パリ・サン=ジェルマン所属エディンソン・カバーニのプレースタイル!ウルグアイ代表

FRA

スポンサーリンク

この記事でわかること

今回はパリ・サン=ジェルマン所属で、ウルグアイ代表FWのエディンソン・カバーニを記事にしたいと思います。この記事には下に書いている3つの章があります。

選手の経歴では出身地や生まれた年、クラブチームでの活躍さらに代表召集歴をまとめています。選手のプレースタイルではポジションや身長、利き足のほかに得意なプレーや評価などをご紹介。

最後のまとめでは、選手やチームへの期待をひとことで主観的に書いています。まとめの下では同じカテゴリーの記事も案内しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

どうぞ最後までお付き合いください。

(主な参考元: https://www.soccer-king.jp/player/article/416326.htmlhttps://www.transfermarkt.com/edinson-cavani/profil/spieler/48280 )

スポンサーリンク

エディンソン・カバーニの経歴

エディンソン・カバーニ(Edinson Cavani)は1987年の2月に、ウルグアイのサルトで生まれました。ウルグアイの中でもかなり西にあり、アルゼンチンとの国境沿いの街です。

カバーニは地元サルトのクルブ・ナシオナルやクルブ・ペニャロールといった様々なチームのユースで活動していました。

その後2000年に首都モンテビデオのチーム、ダヌービオFCへ加入し2006年1月にトップデビューしています。ダヌービオのトップではおよそ1年間にわたってプレー。

2007年1月にイタリアのパレルモへ加入しました。あのピンクのユニフォームが印象的なチームです。2007-08にはすぐにフィットし、セリエAで33試合に出場。

2008-09はイタリア2年目にもかかわらず、セリエAの35試合で14得点を記録する活躍。翌年の2009-10も34試合で13得点と継続性もなかなか。

ちなみにパレルモは財務不正のせいで2019-20からセリエCに降格。悲しい。

2010-11に期限付きでナポリへ加入。すぐに主力として定着するとセリエAで35試合26得点のブレイク。2011-12開幕前にはナポリへ完全移籍します。

ナポリ3年目の2012-13は、セリエAで34試合に出場して29得点の大活躍。ディフェンスが堅いチームが多いイタリアでこれはすごい。

2013-14からフランスのパリ・サン=ジェルマンに加入。初年度から出場機会を得てリーグ1の30試合に出場すると、2014-15には35試合で18得点。

4年目の2016-17には、リーグ1で36試合35ゴールというモンスター級の成績を残しました。あとはチャンピオンズリーグで勝ち進めると文句なしなんですけどね。

ウルグアイ代表にはU-20から招集されています。A代表の主要大会は2010ワールドカップから出場し、ベスト4進出に貢献しました。

2018ワールドカップはベスト8まで進みました。ベスト16で対戦したポルトガル戦は2ゴールの活躍。さすがカバーニ。

スポンサーリンク

エディンソン・カバーニのプレースタイル

多彩な得点パターンを誇るCF

そんなエディンソン・カバーニのプレースタイルですが、ポジションはフォワード。本職は中央に位置取るセンターフォワードです。利き足は右

フォワードの中でも左右に開いた位置のウイングにも対応します。たた、クロスへの合わせ方なんかを考えると中央にいる方が怖い選手ではないでしょうか。

カバーニの身長は186センチです。ゴール前でディフェンダーと戦う上で十分なサイズがあり、それに加えて厚みのある身体をしています。

このようにカバーニはフィジカル能力に優れている選手ですね。屈強な身体を有しているため、接触に強くボディバランスも良いです。

やはりその強さを生かしたヘディングが得意です。強引に相手ディフェンダーの前に身体を入れ、ヘディングシュートに持ち込むことができます。

このクロスボールへの入り方も上手で、守備側の視野から消えるような動き方をよく見せます。こういった相手選手との駆け引きもカバーニの特徴ですね。

駆け引きで言うと、ディフェンダーの裏に抜けるプレーも得意にしています。クロスボールやスルーパスにいち早く反応してボールを受け、決定機を作り出します。

相手キーパーとディフェンダーの間に入ってくるアーリークロスに足先で合わせるワンタッチシュートシュートは、守備側も抵抗しづらいカバーニの得意技ですね。

ヘディングやダイレクトで打つシュートが上手いカバーニですが、ボールが足下にあるときのシュートも強力なものを持っています。

ゴール付近ではもちろんのこと、カバーニはエリア外からでも隙があればシュートを狙ってきます。右足からの巻いたミドルシュートは威力十分

コパ・アメリカ2019の日本戦でも強烈なシュートを打ってました。2017-18リーグ1の第10節、アウェイでのマルセイユ戦でも印象的なゴールを決めています。

2-1でリードされている中、パリは退場者を出して数的不利。ところが終了間際にエリア左手前からカバーニが美しい直接フリーキックを決め、パリが土壇場で同点に追いつきました。

カバーニは苦しい状況でも頼りになるストライカーです。

献身的な守備もいとわない

ストライカーとして魅力がたくさんあるカバーニですが、チームのためにプレーする献身性も持ち合わせています。

前線から相手ボールホルダーに寄せるなど守備でも汗をかける選手のため、味方の守備陣も助かっていることでしょう。

点が取れるストライカーはわりと守備を免除されることも多いですが、カバーニのこういう姿勢は若手の見本になります。

身体的なサイズと強さもあるため、相手セットプレー時のディフェンスでもカバーニがいてくれると心強いのではないでしょうか。

イージーすぎるシュートは苦手

ストライカーとして得点を量産するカバーニ。その意外な(といってもよく言われる話ですが)弱点はイージーショットをけっこう外すことです。

どフリーだったり、ゴール前で押し込むだけのシュートをふかして枠を外すシーンが案外目立ちます。ゴール前で考えすぎるタイプなんでしょうか。

反対に難度の高いボレーやミドルシュートをいとも簡単に沈めますし、守備にも走ってくれるのでご愛嬌。ファン人気は高いと思います。

↓おしゃれなカバーニ。ロン毛もセクシー。

スポンサーリンク

今回のまとめ

今回はパリ・サン=ジェルマン所属で、ウルグアイ代表エディンソン・カバーニのプレースタイルなどを紹介しました。

国内リーグでは圧倒的な強さを誇るも、2018-19はリーグ1の1冠にとどまったパリ。資金力と選手層はフランス随一のため、せめて国内タイトルは独占したいところ。

2019-20こそはパリがフランスの国内タイトルを独占し、欧州の舞台でもトロフィーを獲得できるでしょうか。カバーニの得点量産にも期待しましょう。

最後までご覧いただきありがとうございました。Adios!

タイトルとURLをコピーしました