レアル・マドリード所属ラファエル・ヴァランのプレースタイル!フランス代表

ESP

スポンサーリンク

この記事でわかること

今回はレアル・マドリード所属で、フランス代表ディフェンダーのラファエル・ヴァランを記事にしたいと思います。この記事には下に書いている3つの章があります。

選手の経歴では出身地や生まれた年、クラブチームでの活躍さらに代表召集歴をまとめています。選手のプレースタイルではポジションや身長、利き足のほかに得意なプレーや評価などをご紹介。

最後のまとめでは、選手やチームへの期待をひとことで主観的に書いています。まとめの下では同じカテゴリーの記事も案内しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

どうぞ最後までお付き合いください。

(主な参考元: https://www.soccer-king.jp/player/article/416618.htmlhttps://www.transfermarkt.com/raphael-varane/profil/spieler/164770 )

スポンサーリンク

ラファエル・ヴァランの経歴

ラファエル・ヴァラン(Raphael Varane)は1993年4月に、フランスのリールで生まれました。リールはフランスの中でもかなり北で、ベルギーとの国境付近にある街です。

ヴァランは少年期、ASイレームのユースに所属していました。ちなみにイレームはリールの中にある街の名前です。

その後、RCランスに加入します。ユースでプレーし、2010-11にランスのBチームへ昇格しました。ところが、出来が良かったのか間もなくトップチームに招集されるように。

2010-11はリーグ1で23試合に出場しています。トップチームでデビューしたシーズンから、フランスの1部リーグでこれほど試合に出るのはすごい。

2011-12にスペインのレアル・マドリードへ移籍しました。当初からトップチームに入れたものの1年目はラ・リーガでは9試合のみの出場。

2012-132013-14はラ・リーガだと大した試合数に出ていませんがチャンピオンズリーグでは重要な局面で起用されており、後者は決勝にフル出場して優勝に貢献。

2014-15からラ・リーガでもプレータイムを増やして27試合に出場。マドリーのチャンピオンズリーグ3連覇には、特に2016-172017-18で大きく貢献しています。

フランス代表としてはU-18から召集されています。A代表の主要大会は2014ワールドカップから出場し、2018W杯では主力として活躍し、見事優勝を成し遂げていますね。

スポンサーリンク

R・ヴァランのプレースタイル

大きくて速さもあるDF

そんなラファエル・ヴァランのプレースタイルですが、ポジションはディフェンダー。専門的に中央のセンターバックを務めます。利き足は右

ランス時代は守備的ミッドフィルダーにも入っていたようですが、センターバックが板に付いた今は見ることができないのでは。

ヴァランの身長は191センチです。文句なしのサイズを誇り、ゴール前での存在感は抜群です。ただ、彼は大きいだけの選手では全くありません。

彼のの特徴として挙げられることに身体能力の高さがあります。特に足が速く、とても大きい上に走れる選手と言うことができます。

そのため、守備範囲が非常に広いディフェンダーです。走りに走って、広大なスペースを監視することができるのはヴァランの持ち味のひとつでしょう。

自陣の深くに放り込まれたロングボールに対して相手選手とスプリント勝負するシーンでも、ほとんど苦にしていません。

同じくらい走れる選手がいたとしても、フィジカルコンタクトの勝負になればヴァランも屈強なフィジカルを有しているので彼が明らかに有利でしょう。

もちろんサイズを生かした空中戦も強いですが、ヴァランのプレーに総じて言えることは判断力に優れているということです。

スピードに乗ってタックルに行くところ、飛び込まずに距離を保ちコースを限定するところの判断が的確です。勝負を急がずに我慢ができるのが大きいですね。

軽率な対応は失点に直結しますから、判断力は見逃せない評価ポイントです。

キックの精度はまずまず

十分なサイズと優れた身体能力を持っているヴァランは守備面において傑出したパフォーマンスを見せてくれます。一方でその攻撃力はどうでしょうか。

自陣の深くからロングフィードで最前線のフォワードにボールを届けてそのままゴールをアシスト、などというタイプのセンターバックではないと思います。

際立ったキックの精度を持ち合わせているわけではないと思いますが、繋ぎのショートパスなどは安定しています。

得点数はやや少なめ

守備の局面におけるヴァランの空中戦は安定していて、ヘディングに強いです。ただ、攻撃ではなかなか頭でゴールに押し込むシーンを作れていません。

そのためセンターバックの中でも得点は比較的少なめです。点を取る人はPKや直接フリーキックなしでも頭でガバガバ取りますから、ちょっと開きがありますね。

そのあたりは飛び込む場所を選ぶ感覚的なものもあるとは思います。ぜひ、ヴァランにも攻撃のセットプレーからどんどん点を取っていってほしいですね。

↓楽しそうなフランスコンビ。ヴァランのインスタはベンゼマとの2ショットが多いですね。

スポンサーリンク

今回のまとめ

今回はレアル・マドリード所属でフランス代表、ラファエル・ヴァランのプレースタイルなどを紹介しました。

2018-19のレアル・マドリードは、久しぶりにシーズンを無冠で終えました。世界中のマドリディスタの目も厳しくなっています。

ヴァラン個人の能力は折り紙付きです。再び欧州の舞台で活躍し、クラブの複数タイトル制覇や代表での活躍を披露してほしいものです。

最後までご覧いただきありがとうございました。Adios!