マンチェスター・シティ所属リヤド・マフレズのプレースタイル!アルジェリア代表

ENG

スポンサーリンク

この記事でわかること

今回はマンチェスター・シティ所属で、アルジェリア代表フォワードのリヤド・マフレズを記事にしたいと思います。この記事には下に書いている3つの章があります。

選手の経歴では出身地や生まれた年、クラブチームでの活躍さらに代表召集歴をまとめています。選手のプレースタイルではポジションや身長、利き足のほかに得意なプレーや評価などをご紹介。

最後のまとめでは、選手やチームへの期待をひとことで主観的に書いています。まとめの下では同じカテゴリーの記事も案内しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

どうぞ最後までお付き合いください。

(主な参考元: https://www.soccer-king.jp/player/article/418626.htmlhttps://www.transfermarkt.com/riyad-mahrez/profil/spieler/171424 )

スポンサーリンク

リヤド・マフレズの経歴

リヤド・マフレズ(Riyad Mahrez, رياض محرز )は1991年の2月に、フランスのサルセルで生まれました。彼はフランスとアルジェリアの二重国籍です。

ちなみにエティハド・スタジアムのDJの呼び方を聞くいてみると、英語的には「マァレズ」みたいに呼んでいるようです。

マフレズは少年期の2004年から2009年までAASサルセルに所属していて、その後カンペール・ケルファントゥンFCに移籍します。

2010-11にル・アーブルへ加入しました。当初はBチームへの加入で、翌シーズンにトップデビュー。2011-12は2部のリーグ2で9試合に出場しています。

2012-13に一気にブレイクしまして、リーグ2の34試合に出場して4得点を挙げる活躍。チームの主力になると、2013-14は冬の移籍市場までに同17試合に出場しました。

2013-14の後半からイングランドのレスターに移籍。2部チャンピオンシップの後半戦で19試合に出場するなど、英国サッカーにもすぐ適応して見せましたね。

2014-15は1部に昇格したレスターの主軸になり、プレミアリーグ30試合に出場。2015-16は同37試合に出場して17得点を挙げる大活躍で、ミラクル・レスターと呼ばれるリーグ優勝に貢献。

上記の活躍でPFA年間最優秀選手賞を受賞します。ただ、以降は移籍の希望がクラブに拒否されて練習を欠席するなどマフレズの周囲は微妙な空気に。

その後、晴れて2018-19にマンチェスター・シティへ移籍します。1年目はプレミアリーグで27試合7得点となかなか。さらなる活躍が期待されますね。

アルジェリア代表の主要大会には2014ワールドカップから出場しています。アフリカネーションズカップ2019では優勝も経験しています。

スポンサーリンク

R・マフレズのプレースタイル

切れ味あるドリブルが強力

そんなリヤド・マフレズのプレースタイルですが、ポジションはフォワード。主に右ウイングを担当します。利き足は左のレフティー。

利き足とは逆の右サイドに入ることが多い選手ですが、利き足側の左ウイングや攻撃的ミッドフィルダーにも対応します。

マフレズの身長は179センチです。なかなかのサイズがありますがクロスボールを上げることの方が多いので、身長を生かすのは守備時などでしょうか。

マフレズは非常にテクニカルな選手で、身体能力よりも足下の技術で押していく選手という印象が強いです。そのボールコントロールはかなりのもの。

極端な足の速さはないと思いますが、スピードの緩急やキレでドリブルを仕掛けるのが彼の得意技です。右サイドから中央へのカットインが十八番ですね。

細かいドリブルのタッチでディフェンダーの足を避けながら進み、シュートやパス、浮き球のクロスなどを選択します。

中央方向にカットインしてくるのでシュートの選択があるのが相手としては厄介でしょうね。

また、マフレズはトリッキーなフェイントも得意としています。鋭いターンや切り返しなどは朝飯前でしょう。

キックフェイントやシザーズから始まり、さらにはエラシコなどの高等テクニックも披露してくれますから彼のスキルがうかがえます。

比較的ボールは足下で受ける

上記のようにマフレズのボールテクニックは特筆すべきものがあります。右サイドからの仕掛けはどのディフェンダーも神経を使うことでしょう。

それだけ技術があるので、オフザボールの動きを使ってスペースでボールを受けるよりは足下でボールを受ける傾向が強い印象です。

マフレズなりの美学があるのか自分の持ち味を最大限に発揮できるのか。もちろん時にはフリーランニングで裏抜けを試みますが、好きなのは足下の方でしょう。

得点力もチャンスメイクも良い

マフレズのテクニックはドリブルだけでなく、キックの精度にもあらわれています。得点に直結する動きも見事なウインガーですね。

2015-16はリーグ戦で17ゴール10アシスト、2017-18は同12ゴール11アシストを記録しています。視野が広くてアシストも多いことがわかります。

ドリブルで仕掛けながらも味方の動き出しを確認し、ズバッとチャンスメイクのパスを出すことができていますね。

さらに、キックの精度を存分に生かした直接フリーキックも得意にしています。流れの中でゴールにプッシュするだけでなく飛び道具も持ち合わせている、マフレズは怖い選手です。

スポンサーリンク

今回のまとめ

今回はマンチェスター・シティ所属でアルジェリア代表、リヤド・マフレズのプレースタイルなどを紹介しました。

実況解説を聞くと、シティ1年目である2018-19のパフォーマンスはマフレズにしてみれば取り立てて良くはなかったとされています。ペップ監督の戦術は体現するのが大変ですから。

その中でもマフレズは徐々にチームへフィットしてプレータイムを増やしていますから、今後のさらなるブレイクにも期待がかかりますね。

最後までご覧いただきありがとうございました。Adios!

タイトルとURLをコピーしました