トッテナム所属ムサ・シソコのプレースタイル!フランス代表

ENG

スポンサーリンク

この記事でわかること

今回はトッテナム所属で、フランス代表ミッドフィルダーのムサ・シソコを記事にしたいと思います。この記事には下に書いている3つの章があります。

選手の経歴では出身地や生まれた年、クラブチームでの活躍さらに代表召集歴をまとめています。選手のプレースタイルではポジションや身長、利き足のほかに得意なプレーや評価などをご紹介。

最後のまとめでは、選手やチームへの期待をひとことで主観的に書いています。まとめの下では同じカテゴリーの記事も案内しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

どうぞ最後までお付き合いください。

(主な参考元: https://www.soccer-king.jp/player/article/417907.htmlhttps://www.transfermarkt.com/moussa-sissoko/profil/spieler/46001 )

スポンサーリンク

ムサ・シソコの経歴

ムサ・シソコ(Moussa Sissoko)は1989年の8月、フランスのル・ブラン=メニルで生まれました。パリ市街地から少し北東の街みたいです。都会っ子認定。

ムサ・シソコはティーンの頃、数チームの下部組織を渡り歩きました。トゥールーズもそのひとつで、シソコはそこに腰を下ろすことになります。

2007-08トゥールーズでトップデビューを果たします。1年目からリーグ1の30試合に出場と、立派な数字を残しています。トゥールーズで2012-13まで主力として活躍しました。

2012-13冬の移籍市場でイングランドのニューカッスルへ移籍。定位置をつかむと、4年目の2015-16にはプレミアリーグで37試合に出場する活躍ぶり。替えのきかない存在ですね。

2016-17からトッテナムへ加入します。1年目はプレミアリーグ25試合の出場に留まりますが、2年目は33試合に出場と、チーム内のj列も挙がっています。

シソコのようなフィジカルの強いタイプは中盤に1人いるとディフェンスが締まりますから、引き続き活躍して欲しいものです。

フランス代表にはU-16から召集されています。A代表では2014ワールドカップやEURO2016に出場しました。ただ、2018ワールドカップはメンバー外。無念。

M・シソコのプレースタイル

中盤の守備に強度をもたらす

そんなムサ・シソコのプレースタイルですが、ポジションミッドフィルダー。中盤の真ん中センターハーフを主に務めます。利き足は右。

もう少し攻撃的な位置や、利き足が右足ということもあり右サイドハーフも務めます。そしてけっこう動き回るタイプです。

シソコの身長は187センチです。そして体重も90キロくらいあります。同じアフリカ系で短髪の選手がいても、胸筋でシソコを見分けられますね。マッチョマンです。

そのくらい身体が大きい選手で、そのフィジカル能力を生かしたディフェンスが魅力的な選手です。ピンチヒッターで右サイドバックに入るほどです。

体格を見てわかるように接触プレーには無類の強さを誇り、ボールを奪うためのショルダータックルは効果絶大です。球際も強く、なかなかにハードなスライディングを繰り出します。

イエローカードの枚数には注意して欲しいですが、チームのピンチになると身体を投げうってディフェンスに奔走してくれる選手ですね。

なおかつ、大柄なわりに走力がある選手でもあるので、カウンターへの対処でも存在感を発揮します。自陣裏のスペースなんかも、スプリントで相手のロングボールに対処できます。

デカくてパワーがありつつも鈍重な選手も少なくないので、シソコのような身体能力は重宝するのではないでしょうかね。

↓ファイトできる選手。

前への推進力に優れる

守備のインテンシティが持ち味のシソコですが、ボールを持ったときも能力を発揮しますね。スピードがあるため、ぐんぐん前に進みます。

おまけにパワーもあるので、シャツを引っ張られても止まりません。重戦車のようなドリブルをする選手です。スピードとパワーでゴリ押しする印象です。

特にボールを奪ってからカウンターを仕掛けるような場面では、シソコの推進力を十分に生かすことができますね。

加えて、ボールを持っていない時の中盤からの飛び出しでアクセントをつけられます。中盤からフォワードを追い越して前線に飛び出しますから、ディフェンダーはマークの受け渡しで混乱しがちです。

パスの展開力はまずまず

その風貌からイメージされるように、シソコはゴールまで距離があっても強烈なシュートを打ち込むことができます。パワーに関しては文句なしでしょうか。

一方のパスセンスに関しては極端に優れているようには見えないかもしれません。大味というか、多少ざっくりしている印象があります。

無難にパスをつなぐシーンが多いのでは。もちろん時には良いサイドチェンジなどを入れてきます。好選手であることは間違いありませんね。

スポンサーリンク

今回のまとめ

今回はトッテナム所属で、フランス代表ムサ・シソコのプレースタイルなどを紹介しました。

昨シーズンはクラブ史上初めてチャンピオンズリーグ決勝に進んだトッテナム。今季目指すのは優勝ですね。

シソコにもその力強いプレーで、チャンピオンズもプレミアリーグでもチームに勢いをもたらしてほしいと思います。期待しましょう。

最後までご覧いただきありがとうございました。Adios!

↓他の記事もぜひご覧あれ⚽️
プレミアラ・リーガセリエA
ブンデスリーグ1Jリーグ

↓チームはココから選べます



ENG トッテナム・ホットスパー
SOCCER道(さかみち)を歩こう!