トッテナム所属ハリー・ケインのプレースタイル!イングランド代表

イングランド・プレミアリーグ

スポンサーリンク

この記事でわかること

今回はトッテナム所属で、イングランド代表FWのハリー・ケインを記事にしたいと思います。この記事には下に書いている3つの章があります。

選手の経歴では出身地や生まれた年、クラブチームでの活躍さらに代表召集歴をまとめています。選手のプレースタイルではポジションや身長、利き足のほかに得意なプレーや評価などをご紹介。

最後のまとめでは、選手やチームへの期待をひとことで主観的に書いています。まとめの下では同じポジションで活躍する選手の記事も案内しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

どうぞ最後までお付き合いください。

スポンサーリンク

ハリー・ケインの経歴

ハリー・ケイン(Harry Kane)は1993年の7月に、イギリス(イングランド)のロンドンで生まれました。ロンドンボーイってやつです。

ケインの父親はアイルランドのゴールウェイ生まれのため、アイルランド代表を選択することもできたんだとか。

少年期のケインは様々なクラブのアカデミーを渡り歩いていました。ロンドンのリッジウェイ・ローバーズからアーセナル、ワトフォードなど。

2004年からトッテナムのアカデミーに入ります。その後2011年にトッテナムのトップチームへ登録されましたが、そのままレイトン・オリエントにローン移籍。

2010-11の残りは2011年1月からの半年間でしたが、ケインはリーグワン(3部相当)で18試合5得点を記録しました。なかなかの成績ではないでしょうかね。

2011-12はミルウォール、2012-13はノリッジやレスターにて引き続き期限付き移籍で武者修行に励みます。本格的にスパーズ(トッテナムのこと)へ復帰したのは2013-14からです。

2014-15はスパーズでポテンシャルを発揮。プレミアリーグで34試合21得点の大活躍。以降のシーズンもさらにゴールを量産していきます。

2016-17はプレミアリーグ30試合で29ゴールと鬼のような活躍で、スパーズのリーグ2位フィニッシュをけん引しました。2017-18はついにリーグ戦30得点の大台へ乗せます。

スパーズがチャンピオンズリーグ決勝まで進んだ2018-19は、シーズン佳境での負傷が影響し欠場がかさみました。本人としては不本意なシーズンだったでしょうね。

イングランド代表にはU-17から招集されています。A代表の主要大会はEURO2016から出場していますが、無得点に終わります。

2018ワールドカップは一転して活躍。大会6得点で得点王になり、ゴールデンブーツを受賞します。グループステージでの固め取りが効きました。

スポンサーリンク

ハリー・ケインのプレースタイル

シュートの威力と精度は抜群

そんなハリー・ケインのプレースタイルですが、ポジションはフォワード。ほとんどの場合で中央のセンターフォワードです。利き足は右

ケインは身長が188センチとかなり大きい選手ですね。もちろんサイズを生かしたプレーもありますが、体格に依存しないプレーも魅力的です。

特に足下のテクニックに優れており、キックの精度は非常に高いものがあります。その精密なキックでケインは得点を量産するんですね。

エリアの中では正確なシュートでゴールの隅を突くことができますし、距離があったとしても良いコースに強いボールを蹴り込みます。

ケインはセンターフォワードタイプの選手でありながら、ミドルシュートも果敢に狙っていきます。そのあたりの積極性も得点力に繋がっているのでは。

また、PKでも強いパワーボールを蹴るのも特徴ですね。それだけキックに自信があるのでしょう。

↓どの位置でもキーパーとゴールを見ているのはストライカーのお手本。

加えて、ボディバランスに優れていることが影響していると思いますが苦しい体勢からでも枠にシュートを飛ばす泥臭さにも似たプレーも得意です。

相手に身体をぶつけられてもシュート精度が狂いにくい印象があります。ストライカーたるもの、接触でぶれないことは大事です。

シュート技術の高さから、ボレーも上手ですね。ダイレクトでボールに合わせるのは難しいですが、ケインはさほど苦にしていないのではないでしょうか。

もちろん、長身を生かしてヘディングでもゴールを陥れることができます。ケインの得点パターンの多さは世界トップクラスと言って差し支えないでしょう。

なおかつ、ゴール前での冷静さも際立っています。キーパーの立ち位置を見極めた上でシュートコースを選択する余裕が見てとれますね。

体格を生かしたポストプレー

ケインの身長はお伝えしたとおり188センチです。彼はそれに加えて身体の強さも持ち合わせています。接触にも耐性がありますね。

その強さを生かしたポストプレーも大得意にしています。ゴールを背にした状態で味方からボールを受けて、背中でディフェンダーをブロックするプレーは十八番と言えます。

単純にチームがボールを保持できるという利点がありますが、味方が動く時間を作ることができるので戦術の幅も広がります。

特に味方キーパーやディフェンダーからのフィードキックをケインが足下でキープしてくれるプレーは、それがあってこそ攻撃が始まるとさえ言えるのかもしれません。

ピッチを幅広く動く

センターフォワードのケインはゴールの近くに位置取る時間も長いですが、低い位置に下りてきて組み立てに参加することも結構あります。

中盤で数的優位を作った方が当然前線までボールが通ってきやすくなりますから、ケインのこのプレーが攻撃を潤滑にしています。

中盤に下りてきてボールを受け、サイドにさばいて前線に戻る。そんなプレーをすると相手ディフェンスが乱れやすくなりますよね。献身的で、なおかつ効果的だと思います。

スポンサーリンク

今回のまとめ

今回はトッテナム所属で、イングランド代表ハリー・ケインのプレースタイルなどを紹介しました。

2018-19のスパーズはチーム史上初めてチャンピオンズリーグの決勝へ進みましたが、終盤以降でしかチャンスを作れず無得点で敗れました。

ケインはそれほど怪我が多い選手ではないと思いますが、健康に過ごしてもらってチャンピオンズリーグ優勝をエースとしてけん引してほしいですね。ハリー・「けいん」だけに。

最後までご覧いただきありがとうございました。Adios!

↓同じくセンターフォワードで活躍する選手です。コチラもどうぞ!

記事参考元: https://www.soccer-king.jp/player/article/416453.htmlhttps://www.transfermarkt.com/harry-kane/profil/spieler/132098https://www.transfermarkt.com/harry-kane/nationalmannschaft/spieler/132098