リバプール所属モハメド・サラーのプレースタイル!エジプト代表

イングランド・プレミアリーグ

スポンサーリンク

この記事でわかること

今回はリバプール所属で、エジプト代表FWのモハメド・サラーを記事にしたいと思います。この記事には下に書いている3つの章があります。

選手の経歴では出身地や生まれた年、クラブチームでの活躍さらに代表召集歴をまとめています。選手のプレースタイルではポジションや身長、利き足のほかに得意なプレーや評価などをご紹介。

最後のまとめでは、選手やチームへの期待をひとことで主観的に書いています。まとめの下では同じカテゴリーの記事も案内しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

どうぞ最後までお付き合いください。

(主な参考元: https://www.soccer-king.jp/player/article/417966.htmlhttps://www.transfermarkt.com/mohamed-salah/profil/spieler/148455 )

スポンサーリンク

モハメド・サラーの経歴

モハメド・サラー(Mohamed Salah, محمد صلاح ←一応現地表記も)は1992年の6月、エジプトのバシヨンで生まれました。首都カイロから北の、より地中海に近い街です。

サラーは2006年からアラブ・コントラクターズというエジプトのクラブのユースに所属していました。2009-10シーズンの途中、トップチームに登録されています。

2年目はリーグ戦20試合で4得点、3年目は15試合7得点を記録。3年目の得点率はけっこう良いですね。ここで注目を集めたか、2012-13シーズンからスイスのバーゼルに加入します。

スイスの名門ですよね。初年度からリーグ戦29試合に出場して存在感を発揮。今度はイングランドのチェルシーがサラーに目を付け、2014年1月にチェルシーへ移籍します。

ただチェルシーではフィットできず、在籍通算でリーグ戦13試合の出場にとどまりました。2015年1月からイタリアのフィオレンティーナ、2015年8月からはローマにレンタルで加入します。

このイタリア生活が良かったのか、フィオレンティーナでは半年間でリーグ戦16試合出場6得点。ローマではブレイクを果たし34試合の出場で14得点を記録。守備の国イタリアでこりゃすごい。

2016-17シーズンからはローマに完全移籍で加入し、この年もリーグ戦31試合15得点と活躍。このローマでの活躍により、サラーはイングランドにカムバックすることに。

2017-18シーズンからリバプールに加入。ローマ時代よりも中央寄りでプレーできたことから得点能力が爆発。この年リーグ戦36試合32得点と脅威の決定力を発揮。モー、すごい。

チャンピオンズリーグも決勝まで進みますが、セルヒオ・ラモスとの交錯で無念の負傷交代。翌シーズンもリバプールのエースとして活躍し、リーグ2位とチャンピオンズリーグ優勝を成し遂げました。

エジプト代表ではU-20から召集されています。A代表では、主要大会はアフリカカップ2017から参加しています。同大会では全試合出場で準優勝に貢献。

2018ワールドカップとアフリカカップ2019も出場しますが、わりと早い段階でエジプトは敗退しています。

スポンサーリンク

モハメド・サラーのプレースタイル

エジプトが世界に誇る韋駄天

そんなモハメド・サラーのプレースタイルですが、ポジションはフォワードで主に右ウイングを務めます。チーム状況によっては中央や左ウイングに入ることも。

サラーの利き足は左です。左足で右サイドが主戦場の、いわゆる逆足ウインガーなんですね。このスタイルだと、中央にカットインしてからのクロスやシュートが打ちやすいです。

サラーの身長は175センチで、サイズに特徴はありません。ただ、彼は地上戦ではそのスピードで猛威を振るいます。モーだけに。(サラーの愛称)

サラーはボールを持っていてもそうでなくても関係なく、かなり足が速いです。高さはないサラーですが、このスピードで十二分に勝負を仕掛けることができます。

ボールを持っているときは、利き足が左なので左方向に進路をとっていくことが多いです。メインのポジションが右ウイングなので、よりゴールに近づいていくことになりますね。

スピードを生かしたこのカットインのドリブルは、相手ディフェンダーにとってはかなりの脅威です。止めようとすると、左側また左側とどんどん逃げられてしまします。

そこからの左足キックで、パスで展開したりシュートしたりするのがサラーは得意ですね。

また、スピードを生かしてディフェンスラインの裏に抜けるのも良いですね。一度抜け出されると追いつくのは至難の業です。

引っ張られても止まらない強さ

韋駄天と形容したくなるほどのスピードを持ったサラー。ただ、早いだけでなくかなり力強い推進力があります。モー、強いんです。

前述のとおりサイズはあまりないサラーですが、おそらく体幹をかなりトレーニングしているんだと思います。ユニフォームを引っ張られても肩でチャージを受けても倒れません。

この強さもあってサラーのドリブルはより脅威なんですね。ディフェンダーに肩でチャージを受けて潰されるドリブラーはたくさんいますが、サラーほど強さのあるドリブラーは少ないのではないでしょうか。

左足からのシュートも見事

スピードとパワーがとても良いサラーは、得点を量産するだけあってシュートの技術も高いですね。精度も威力も十分です。そしてゴール前でも冷静ですからなお良し。

右サイドからカットインして打つサラーの左足シュートは、ニア側への強いボールもファー側への巻いたシュートもGOOD。

なおかつゴール前でより良い状況の味方選手を使う余裕もあります。リバプールの超強力3トップ、サラー・マネ・フィルミーノは利他的な高連携を見せてくれますよね。

その中でもファーストチョイスはサラー、ということになるんだと思います。攻撃だけでなく守備意識も高いこのトリデンテはまさにアンストッパブル。

スポンサーリンク

今回のまとめ

今回はリバプール所属で、エジプト代表モハメド・サラーのプレースタイルなどを紹介しました。

2シーズン連続でチャンピオンズリーグ決勝まで残り、2018-19シーズンは優勝したリバプール。2019-20シーズンはもちろん連覇を狙います。

マンチェスター・シティやトッテナムも強烈ですが、国内でもタイトルを総なめにする可能性はあります。それにはサラーのゴールラッシュが期待されますね。行け、モー。

最後までご覧いただきありがとうございました。Adios!