レアル・マドリード所属ラファエル・ヴァランのプレースタイル!フランス代表

スペイン・リーガエスパニョーラ

スポンサーリンク

この記事でわかること

今回はレアル・マドリード所属で、フランス代表DFのラファエル・ヴァランを記事にしたいと思います。この記事には下に書いている3つの章があります。

選手の経歴では出身地や生まれた年、クラブチームでの活躍さらに代表召集歴をまとめています。選手のプレースタイルではポジションや身長、利き足のほかに得意なプレーや評価などをご紹介。

最後のまとめでは、選手やチームへの期待をひとことで主観的に書いています。まとめの下では同じカテゴリーの記事も案内しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

どうぞ最後までお付き合いください。

(主な参考元: https://www.soccer-king.jp/player/article/416618.htmlhttps://www.transfermarkt.com/raphael-varane/profil/spieler/164770 )

スポンサーリンク

ラファエル・ヴァランの経歴

ラファエル・ヴァラン(Raphael Varane)は1993年4月に、フランスのリールで生まれました。

リールはフランスの中でもかなり北で、ベルギーとの国境付近にある街なんですね。きっとベルギーワッフルを食べて育ったに違いない。(確信)

ヴァランは、フランスのASイレームというチームの下部組織に当初所属していました。イレームはリールの中にある街です。

その後ランスへ2010年に加入したところから、一気にステップアップを果たします。ランスはレンヌから南西の街で、けっこう近い場所ですね。

当初加入したのはランスU-19のチームでしたが、加入した2010-11シーズンにトップデビューを果たし、リーグ戦で23試合に出場します。相当評判がよかったんですね。

噂が広まってか、ヴァランは2011年7月スペインのレアル・マドリードへ移籍します。加入当初はそこまで出場機会が多かったわけではありません。

2014-15シーズンあたりから出場機会を増やすと、主力として定着します。その後はチャンピオンズリーグ3連覇にも大きく貢献しています。

フランス代表としてはU-18から召集されています。A代表としての最初のメジャー大会は2014ワールドカップです。

2018年大会でもヴァランはフランス代表の主力として活躍し、見事優勝を成し遂げます。ベスト8のウルグアイ戦では得点も決めています。

まだ20代半ばなので、EURO2020や2022ワールドカップでもヴァランの活躍を見られると思います。

スポンサーリンク

ラファエル・ヴァランのプレースタイル

若さに似合わぬ安定感と守備範囲

そんなラファエル・ヴァランのプレースタイルですが、ポジションはディフェンダーの中央に位置するセンターバックです。利き足は右

ヴァランの特徴として、まずディフェンダーとしての安定感が抜群だということがあります。20代前半の頃から安定した守備を披露していました。

ヴァランのプレーは試合によって質があまり変わらないと思います。調子のムラが出がちな選手もいるんですが、ヴァランにはそれを感じません。

ゴール前に入ってきたクロスボールは191センチの長身を生かして跳ね返します。クリアする場所に関しても、変なところに飛ばしたりしない印象。

また、味方の守備にスペースがあいている時には即座にカバーに入りますし、ボールを持った相手に侵入を許しても素早く寄せて自由にさせません。

ヴァランはスピードにも優れています。上記のカバーリングの良さは、スピードも関係しているんでしょうね。守備範囲がとても広いです。

レアル・マドリードは基本的に攻撃的なチームなので、サイドバックや中盤の選手の多くが高い位置をとります。味方のGK以外は全員敵陣に入るなんてことも珍しくありません。

そうなると当然相手チームのカウンター攻撃は嫌なものです。マドリーにはカゼミーロという守備における門番がいますが、相手にかわされることもあります。

そんな時でもヴァランがいるととても心強いです。持ち前のスピードを生かして、相手のパスをカットしたりドリブルをしている相手に寄せて潰すことができます。

攻撃的なレアル・マドリードというチームだからこそ、ヴァランのようにスピードがあるディフェンダーがいると本当に助かりますよね。

攻撃センスはまずまず

守備に関して能力が非常に高いラファエル・ヴァラン。味方の攻撃を助ける能力に関しては、突出してはいないものの悪くありません。

ヴァランはロングフィードを相手の背後に通すシーンなどは少ないかもしれませんが、繋ぎのショートパスは安定している印象です。

パスミスを少なく、安定して中盤ないし前線に繋いでくれるという観点では十分ではないでしょうかね。

ヘディングでの得点は少なめ

身長と身体能力に優れたヴァランですがはヘディングにも強さがあります。ただ、それは守備に際しての方が目立つ気がします。

味方のセットプレーに合わせたヘディングシュートはあまり見られないような。もっと得点とれても良さそうな気がするのですが。

キャリアを積んでいく中でそういった得点感覚は伸びていく可能性があるので、あたたかく見守りましょう。

↓楽しそうなフランスコンビ。ヴァランのインスタはベンゼマとの2ショットが多いですね。

スポンサーリンク

今回のまとめ

今回はレアル・マドリード所属で、フランス代表ラファエル・ヴァランのプレースタイルなどを紹介しました。

昨シーズンのレアル・マドリードは、久しぶりにシーズンを無冠で終えました。世間の目も厳しくなっています。

とりわけ昨シーズンは失点が多かったですから、既存の選手と新加入の選手でコンビネーションを共有して改善していってほしいです。

ヴァラン個人の能力は折り紙付きです。再び欧州の舞台で活躍し、クラブのチャンピオンズリーグ制覇やフランスのワールドカップ連覇を達成してもらいたいですね。

最後までご覧いただきありがとうございました。Adios!