アーセナル所属メスト・エジルのプレースタイル!元ドイツ代表

アーセナル

スポンサーリンク

この記事でわかること

今回はアーセナル所属で、元ドイツ代表MFのメスト・エジルを記事にしたいと思います。この記事には下に書いている3つの章があります。

選手の経歴では出身地や生まれた年、クラブチームでの活躍さらに代表召集歴をまとめています。選手のプレースタイルではポジションや身長、利き足のほかに得意なプレーや評価などをご紹介。

最後のまとめでは、選手やチームへの期待をひとことで主観的に書いています。まとめの下では同じカテゴリーの記事も案内しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

どうぞ最後までお付き合いください。

(主な参考元: https://www.soccer-king.jp/player/article/418340.htmlhttps://www.transfermarkt.com/mesut-ozil/profil/spieler/35664 )

スポンサーリンク

メスト・エジルの経歴

メスト・エジル(Mesut Ozil)は1988年の10月、ドイツのゲルゼンキルヘンで生まれました。ベルギーに近い町で、ドルトムントの西にあります。

エジルは1995年にヴェストファリア・ゲルゼンキルヘンのユースからキャリアを始めます。その後も数チームを渡り歩き、2005年からシャルケ04のU-19に加入しました。

2006-07にシャルケでトップデビュー。トップでは1シーズン半の在籍でした。出場機会はそれほど多くなかったようです。

2008年1月にヴェルダー・ブレーメンへ移籍します。この移籍が良くて、2008-09はブンデスリーガ28試合に出場。リーグカップのDFBポカール決勝では決勝ゴールを挙げて優勝に貢献しました。

その後もチーム内で定位置をつかむと、2009-10は31試合9得点の活躍。善き哉。エジルはクラブと代表での活躍により移籍市場の人気銘柄になります。

2010-11からスペインのレアル・マドリードに加入。初年度からラ・リーガで36試合に出場するなどさっそくスペインのサッカーに適応します。プレーもどこかスペイン風の気がする。

続く2シーズンもラ・リーガで30試合以上に出場。特に2012-13は32試合9得点の好成績でした。得点も取れているエジルはいかにも調子がよさそう。

2013年8月にアーセナルへ移籍。移籍当初もまずまず試合には出ていましたが、2015-16にはプレミアリーグで35試合6得点。続く2016-17も33試合8得点と活躍し、FAカップでは優勝にも貢献しました。

以降は一番良かった時期よりパフォーマンスが落ちている印象もありますが、一瞬で決定機を演出するスキルの高さは健在ですね。

ドイツ代表ではU-19から招集されています。A代表では2010ワールドカップが最初の主要大会です。若きドイツの主力として3位で大会を終えました。

2014ワールドカップでも全試合に出場してドイツを引っ張ります。決勝でもフル出場してアルゼンチンとの死闘を制し、見事に優勝を果たしましたね。2018?何のことかな?

スポンサーリンク

メスト・エジルのプレースタイル

攻撃で違いを作るビジョンを持つ

そんなメスト・エジルのプレースタイルですが、ポジションはミッドフィルダー。基本的には前めの攻撃的ミッドフィルダーに入ります。利き足は左

左右に張った位置も務められますが、エジルのボール展開力を考えると中央の方が良い気がしますね。

エジルの身長は180センチです。高さはあるものの体型は細身で、フィジカルコンタクトに強さはあまりないでしょう。ヘディングで積極的に競り合うタイプでもありません。

エジルの持ち味は、一瞬で決定的なチャンスを創出する卓越したプレービジョンです。視野の広さとキックの精度、そしてアイデアに優れた選手ですね。

まず足下の技術はさすがです。ボールコントロールが巧みで、なかなかボールを相手に奪われません。寄せてくる相手を「いなす」余裕があります。

視野も広いため、ディフェンダーにプレッシャーを受けていても空いている味方選手を見つけてパスを通すことができますね。それを完遂するパスの精度も良し。

そのパスに関してですが、走り出した味方に通すスルーパスの精度や強さ、タイミングともに素晴らしいものがあります。得点に直結するパスセンスが秀逸ですね。

2010-112011-12はラ・リーガ、2015-16にはプレミアリーグでそれぞれ19アシストを記録しています。リーグ戦だけですからね、すっごい数です。

おそらく感覚的な部分が大きいんだと思いますが、ピッチの中にいてもテレビ中継を見てるかのように俯瞰で(見下ろし視点)味方の位置をとらえているんでしょうね。

味方を使うのが上手な選手だと言うことができます。ボールを持ってるときに一番良さを発揮する選手なんですね。

タイミング良くエリア内にも進入

基本的にはボールを足下に置きたい選手のエジルですが、ボールを持っていない時にも良い動き出しを見せることがあります。

味方がサイドでボールを持っている時に、エリア内に進入してボールを受けてシュートを放つようなシーンも多いです。時折シャープなオフ・ザ・ボールの動きを見せるんですね。

エジルのような2列目の選手が飛び出してくるとディフェンダーは捕まえづらいですから有効なアクションです。自分でもフィニッシュに行ける選手ですね。

特にペナルティエリア付近でのワンツーパスからエリア内に進入し、ボールを再び受けてシュートというのはエジルも得意なパターンではないでしょうか。

守備への貢献はいまひとつ

攻撃的センスは文句なしのエジルですが、ディフェンスに関してはあまり得意ではありません。体格的な線の細さも影響しているとは思いますが。

それだけでなく、熱心に守備にも走るという雰囲気がエジルにはあまりありません。もともと気持ちを出すプレーヤーではないので、余計にそう見えてしまいますね。

そういった守備意識の低さも相まって、試合中に「消える」ことも多いです。チームが守勢にまわるとその傾向が強くなる気がします。基本的にはボールに触りたい選手ですからね。

↓美容師あるいはロックミュージシャン風のエジル。

スポンサーリンク

今回のまとめ

今回はアーセナル所属で、元ドイツ代表メスト・エジルのプレースタイルなどを紹介しました。

近年のアーセナルでは本来の実力を発揮できていないような印象もあるエジルですが、チーム自体も上位と少し力の差がありますから仕方なし。

若手が成長してチーム力の底上げがなされれば、エジルも再びパフォーマンスレベルを上げてくれると思います。期待しましょう。

最後までご覧いただきありがとうございました。Adios!