リバプール所属トレント・アレクサンダー=アーノルドのプレースタイル!イングランド代表

イングランド・プレミアリーグ

スポンサーリンク

この記事でわかること

今回はリバプール所属で、イングランド代表DFのトレント・アレクサンダー=アーノルドを記事にしたいと思います。この記事には下に書いている3つの章があります。

選手の経歴では出身地や生まれた年、クラブチームでの活躍さらに代表召集歴をまとめています。選手のプレースタイルではポジションや身長、利き足のほかに得意なプレーや評価などをご紹介。

最後のまとめでは、選手やチームへの期待をひとことで主観的に書いています。まとめの下では同じカテゴリーの記事も案内しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

どうぞ最後までお付き合いください。

(主な参考元: https://www.soccer-king.jp/player/article/628121.htmlhttps://www.transfermarkt.com/trent-alexander-arnold/profil/spieler/314353 )

スポンサーリンク

T・アレクサンダー=アーノルドの経歴

トレント・アレクサンダー=アーノルドは1998年の10月、イングランド(イギリス)のリバプールで生まれました。きっとビートルズを聴いて育ったに違いない。(適当)

アレクサンダー=アーノルドはリバプールのアカデミー出身です。2004年から所属していて、2015年にU-18カテゴリーに昇格しました。

トップチームに昇格したのは2016年7月のこと。トップに上がった2016-17はプレミア・リーグで7試合の出場にとどまりますが、翌年の2017-18はリーグ戦19試合出場と倍増しています。

それだけでなくチャンピオンズリーグのファイナルでは、結果的に準優勝で終わったもののスタメンで出場。このころからすでに大物感が漂っていましたね。

2018-19はチームの主力としてシーズンを戦いました。リーグ戦は29試合に出場。マンチェスター・Cとの超ハイレベルな首位争いに身を投じます。彼はこのシーズンで大きく株を上げたと言えるのでは。

2年連続でのチャンピオンズリーグ決勝進出となったリバプールにおいて、アレクサンダー=アーノルドはまたも決勝にスタメンで出場。相変わらずの精力的な上下動で優勝に貢献しましたね。

この決勝戦に彼は20歳と237日での出場でした。チャンピオンズリーグのファイナルを2年連続スタメン出場した選手は、21歳以下では彼が史上初めてだったそうです。早熟。

イングランド代表ではU-16から継続的に招集されています。A代表での主要大会は2018ワールドカップ、グループステージのベルギー戦で初出場。両チームがローテーションした試合でしたね。

スポンサーリンク

T・アレクサンダー=アーノルドのプレースタイル

高精度クロスで攻撃を厚くする

そんなトレント・アレクサンダー=アーノルドのプレースタイルですが、ポジションはディフェンダー。ほぼ専任の右サイドバックです。利き足は右

アレクサンダー=アーノルドは積極的かつ効果的なオーバーラップにより、チームの攻撃に重要なオプションを加えることができます。

彼の特徴といえば、やはりその右足からゴール前に向かって放たれる正確なクロスボールです。その精度はまるでチームの司令塔。

2018-19は公式戦でシーズン16個のアシストを記録しています。チームの戦術が影響してるわけですが、その辺の攻撃的ミッドフィルダーよりも多いですね。

もちろん得点する側の合わせ方も上手いんですが、アレクサンダー=アーノルドの放つクロスは球筋が良いです。

彼の得意技は低くて速いアーリークロス。(GKとディフェンスラインの間を狙うクロス)これが大量アシストに寄与していると思います。

アーリー=early(早い)というだけあり、アーリークロスは攻め上がりきっていない早いタイミングで上げるクロスです。

早いタイミングでクロスを上げると相手のディフェンスラインもまだ高い位置にあります。その裏のスペースを突くわけですな。

チームのフォワードに裏抜けが得意な選手がいると、アーリークロスに反応して飛び込んでくれます。そこの連携はかなりトレーニングしているはず。

一方で低いクロスボールを上げようとすると、ゴール近くの味方より手前のディフェンダーに引っかかりやすくて難度が高いです。

そこをアレクサンダー=アーノルドは難なく上げるあたり、キック技術の高さがうかがえますね。

↓あまり打つ機会は多くありませんがミドルシュートも強烈なボールを蹴ることができます。

運動量を生かして攻守に走る

積極的に攻撃参加するだけあって、アレクサンダー=アーノルドは試合を通して走り抜くスタミナも備えています。

疲労が溜まってくるとキックの際に軸足が踏ん張れず、精度が落ちがちなんですが彼にはそういうシーンはあまり見られないと思います。

攻撃から守備への切り替えも非常に早く、自陣に素早く戻ります。あんまり疲れてそうな素振りをしているところは見たことがないような気がしますね。一体どんなスタミナをしてるのやら。

守備の安定感もまずまず

アレクサンダー=アーノルドの身長は175センチ。まあ高くなく低いとも言えず、な感じでしょうかね。線が細めでフィジカルコンタクトにもそこまでは強くないと思います。

ただ、ディフェンスであっさり抜かれるシーンは少ないのではないでしょうか。スプリント能力がある選手なので、相手に食らいついていくことができますね。

そういった守備の安定感で言うとなかなかのもの。攻撃に良さを出しながら守備でも堅実に働けている印象です。

スポンサーリンク

今回のまとめ

今回はリバプール所属で、イングランド代表トレント・アレクサンダー=アーノルドのプレースタイルなどを紹介しました。

若さに似合わず安定したパフォーマンスを攻守両面で披露しているアレクサンダー=アーノルドは、将来的にほぼ間違いなくイングランドのサッカーをけん引していく選手になると思います。

同胞の若手サイドバックにはアーロン・ワン=ビサカという、同じく名前が長くて優秀な選手がいます。お互いに持ち味が違いますから切磋琢磨して代表強化につなげてほしいですね。

最後までご覧いただきありがとうございました。Adios!