャで初出場を飾ると、そこから頭角をあらわします。2012-13はメスタージャでリーグ戦36試合に出場

上記の2012-13にバレンシアでトップデビュー。このシーズンはカップ戦の1試合のみの出場でした。2014-15にはラ・リーガの35試合に出場し、以降は主力として躍動しています。

ちなみに、地元ペドレゲールにあるバレンシア公認応援グループの名称にガヤの名前が使われているそうです。ファンの愛を感じます。

スペイン代表にはU-17から継続的に召集されています。A代表では2018-2019のネーションズリーグで出場していますね。

J・ガヤのプレースタイル

スピードある攻撃参加が売り

そんなホセ・ガヤのプレースタイルですが、ポジションはディフェンダー。基本的には左サイドバックでプレーします。利き足は左のレフティー。

一応は前めの中盤左サイドに入ることもあったようです。ただ、上下動を苦にしない点や守備力を考えると最終ラインで活躍してもらうのが嬉しいですね。

ガヤの身長は172センチです。サッカー選手の中では小柄な方ではありますが、ガヤは体格のデメリットを補って余りあるほどハードワークができる選手ですね。

彼の特徴として挙げられるのは、効果的なオーバーラップをしてくれる点です。試合を通じて上下動する運動量とスピードが魅力的。

スプリント力がある選手なので、スピードを生かして相手サイドバックの裏を狙うことができるのが大きいです。足下でボールを待つだけではないんです。

ロングボールを味方の最終ラインや中盤からスペースで受けるのも得意ですし、ワンツーパスを使ってフリーでボールを受けるのもガヤは上手ですね。

また、スペイン人らしく足下の技術にも優れているのでボールテクニックも持ち合わせています。綺麗なトラップやドリブルの推進力も魅力のひとつ。

フェイントを多用したトリッキーなドリブルをするわけではありませんが、持ち前のスピードを生かす蹴り出しの大きいドリブルで、敵陣の深くまで入り込むことも。

一方で攻撃偏重の選手ではないので、深い位置までひっきりなしに入り込んだりするタイプではないと思います。攻守のバランスは守るタイプかと。

なかなかのクロス精度

ガヤは攻め上がりで味方の攻撃に厚みをもたらすことができます。その中で左足から繰り出すキックの質もなかなかのものがありますね。

中央に供給するクロスボールの質も良い選手です。しっかりと得点に繋がりそうなスペースを狙って蹴ることができていて、チームの大きな武器になります。

アーリークロス気味に低めの位置から蹴るクロス、深い位置から入れる低くて速いボール、両方織り交ぜている印象です。

守備の強度は必要十分

ガヤは攻撃力も見事なサイドバックですが、チームの最終ラインを支えるひとりとしてディフェンス能力も高い評価を得ています。

スプリント力を生かして素早くゴール前のカバーに入ったり、小柄ながら球際でしっかりファイトできるディフェンダーですね。

中でも相手のボールホルダーに対して食いつきすぎずに我慢できる守備が特に良いです。堅実にコースを限定する守備がしっかりできていますね。

食い気味に寄せすぎたり一発を狙ったスライディングを多用すると相手に入れ替わられて抜かれてしまいますので、確実なチャレンジを選べているのは大きいです。

↓攻守において、左後方から大きく貢献してくれます。

スポンサーリンク

今回のまとめ

今回はバレンシア所属で、スペイン代表ホセ・ガヤのプレースタイルなどを紹介しました。

2018-19の序盤は得点力に問題を抱えていたバレンシアですが、失点の少なさで何とか持ちこたえました。ガヤの貢献も多大にあったでしょう。

すでにバレンシアでレギュラーのガヤですが、まだ若いです。スペイン代表ではジョルディ・アルバの後継者になってくれると思います。より一層期待しましょう。

最後までご覧いただきありがとうございました。Adios!

↓他の記事もぜひご覧あれ⚽️
プレミアラ・リーガセリエA
ブンデスリーグ1Jリーグ

↓チームはココから選べます



ESP バレンシア
SOCCER道(さかみち)を歩こう!