マンチェスター・シティ所属ニコラス・オタメンディのプレースタイル!アルゼンチン代表

ENG

スポンサーリンク

この記事でわかること

今回はマンチェスター・シティ所属で、アルゼンチン代表DFのニコラス・オタメンディを記事にしたいと思います。この記事には下に書いている3つの章があります。

選手の経歴では出身地や生まれた年、クラブチームでの活躍さらに代表召集歴をまとめています。選手のプレースタイルではポジションや身長、利き足のほかに得意なプレーや評価などをご紹介。

最後のまとめでは、選手やチームへの期待をひとことで主観的に書いています。まとめの下では同じカテゴリーの記事も案内しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

どうぞ最後までお付き合いください。

(主な参考元: https://www.soccer-king.jp/player/article/419532.htmlhttps://www.transfermarkt.com/nicolas-otamendi/profil/spieler/54781 )

スポンサーリンク

ニコラス・オタメンディの経歴

ニコラス・オタメンディ(Nicolas Otamendi)は1988年の2月、アルゼンチンのブエノスアイレスで生まれました。同国の首都であり、東部の海沿いにある都市です。

オタメンディはサッカーとボクシングに励みながら少年時代を過ごしました。彼の強靭な身体はボクシングをやっていたことも大きく関係していそうですね。

サッカーでキャリアを作っていくことを決めたオタメンディはブエノスアイレスのチーム、ベレス・サルスフィエルドに入団します。

2008-09にトップデビューを飾り、そのシーズンはリーグ戦で18試合に出場。翌年は19試合に出場します。実力をつけてきたオタメンディは2010年8月にポルトへ移籍しました。

ポルトガル屈指の強豪においてオタメンディは、移籍した2010-11にリーグ戦15試合5得点という成績を残します。駆け出しのストライカーみたいな得点力ですな。

3年目の2012-13はリーグ戦29試合に出場します。定位置を確保していたと言えるのではないでしょうか。ただ2014年2月にブラジルのアトレチコ・ミネイロへローン移籍することに。

ローン期間が終了した後、2014-15からスペインのバレンシアへ加入します。すると早速チームにフィットし、2014-15はラ・リーガの35試合に出場

2015-16からイングランドのマンチェスター・シティに加入します。バレンシアと同じようにすぐフィットし、1年目と2年目はプレミアリーグで30試合に出場。

2017-18はプレミアリーグ34試合に出場しリーグ優勝に貢献しました。2018-19もシティはリーグ優勝して連覇を達成しましたが、オタメンディ自身は出場機会を減らしています。

アルゼンチン代表として、A代表の主要大会は2010ワールドカップから出場しています。その後、しばらく招集されない期間が続きました。

コパ・アメリカ2015と2016あたりから復活。2018ワールドカップやコパ・アメリカ2019でもフル稼働していましたね。

スポンサーリンク

N・オタメンディのプレースタイル

フィジカルに強さがあるDF

そんなニコラス・オタメンディのプレースタイルですが、ポジションはディフェンダー。近年は主にセンターバックを務めます。利き足は右

かつては右サイドバックにも入っていました。今は中央が板に付いているので、サイドバック姿を見られたらラッキーでしょう。

オタメンディの身長は183センチです。世界で活躍するセンターバックの中ではそれほど大きい選手ではありません。もちろん小さいというほどではありませんが。

その身長を補うほどにオタメンディは厚みのある体格をしており、フィジカルコンタクトには非常に強いプレーヤーです。そこが彼のストロングポイントですね。

ヘディングの競り合いは、高さで勝てなくても相手に強く身体を当てて自由にさせないというパターンをよくとります。そのため身長以上に競り合いに強いです。

空中で接触するとバランスを崩し、ヘディングシュートを上手くコントロールできなくなりますね。オタメンディならではの、強さを生かした対応です。

加えて、地上戦でも非常にハードなタックルを繰り出します。相手のボールホルダーを肩で当たって吹き飛ばすくらいは余裕です。

スライディングも深く、ボールを相手の足ごと刈り取るような球際の激しさには南米らしいハードさを感じます。

そのあたりの接触プレーを好んでいるかのようなデュエルの強さを備えるセンターバックは、そうそういるものではありません。

スピードに優れたタイプではないと思いますが、相手ドリブラーなどへの対人戦はパワーで押し切ることができます。

得点数もなかなか多い

フィジカルコンタクトへの強さが魅力のオタメンディですから、もちろん攻撃のセットプレーにおけるヘディングも得意にしています。

オタメンディは身体の強さがある上にクロスへの入り方が上手なようで、良いクロスボールが入ってくれば、高確率で頭に当ててくれます。

そういったヘディングの強さから得点も多めのディフェンダーです。2014-15はリーグ戦で6得点を挙げています。これはとても立派な数字ですね。

キックの精度はまずまず

昨今は後方からのフィードキックが上手いディフェンダーが評価される傾向にありますね。センターバックかサイドバックかによらず。

オタメンディは長距離のパスをひっきりなしに繰り出すタイプではないと思いますが、さほどキックの質が悪いわけではありません。

センターバックを組む相棒がフィードキック得意なのであれば、ショートパスを無難にまわすことができます。時折、良い縦パスも通しますね。

勝負を急ぐ傾向がある

ハードな守備が売りのオタメンディは、ボールに猛チャージできるのが持ち味でしょう。ところが時にはそれがマイナスに働きます。

ボールに食い付くあまり軽率にタックルし、入れ替わられることが決して少なくありません。我慢できるタイプのディフェンダーではないでしょう。

また、プレースタイルからも想像できるように気性が荒いところがあります。イライラしてくるとプレーがラフになってきますね。

2018ワールドカップでは対戦相手のイバン・ラキティッチが倒れているところにボールを蹴り込む愚行を犯していましたね。もうやめてね。

スポンサーリンク

今回のまとめ

今回はマンチェスター・シティ所属で、アルゼンチン代表ニコラス・オタメンディのプレースタイルなどを紹介しました。

シティで主力選手として最終ラインを支えてきたオタメンディですが、若手選手の台頭もあって2018-19は出場機会を減らしていましたね。

ベテランの味というものを発揮して、この苦しい状況を乗り越えていってほしいですね。去就も含めてオタメンディの今後に注目しましょう。

最後までご覧いただきありがとうございました。Adios!

タイトルとURLをコピーしました