チェルシー所属エンゴロ・カンテのプレースタイル!フランス代表

ENG

スポンサーリンク

この記事でわかること

今回はチェルシー所属で、フランス代表ミッドフィルダーのエンゴロ・カンテを記事にしたいと思います。この記事には下に書いている3つの章があります。

選手の経歴では出身地や生まれた年、クラブチームでの活躍さらに代表召集歴をまとめています。選手のプレースタイルではポジションや身長、利き足のほかに得意なプレーや評価などをご紹介。

最後のまとめでは、選手やチームへの期待をひとことで主観的に書いています。まとめの下では同じカテゴリーの記事も案内しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

どうぞ最後までお付き合いください。

(主な参考元: https://www.soccer-king.jp/player/article/418088.htmlhttps://www.transfermarkt.com/ngolo-kante/profil/spieler/225083 )

スポンサーリンク

エンゴロ・カンテの経歴

エンゴロ・カンテ(N’golo Kante)は1991年3月に、フランスのパリで生まれました。シャイなカンテですが実は都会っ子だったんですね。ちなみにマリ国籍も持っています。

カンテのサッカーキャリアは、JSシュレーヌのユースから始まります。2001年から2010年まで在籍。その後USブローニュに移籍します。

ブローニュBチーム在籍時の2011-12にはトップチームにも召集され、リーグ2で1試合の出場経験があります。

2012-13にブローニュでトップ登録。2012-13は3部でリーグ戦37試合に出場します。ルーキーながら、かなり期待されていたことがわかります。

2013-14からSMカーンに移籍。1年目からリーグ2で38試合に出場し、2014-15にはトップリーグのリーグ1でも37試合に出場。ここで名声を高めたんですね。

2015-16にイングランドのレスター・シティへ加入しました。2015-16にレスターはリーグ優勝を達成。カンテもプレミアリーグの37試合に出場して多大に貢献しました。

2016-17にチェルシーへ移籍。ここでも移籍した年に優勝し、異なるクラブで2年連続でリーグ優勝を達成したことになりますね。

チェルシーでのデビューシーズンからプレミアリーグ35試合に出場しているカンテは、以降もフル稼働で主力としてプレー。2018-19はヨーロッパリーグ優勝を達成しています。

フランスA代表の主要大会は、自国開催のEURO2016から出場しフランス代表の準優勝に貢献しています。2018ワールドカップでも活躍し、決勝では調子を落として途中交代するも優勝を達成。

スポンサーリンク

N・カンテのプレースタイル

小柄ながら優れたボールハンター

そんなエンゴロ・カンテのプレースタイルですが、ポジションはミッドフィルダー。本職は中央のセンターハーフです。利き足は右

フォーメーションによってはより守備的ミッドフィルダーとも捉えられます。また、前めの攻撃的ミッドフィルダーにも対応。

カンテの身長は168センチです。サッカー選手だけでなく、一般人としても小柄な部類ですね。横幅があってガッチリしている方でもないと思います。

ところが、体格的アドバンテージがないにもかかわらずカンテは中盤で圧倒的な存在感を発揮します。カンテの特徴は、中盤で見せるディフェンス能力です。

小柄なこともあり、まともに相手と肩でぶつかっていくよりボールそのものを突っつく技術に優れています。このボール奪取能力が非常に優秀です。

寄せてボールを奪いに行く、あるいはコースを限定するだけにするといった判断能力も見事。軽率なプレーが目立ちません。フェイントに引っかからずに我慢ができる選手です。

また、読みをきかせたインターセプトも上手です。これは状況判断と予測する能力に優れているからなせる技ですね。人間が走るよりボールが転がる方が当然速いので。

カンテは周囲の状況を見てパスが入ってしまうと危険な位置にいる相手選手を把握しているため、これほど効率的にボールを回収できるんですね。

この危険な位置を見つけて即座に消そうとするカンテの危機察知能力は、引いて守る時もカウンターを防ぐときも非常に重要です。

運動量が非常に豊富

カンテは中盤の真ん中に位置することが多いですから、攻守への高い貢献を求められます。自陣から敵陣の深い位置までカバーしなければなりません。

彼は試合を通して動き続ける圧倒的なスタミナを備えています。涼しい顔でピッチを試合終了まで走り回ってくれますから、頼もしい限りです。

リーグ戦にカップ戦、ヨーロッパのコンペティション、代表の過密日程でも運動量を発揮し続けられる選手は限られていますから貴重な存在です。

パスは地味ながら堅実

中盤での守備に素晴らしい能力を発揮してくれるカンテです。派手さはありませんが、攻撃でもチームのために働いてくれています。

ドリブルによって個人で打開したり鮮やかなスルーパスを披露することが多いわけではありませんが、ショートパスの繋ぎは安定しています。

守備力に優れたカンテは自分自身でボールを奪うことが当然多いです。その後はカンテからパスが展開されることになりますから、堅実なパスさばきは重要な能力ですね。

攻撃の引き出しも広がっている

チェルシーでサッリ監督やジョルジーニョとのプレーを経験し、カンテは以前にメインだった守備的ミッドフィルダーより攻撃的な位置でプレーすることが多くなりました。

それによりカンテは得点に関与する機会がさらに増加したと言えますね。サイドの深い位置に進入することも珍しくありません。

パスの正確性から想像できるように、ミドルシュートの精度もなかなか。頻繁にチャレンジするわけではないからといってマークを緩めると強烈なシュートが飛んでくるでしょう。

スポンサーリンク

今回のまとめ

今回はチェルシー所属で、フランス代表エンゴロ・カンテのプレースタイルなどを紹介しました。

世界屈指のディフェンス能力を持つミッドフィルダーであるカンテは、攻撃面での貢献も増やしつつあります。

クラブシーンのみならずフランス代表としてもトロフィーをさらに獲得していきそうですから、この小柄なハードワーカーからはより一層目が離せませんね。

最後までご覧いただきありがとうございました。Adios!

タイトルとURLをコピーしました