インテル所属ロメル・ルカクのプレースタイル!ベルギー代表

ITA

スポンサーリンク

この記事でわかること

今回はインテル所属で、ベルギー代表フォワードのロメル・ルカクを記事にしたいと思います。この記事には下に書いている3つの章があります。

選手の経歴では出身地や生まれた年、クラブチームでの活躍さらに代表召集歴をまとめています。選手のプレースタイルではポジションや身長、利き足のほかに得意なプレーや評価などをご紹介。

最後のまとめでは、選手やチームへの期待をひとことで主観的に書いています。まとめの下では同じカテゴリーの記事も案内しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

どうぞ最後までお付き合いください。

(主な参考元: https://www.soccer-king.jp/player/article/418561.htmlhttps://www.transfermarkt.com/romelu-lukaku/profil/spieler/96341 )

スポンサーリンク

ロメル・ルカクの経歴

ロメル・ルカク(Romelu Lukaku)は1993年の5月に、ベルギーのアントウェルペンで生まれました。首都ブリュッセルから北、海の近くの街みたいですね。

ルカクはリュペル・ボームFCからサッカーキャリアを始め、その後は複数のチームを渡り歩きました。2006-07にアンデルレヒトへ移籍しています。

2008-09にアンデルレヒトでトップデビュー。2009-10にはリーグ戦25試合の出場で15得点を記録していて、次のシーズンも良いパフォーマンスを継続しました。

2011-12からイングランドのチェルシーへ加入します。ただ、強豪チェルシーだと定位置を確保するのが難しく、ウエストブロムウィッチやエバートンへのローン移籍を経験しました。

2014-15にエバートンへ完全移籍すると復活。同シーズンにはプレミアリーグ36試合で10得点を記録し、2016-17には同37試合で25得点の鮮烈なインパクトを残します。

2017-18にマンチェスター・ユナイテッドへ移籍しました。エバートン時代ほどの得点力は披露できず、これは過渡期のチーム事情もあったでしょうか。

2019-20からイタリアのインテルに加入。ここ数年タイトルから遠ざかっているインテルの復活に期待がかかります。

ベルギー代表としてはU-15から招集されています。A代表の主要大会は2014ワールドカップから出場し、2018W杯ではベルギーの3位に貢献しました。

R・ルカクのプレースタイル

ポストプレーに強い大男

そんなロメル・ルカクのプレースタイルですが、ポジションはフォワード。専門的にセンターフォワードでプレーします。利き足が左のレフティー。

ルカクの身長は191センチで体重も90キロ超。「romelu lukaku weight」でGoogle検索すると93キロと出てきます。まさに巨漢という表現がぴったり。

やはりそのフィジカル能力をを生かしたプレーがルカクの持ち味であることは想像しやすいと思います。強靭な肉体でディフェンダーを寄せ付けません。

彼はそんな巨体を壁にしたポストプレーが得意な選手です。ルカクに背中や腕でブロックされると守備側は簡単には近づけませんから大きな脅威でしょう。

敵陣の深くでルカクにボールをおさめられると潰すのが難しいうえに、起点となって周囲の味方にパスをさばかれたりゴリ押しのドリブルをされたりします。

また、ルカクの圧倒的なフィジカルは敵陣のゴール付近以外でも生きてきます。カウンター時に味方のロングボールを単独でキープできるフォワードですね。

なにしろ体格が規格外なので、相手のセンターバックが前に出てきてもルカクより小柄なことも少なくないです。頭で味方に落とすのも、足でおさめるのも良い味を出しています。

オフザボールの動きも見せる

フィジカルモンスターのルカクですが、大柄だからと言って鈍重だということはありません。身体能力自体が高く、動ける大男と言えます。

彼はスプリントして相手の背後でボールを受けることも少なくない選手です。大きくて強くて走れる選手はなかなかレアな存在になってきますね。

ディフェンスラインと駆け引きをして裏を取り、ボールを受けて冷静に流し込む。守備側に寄せられても強くてルカクは潰れないのが大きな強みです。

また、リフレクトしたボールやこぼれ球への反応も早いです。キーパーが弾くボールなども常に狙っています。こういった嗅覚的なところも優れているストライカーですね。

↓俊敏な身のこなし。

冷静なフィニッシュワーク

ルカクは得点を量産できるストライカーなだけあって、シュートの技術も高いです。彼自身は迫力ある見た目をしていますが、シュートはソフトに流し込むものが多いですね。

キーパーと一対一の局面を作り出した後に見せる落ち着いたフィニッシュは彼の持ち味です。コースを突いたシュートが上手な、いわゆる生粋の点取り屋でしょう。

身体が大きくてもシュートなどが雑な選手、けっこういます。ルカクは大きな身体を持ちながら繊細なタッチを持っているからこそゴールを多く取れるのではないでしょうか。

↓デカくて強くてシュートも上手い。

スポンサーリンク

今回のまとめ

今回はインテル所属でベルギー代表、ロメル・ルカクのプレースタイルなどを紹介しました。

インテルは近年ビッグタイトルに手が届いておらず、改革が必要な時期になっています。2019-20からは監督もA・コンテに変わりました。。

イタリアでも変わらずに、ルカクには得点を量産していってほしいですね。その大きな身体を揺らしてピッチを走り回ってもらいましょう。

最後までご覧いただきありがとうございました。Adios!

↓他の記事もぜひご覧あれ⚽️
プレミアラ・リーガセリエA
ブンデスリーグ1Jリーグ

↓チームはココから選べます



ITA インテル
SOCCER道(さかみち)を歩こう!