チェルシー所属クル・ズマのプレースタイル!フランス代表

イングランド・プレミアリーグ

スポンサーリンク

この記事でわかること

今回はチェルシー所属で、フランス代表ディフェンダーのクル・ズマを記事にしたいと思います。この記事には下に書いている3つの章があります。

選手の経歴では出身地や生まれた年、クラブチームでの活躍さらに代表召集歴をまとめています。選手のプレースタイルではポジションや身長、利き足のほかに得意なプレーや評価などをご紹介。

最後のまとめでは、選手やチームへの期待をひとことで主観的に書いています。まとめの下では同じポジションで活躍する選手の記事も案内しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

どうぞ最後までお付き合いください。

スポンサーリンク

クル・ズマの経歴

クル・ズマ(Kurt Zouma)は1994年の10月に、フランスのリヨンで生まれました。同国内陸で、少し東寄りにある都市ですね。

ズマはキャリア初期の2003年からFCヴォー=アン=ヴランのユース、2009年からはASサンテティエンヌに所属していました。

2011-12にサンテティエンヌでトップデビューします。デビューシーズンの2011-12からフランス・リーグ1で22試合に出場しています。マズマズですね。ズマだけに…。

その後も若手ながらある程度の出場時間を得て、2013-14はリーグ1で24試合に出場。当該シーズン2013-14の冬にはイングランドのチェルシーへの加入が内定します。

というより冬にチェルシーへ籍が移り、残るシーズン半年間はサンテティエンヌにローン移籍という形で残留するという名目でした。

2014-15から晴れてチェルシーでプレーします。1年目のプレミアリーグでは15試合に出場、リーグカップ(カラバオカップ)の決勝戦ではフル出場してアシストも記録。

2015-16はプレミアリーグで23試合に出場しますが翌年は出場が減り、2017-18からはストーク・シティにローン移籍します。

ストークではプレミアリーグ34試合に出場していて、主力選手として活躍。

2018-19はエバートンにローンで加入します。プレミアリーグ32試合に出場し、マルコ・シウバ監督の評価も上々だった模様。

2019-20からは保有元のチェルシーに復帰し、改めて活躍が期待されています。

フランス代表にはU-16からコンスタントに招集されています。A代表ではディフェンダーの層が厚く、なかなか出場機会を得ていません。

ただ、EURO2020予選のアンドラ戦では先発出場して得点も記録しています。

スポンサーリンク

クル・ズマのプレースタイル

サイズと身体能力が武器

そんなクル・ズマのプレースタイルですが、ポジションはディフェンダー。主に中央のセンターバックを担当します。利き足は右

他にも右のサイドバックにも対応し、守備的ミッドフィルダーでのプレー経験もあります。ただ、プレーを見るとやはりセンターバックが適任な気がします。

ズマの身長は190センチです。ゴール前を固めるのに十分なサイズがあり、胸板も厚くて強さも兼ね備えています。

そういった体格も間違いなくズマの魅力ですが、彼の特徴は走れて跳べることにありますね。身体能力が特に高い評価を得ています。

まずスピードがあり、スペースを埋めるカバーリングがなどの出足が早いです。自陣の裏を突く相手のスルーパスもダッシュし掻き出して対応。

相手後方からのロングボールにもいち早く寄せて、ポストプレーヤーと跳んで競り合いボールを跳ね返します。

そのあたりの跳躍力もかなりのものです。サイズも相まって、ハイボールへの対応は余裕が感じられますね。接触をモノともしない強さもあります。

もろもろの特徴から、自陣に引いての守備もさることながら前に飛び出しての守備対応が特に強い選手ではないでしょうか。

↓すげー高くね?

攻撃でのヘディングも脅威

守備時に主に生かされるズマの身体能力ですが、攻撃のセットプレーでも目立ちます。ゴール前にいたら、守備側はかなり嫌な選手ですね。

相手を押し込んでのコーナーキックなどでは、良いクロスボールが飛んで来れば空中戦にはけっこうな勝算があります。得点も決して少なくないです。

みずから頭で押し込むもよし、ニアサイドで逸らしたりファーサイドで折り返したり。ズマがいるとセットプレーのオプションも増えそうですな。

足下の技術はもう少し

デカくて強くて速いズマですが、ボールを扱う技術は決して得意とは言えないのではないでしょうか。パスミスを連発するわけではないですが。

自陣でのパス交換が乱れることがあったり、ボールを受けた際のトラップが少し流れるシーンがたまに見られます。

後方から前線に蹴るロングフィードも、トップクラスの選手と比べてしまうと物足りない印象。まあファン・ダイクらが際立って上手いのもありますかね。

↓とはいえスピードがあるので、時にはこんな妙技も。

スポンサーリンク

今回のまとめ

今回はチェルシー所属でフランス代表、クル・ズマのプレースタイルなどを紹介しました。

2シーズンぶり、2019-20のランパード体制からチェルシーに復帰したズマ。たくましくなって戻ってきました。

粗削りな部分もありますが、サイズと身体能力はかなりの魅力があります。それらを生かした攻めるディフェンスを期待したいですね。

最後までご覧いただきありがとうございました。Adios!

↓同じくセンターバックで活躍する選手です。コチラもどうぞ!

記事参考元: https://www.soccer-king.jp/player/article/419524.htmlhttps://www.transfermarkt.com/kurt-zouma/profil/spieler/157509https://www.transfermarkt.com/kurt-zouma/nationalmannschaft/spieler/157509