バイエルンで現役引退アリエン・ロッベンのプレースタイル!元オランダ代表

GER

スポンサーリンク

この記事でわかること

今回はバイエルン・ミュンヘンで現役を引退した、元オランダ代表FWのアリエン・ロッベンを記事にしたいと思います。この記事には下に書いている3つの章があります。

選手の経歴では出身地や生まれた年、クラブチームでの活躍さらに代表召集歴をまとめています。選手のプレースタイルではポジションや身長、利き足のほかに得意なプレーや評価などをご紹介。

最後のまとめでは、選手やチームへの期待をひとことで主観的に書いています。まとめの下では同じカテゴリーの記事も案内しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

どうぞ最後までお付き合いください。

(主な参考元: https://www.soccer-king.jp/player/article/416531.htmlhttps://www.transfermarkt.com/arjen-robben/profil/spieler/4360 )

スポンサーリンク

アリエン・ロッベンの経歴

アリエン・ロッベン(Arjen Robben)は1984年の1月、オランダのベドゥムで生まれました。オランダ北部の街のようですね。

アリエン・ロッベンのキャリアは、Wベドゥムという地元チームのユースから始まります。その後フローニンヘンのユースに移籍しました。

フローニンヘンといえば最近は日本人選手も活躍していますね。「フローニンゲン」という表記も見ますが「浮浪人間」みたいで嫌なので、「フローニンヘン」で統一します。

フローニンヘンでトップ登録されたのは2001年1月でした。トップ2年目の2001-02は、エールディヴィジで28試合に出場するなど存在感を見せます。

2004年7月、PSVアイントホーフェンに移籍します。「ペーエスフェー」という発音が現地語に近いみたいです。

オランダの名門チームにおいて、ロッベンは初年度からエールディヴィジ33試合12得点という優れた成績を残しました。翌年もPSVでプレーしたのちに、ロッベンは初の海外移籍に挑戦します。

2004-05からイングランドのチェルシーへ加入。3年間在籍しますが、2年目のプレミアリーグ28試合6得点が一番良い成績でしょうか。

その後2007-08からスペインのレアル・マドリードに移籍します。2年目のラ・リーガ29試合7得点は良かったですが、2年間のプレーでロッベンはスペインを離れました。

ロッベンのキャリアが一番輝いたのは、レアル・マドリードからドイツ一番のメガクラブ、バイエルン・ミュンヘンへ2009年8月に移籍してからです。

移籍初年度の2009-10からブンデスリーガ24試合に出場して16得点を挙げます。なんだかPSV時代に戻ったような素晴らしい成績ですね。

その後もバイエルンの快速ウインガーとして活躍し、2012-13のブンデスリーガとリーグカップ(DFBポカール)、チャンピオンズリーグの3冠達成も経験します。

2012-13のチャンピオンズリーグ決勝はバイエルンとドルトムントの同国対決でした。1-1の同点で迎えた89分、決勝ゴールを挙げたのがこのロッベンだったんですね。

その後もベテランながら精力的にプレーし続けますが、最終的に2018-19終了後、35歳でスパイクを脱ぐことを決断したのです。

引退についてロッベンは「疑いなくキャリアで最も困難な決断だ」と語っています。やっぱり引退は勇気がいるんですね。

オランダ代表にはU-17がから召集されています。A代表ではEURO2004が最初のメジャー大会です。この大会でオランダはベスト4の好成績を残します。

さらに2010ワールドカップ準優勝、2014ワールドカップ3位と輝かしい成績を残します。(EURO2012をグループステージ全敗で敗退したことは触れてはいけない。)

ただ、以降のオランダは世代交代に失敗しEURO2016と2018ワールドカップで予選敗退します。オランダを見たかったな。

スポンサーリンク

アリエン・ロッベンのプレースタイル

欧州屈指の快速ウインガー

そんなアリエン・ロッベンのプレースタイルですが、ポジションはフォワード。主戦場は右ウイングです。利き足は左。いわゆる逆足ウインガーですね。

利き足サイドの左ウイングや、少し下がった位置のサイドハーフも務めます。ただ、一番ロッベンの怖さが出るのは右ウイングではないでしょうかね。

右サイドにいて左足でプレーするメリットは、中央にドリブルでカットインしやすいこととシュートが狙いやすいことがあります。この2つがロッベンの得意技です。

ロッベンはスプリント力にとても優れた選手で、スピードの緩急のつけ方が上手です。ドリブルを遅くしたり速くしたりしながら、サイドから中央にカットインするのがヤらしいプレー。

「キレ」というか一瞬の加速がやはり早いので、ディフェンダーが足を出すと遅れ気味になってファウルになりがちです。

かといって抜かれないように間合いをあけてしまうと強烈なシュートが飛んできます。右サイドから左足で放つインスイングのシュートは、キーパーから逃げる軌道で向かってくるので効果抜群。

このカットイン→インスイングのシュートが、いかにもロッベンらしいプレーでしたね。

爆速カウンターは相手の脅威に

前項のロッベンのプレーの特徴は、チームがボールを保持しているときによく見られます。

ロッベンはスピードがありますから、相手チームからボールを奪ってカウンターを仕掛けるときにもキーマンになります。

ずっと覚えているロッベンのゴールがあります。2014ワールドカップのグループステージ初戦、オランダは前回大会優勝のスペインとの対戦でした。

試合はスペインが先制しますが、オランダはファン・ペルシの「フライング・ダッチマン・ゴール」で追いつきます。

その後オランダがスペインを圧倒しスコアは1-4に。それだけでは終わらず、あるタイミングでオランダの選手が自陣でボールを奪うと、前方へ大きく蹴り出します。

ロッベンがボールを猛追し圧倒的なスピードでディフェンダーを引き離すとボールに追いつき、そのままドリブルしてスペインのゴールに迫ります。

↓スピードのあるセルヒオ・ラモスを引き離し、名手カシージャスを破る。

数少ない弱点はケガ

驚異の攻撃力をもっているロッベンですが、怪我が多いことは数少ない弱点でした。

怪我がなければもうちょっと長くプレーできたのかな、なんて思いますが。でも35歳は引退する年齢としては普通なんでしょうかねぇ。

スピードのあるタイプの選手は、けっこう足に負担がくるのか怪我が多い選手がいますよね。ガレス・ベイルなんかまさにそうです。

スピードを上げる→急激に止まるの繰り返しはやっぱり負担が大きいんですかね。アスリートは身体が命ですから、若いプレーヤーにも気をつけてほしいですね。

↓バイエルン公式のロッベンのゴール集。ほぼ左足インスイングです。最後のゴールが、CL決勝の勝ち越しゴールです。

スポンサーリンク

今回のまとめ

今回はバイエルン・ミュンヘンで現役を引退した、元オランダ代表アリエン・ロッベンのプレースタイルなどを紹介しました。

ロッベンの今後のキャリアはわかりませんが、後進の育成などで優秀なウインガーを育ててくれるとファンとしては嬉しいですね。ロッベンの引退後の活躍にも注目しましょう。

最後までご覧いただきありがとうございました。Adios!

タイトルとURLをコピーしました