フローニンヘンで現役復帰アリエン・ロッベンのプレースタイル!元オランダ代表

GER

スポンサーリンク

この記事でわかること

今回はフローニンヘンで現役復帰した、元オランダ代表FWのアリエン・ロッベンを記事にしたいと思います。この記事には下に書いている3つの章があります。

選手の経歴では出身地や生まれた年、クラブチームでの活躍さらに代表召集歴をまとめています。選手のプレースタイルではポジションや身長、利き足のほかに得意なプレーや評価などをご紹介。

最後のまとめでは、選手やチームへの期待をひとことで主観的に書いています。まとめの下では同じカテゴリーの記事も案内しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

どうぞ最後までお付き合いください。

(主な参考元: https://www.soccer-king.jp/player/article/416531.htmlhttps://www.transfermarkt.com/arjen-robben/profil/spieler/4360 )

スポンサーリンク

アリエン・ロッベンの経歴

アリエン・ロッベン(Arjen Robben)は1984年の1月に、オランダのベドゥムで生まれました。オランダ北部の街のようですね。

ロッベンのキャリアはWベドゥムから始まります。その後フローニンヘンに移籍しました。「フローニンゲン」という表記も見ますがここでは「フローニンヘン」で統一します。

2000-01にフローニンヘンでトップデビュー。2001-02はエールディヴィジで28試合に出場するなど存在感を見せます。

2002-03からPSVアイントホーフェンに加入します。「ペーエスフェー」という発音が現地語に近いみたいですね。1年目からエールディヴィジの33試合で12得点と躍動。

その後2004-05からイングランドのチェルシーへ加入、2007-08にスペインのレアル・マドリードへ移籍します。

ロッベンのキャリアが一番輝いたのは、2009-10にドイツのバイエルンに移籍してからでしょう。1年目からブンデスリーガ24試合に出場して16得点を挙げます。

2012-13には国内リーグ、国内カップ、そしてチャンピオンズリーグの3冠達成も経験します。チャンピオンズ決勝はドルトムントとの同国対決でした。

1-1の同点で迎えた89分、決勝ゴールを挙げたのがこのロッベンだったんですね。

その後は2018-19終了後に引退を発表。引退についてロッベンは「疑いなくキャリアで最も困難な決断だ」と語っています。やっぱり引退は勇気がいるんですね。

ところがロッベンは、2020年6月に現役復帰を発表しました。今後の活躍に期待しましょう。

オランダ代表にはU-17から召集されています。A代表の主要大会はEURO2004から出場。さらに2010W杯で準優勝、2014W杯で3位に入るなど輝かしい成績を残しました。

スポンサーリンク

A・ロッベンのプレースタイル

カットインが得意なウインガー

そんなアリエン・ロッベンのプレースタイルですが、ポジションはフォワード。基本的には右ウイングに入ります。利き足は左のレフティー。

ロッベンの身長は180センチです。なかなかの身長がありますが、彼はスピードと技術で勝負する選手です。

彼の特徴はスピードと、それを上手く使ったドリブルにあります。速さを殺さずにボールを運ぶのが上手な選手です。

まずスピードの緩急のつけ方が上手です。ボールを足先で突っつきながら晒し、ドリブルスピードを遅くしたり速くしたりします。

対峙するディフェンダーの様子をうかがい、機を見てスピードを上げカットインしていくのがロッベンがやるいつものプレーです。

一瞬の加速が早いのでディフェンダーが足を出すと遅れがちです。そのまま置いていかれるかファウルになるか、守りにくいものですね。

かといって抜かれないように間合いをあけてしまうと強烈なシュートが飛んできます。彼のインスイングのシュートは威力抜群。代名詞です。

ペナルティーエリアの向かって右角くらいからゴールの左隅に差してくる、それくらい強烈な回転をかけてきますから完璧にヒットすればキーパーもお手上げです。

高速カウンターも脅威に

前項のロッベンのプレーの特徴は、チームがボールを保持しているときによく見られます。

ロッベンはスピードがありますから、相手チームからボールを奪ってカウンターを仕掛けるときにもキーマンになります。

ずっと覚えているロッベンのゴールがあります。2014ワールドカップのグループステージ初戦、オランダは前回大会優勝のスペインとの対戦でした。

試合はスペインが先制しますが、オランダはファン・ペルシの「フライング・ダッチマン・ゴール」で追いつきます。

その後オランダがスペインを圧倒しスコアは1-4に。それだけでは終わらず、あるタイミングでオランダの選手が自陣でボールを奪うと、前方へ大きく蹴り出します。

ロッベンがボールを猛追し圧倒的なスピードでディフェンダーを引き離すとボールに追いつき、そのままドリブルしてスペインのゴールに迫ります。

↓スピードのあるセルヒオ・ラモスを引き離し、名手カシージャスを破る。

数少ない弱点はケガ

驚異の攻撃力をもっているロッベンですが、怪我が多いことは数少ない弱点でした。

スピードのあるタイプの選手は、けっこう足に負担がくるのか怪我が多い選手がいますよね。ガレス・ベイルなんかまさにそうです。

スピードを上げる→急激に止まるの繰り返しはやっぱり負担が大きいんですかね。アスリートは身体が命ですから、若いプレーヤーにも気をつけてほしいですね。

スポンサーリンク

今回のまとめ

今回はフローニンヘンで現役復帰した、元オランダ代表アリエン・ロッベンのプレースタイルなどを紹介しました。

以前からまだプレーしたそうなコメントを残していたロッベンですが、本当に復帰しました。自分が満足するまで思いっきりプレーして欲しいですね。

最後までご覧いただきありがとうございました。Adios!

タイトルとURLをコピーしました