チェルシー所属クル・ズマのプレースタイル!

ENG

スポンサーリンク

この記事でわかること

今回はチェルシー所属で、フランス代表ディフェンダーのクル・ズマを記事にしたいと思います。この記事には下に書いている3つの章があります。

選手の経歴では出身地や生まれた年、クラブチームでの活躍さらに代表召集歴をまとめています。選手のプレースタイルではポジションや身長、利き足のほかに得意なプレーや評価などをご紹介。

最後のまとめでは、選手やチームへの期待をひとことで主観的に書いています。まとめの下では同じカテゴリーの記事も案内しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

どうぞ最後までお付き合いください。

(主な参考元: https://www.soccer-king.jp/player/article/419524.html . https://www.transfermarkt.com/kurt-zouma/profil/spieler/157509 )

K・ズマの経歴

クル・ズマ(Kurt Zouma)は1994年の10月に、フランスのリヨンで生まれました。同国内陸で、少し東寄りにある都市ですね。

ズマは2003年からFCヴォー=アン=ヴランのユースに所属していて、2009年からはASサンテティエンヌに加入。2011-12にサンテティエンヌでトップデビューします。

2011-12からリーグ1で22試合に出場し、2013-14は同24試合に出場しました。2013-14冬の移籍市場でイングランドのチェルシーへ移籍しますが、半年間はローンという形で残留しています。

2014-15からチェルシーでプレーします。1年目のプレミアリーグでは15試合に出場、カラバオカップの決勝戦ではフル出場してアシストも記録。2017-18はストーク・シティにローン移籍します。

2018-19はエバートンに期限付き移籍します。プレミアリーグ32試合に出場し、マルコ・シウバ監督の評価も上々だった模様。2019-20からは保有元のチェルシーに復帰し、改めて活躍が期待されています。

フランス代表にはU-16からコンスタントに招集されています。A代表ではディフェンダーの層が厚いですが、EURO2020予選のアンドラ戦では先発出場して得点も記録しています。

K・ズマのプレースタイル

長身なうえ高く跳べるDF

そんなクル・ズマのプレースタイルですが、ポジションはディフェンダー。主に中央のセンターバックを担当します。利き足は右

他にも右のサイドバックにも対応し、守備的ミッドフィルダーでのプレー経験もあります。ただ、プレーを見るとやはりセンターバックが適任な気がします。

ズマの身長は190センチです。センターバックとしてゴール前を固めるのに十分なサイズがあり、胸板も厚くて強さも兼ね備えています。

そういった体格も間違いなくズマの魅力ですが、彼の特徴は軽快に動けることにありますね。身体能力が特に高い評価を得ています。

スピードはなかなかのものがあり、スペースを埋めるカバーリングなどの出足が早いです。自陣の裏を突く相手のスルーパスもダッシュし掻き出して対応。相手に当たり負けすることも稀です。

また、跳躍力も相当あります。サイズも相まって、ハイボールへの対応は抜きんでた強さがあるでしょう。まともに競り合って負けることはほとんどないのでは。

前への出足が良いので相手の起点を潰すのも得意です。背を向けてボールを受けようとする相手を潰したり、そこに来るハイボールを得意のジャンプで跳ね返すのが十八番になっています。

↓スピードもあるのでこんな神カバーも。

なかなかの得点力

守備時に主に生かされるズマの身体能力ですが、攻撃のセットプレーでも目立ちます。ゴール前にいたら、守備側はかなり嫌な選手ですね。

相手を押し込んでのコーナーキックなどでは、良いクロスボールが飛んで来れば空中戦にはけっこうな勝算があります。得点も決して少なくないです。

みずから頭で押し込むもよし、ニアサイドで逸らしたりファーサイドで折り返したり。ズマがいるとセットプレーのオプションも増えそうですな。

↓テイクオフ。

足下の技術はもう少し

デカくて強くて速いズマですが、ボールを扱う技術は決して得意とは言えないのではないでしょうか。パスミスを連発するわけではないですけれども。

自陣でのパス交換が乱れることがあったり、ボールを受けた際のトラップが少し流れるシーンがたまに見られます。

後方から前線に蹴るロングフィードも、トップクラスの選手と比べてしまうと物足りない印象。まあファン・ダイクらが際立って上手いのもありますかね。

↓とはいえスピードがあるので、時にはこんな妙技も。

スポンサーリンク

今回のまとめ

今回はチェルシー所属でフランス代表、クル・ズマのプレースタイルなどを紹介しました。

2019-20からチェルシーに復帰したズマ。たくましくなって戻ってきました。粗削りな部分もありますが、サイズと身体能力はかなりの魅力があります。

フランス代表のセンターバックには良い選手が多くて割って入るのは大変ですが、まずは所属クラブで持ち味を発揮してアピールしていって欲しいですね。

最後までご覧いただきありがとうございました。Adios!