アーセナル所属ダビド・ルイスのプレースタイル!元ブラジル代表

アーセナル

スポンサーリンク

この記事でわかること

今回はアーセナル所属で、元ブラジル代表ディフェンダーのダビド・ルイスを記事にしたいと思います。この記事には下に書いている3つの章があります。

選手の経歴では出身地や生まれた年、クラブチームでの活躍さらに代表召集歴をまとめています。選手のプレースタイルではポジションや身長、利き足のほかに得意なプレーや評価などをご紹介。

最後のまとめでは、選手やチームへの期待をひとことで主観的に書いています。まとめの下では同じカテゴリーの記事も案内しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

どうぞ最後までお付き合いください。

(主な参考元: https://www.soccer-king.jp/player/article/417248.htmlhttps://www.transfermarkt.com/david-luiz/profil/spieler/46741 )

スポンサーリンク

ダビド・ルイスの経歴

ダビド・ルイス(David Luiz)は1987年の4月に、ブラジルのディアデマで生まれました。ブラジル南部、サンパウロにある街ですね。

ダビド・ルイスは1999年から地元の名門チームであるサンパウロFCのユースに所属していました。その後2002年にはECビトーリアへ移籍。

2006年にビトーリアでトップ登録されますが、1年間プレーしたのちにポルトガルのベンフィカへ期限付き移籍します。

移籍期間の終了後、2007-08にベンフィカへ完全移籍で加入します。初年度と2年目の2008-09はそれほど多くの出場機会はありませんでした。

2009-10はリーグ戦29試合に出場しており、実力をつけていたことがわかります。2010-11も冬の移籍市場までにリーグ戦16試合に出場。

2011年1月にイングランドのチェルシーへ移籍。翌2011-12はプレミアリーグ20試合に出場し、チャンピオンズリーグ優勝にも貢献しました。2012-13もリーグ戦30試合出場。

2014-15からフランスのパリ・サン=ジェルマンへ加入しますが、2年間プレーしたのちに2016年8月からチェルシーへ復帰します。

2016-17はプレミアリーグ33試合に出場して優勝に貢献。2018-19はプレミアリーグ3位フィニッシュとヨーロッパリーグ制覇を達成しました。

2019-20からアーセナルに加入。コシエルニ退団後の穴埋めが期待されています。

ブラジル代表にはU-20から招集されています。A代表の主要大会はコパ・アメリカ2011からベンチ入り。自国開催の2014ワールドカップではしっかり出場しています。

コパ・アメリカ201年と2016に召集されて以降は、主要大会への出場から遠ざかっていますね。

スポンサーリンク

ダビド・ルイスのプレースタイル

タフな戦いに強い南米系CB

そんなダビド・ルイスのプレースタイルですが、ポジションはディフェンダー。中央のセンターバックです。利き足は右。ちなみに守備的ミッドフィルダーにも対応します。

ダビド・ルイスの身長は189センチです。サイズはセンターバックとしてぶつかり合いをしていく上で十分なものがあります。

高さもそうですが強さもある選手なので、接触プレーは苦にしていません。クロスボールの対応の空中戦は非常に強いですね。

もちろん地上でもその強さは健在で、相手選手へハードにぶつかっていくプレーが持ち味です。タックルで相手を吹き飛ばすくらいのタフさがあります。

なおかつ南米らしい少しダーティなプレーも時折見せ、ユニフォームをレフェリーに見つからないように引っ張ったりしています。

また、しっかりとした泥臭さも持ち合わせていてシュートブロックには身体ごと投げ出して入ってくれます。そのあたりの勝負へのこだわりはダビド・ルイスなりの美学があるのでしょう。

キックが正確で攻撃にも関与

南米出身のディフェンダーらしく接触に強いところが魅力のダビド・ルイスですが、攻撃への貢献も大きい選手です。

最後尾から前線の選手に出すロングパスの精度が高く、攻撃にアクセントをもたらすことができます。最近はパス出しが上手なディフェンダーへの評価が高いですよね。

前線の味方の走り出しに合わせてロングボールを蹴って攻撃の局面を変えられますから、ハイラインを敷いている相手には非常に有効です。

また、攻撃への貢献で忘れてはならないのがフリーキックのシュートが得意ということです。もともと持っているキックの精度が高いからこそですよね。

ダビド・ルイスにはスピードボールを蹴るイメージがあります。威力のある無回転シュートなんかは特にキーパーも防ぎづらいですね。

彼の蹴り方には特徴があり、足のインサイドで押し出すように蹴ります。普通はインサイドだとショートパスに多く使う蹴り方ですよね。

それでパワーのあるシュートが蹴れるというので、なんともキック力がすごいことがわかります。

加えて、サイズと強さを生かしてヘディングでの得点も期待できます。セットプレーの際にはカーリーヘアをなびかせてのヘディングに注目しましょう。

↓彼に距離は関係なし。

集中力を欠いた時が問題

攻守にわたってパワフルなプレーを見せてくれるダビド・ルイスですが、守備においてたまに集中力を欠いた軽いプレーをすることがあります。

エリア内にもかかわらず軽率なファウルをしたり、ボール奪取を狙ったスライディングで一発を狙って入れ替わられてしまったり。

この辺の安定感がもう少ししっかりしていると良いのですが、ベテランになってもわりと軽さが残っているような気がします。

スポンサーリンク

今回のまとめ

今回はアーセナル所属で元ブラジル代表、ダビド・ルイスのプレースタイルなどを紹介しました。

アーセナルはコシエルニが退団した影響でバタつきそうですが、そんな時こそ経験豊かなベテランの活躍に期待したいですね。

アーセナルのトップ4返り咲きを、ダビド・ルイスが最後尾から支えてくれることを祈りましょう。

最後までご覧いただきありがとうございました。Adios!