リバプール所属トレント・アレクサンダー=アーノルドのプレースタイル!イングランド代表

ENG

この記事でわかること

今回はリバプール所属で、イングランド代表DFのトレント・アレクサンダー=アーノルドを記事にしたいと思います。この記事には下に書いている3つの章があります。

選手の経歴では出身地や生まれた年、クラブチームでの活躍さらに代表召集歴をまとめています。選手のプレースタイルではポジションや身長、利き足のほかに得意なプレーや評価などをご紹介。

最後のまとめでは、選手やチームへの期待をひとことで主観的に書いています。まとめの下では同じカテゴリーの記事も案内しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

どうぞ最後までお付き合いください。

(主な参考元: https://www.soccer-king.jp/player/article/628121.htmlhttps://www.transfermarkt.com/trent-alexander-arnold/profil/spieler/314353 )

スポンサーリンク

T・アレクサンダー=アーノルドの経歴

トレント・アレクサンダー=アーノルド(Trent Alexander-Arnold)は1998年の10月の、イングランド(イギリス)のリバプールで生まれました。きっとビートルズを聴いて育ったに違いない。(適当)

アレクサンダー=アーノルドはリバプールのアカデミーに2004年から所属でしています。そのまま順調に成長し、2015年にU-18カテゴリーへ昇格しました。

2016-17にリバプールでトップデビュー2016-17はトップチームの一員として、プレミアリーグで7試合に出場しています。ちなみにユースカテゴリーのリーグ戦でも12試合に出ています。

翌2017-18はトップチームでのプレータイムが大きく増えます。プレミアリーグでは19試合の出場。さらに、チャンピオンズリーグ決勝には先発で出場しました。

結果的に準優勝で終わったものの、若手ながら大物感が漂っていましたね。

2018-19はチームに欠かせない主力としてシーズンを戦いました。プレミアリーグでは29試合に出場し、マンチェスター・Cとの超ハイレベルな首位争いに身を投じます。

このシーズンもチャンピオンズリーグ決勝にて、アレクサンダー=アーノルドはスタメンで出場。相変わらずの精力的な上下動で優勝に貢献しましたね。

この決勝戦に彼は20歳と237日での出場でした。チャンピオンズリーグ決勝を2年連続スタメン出場した選手は、21歳以下では彼が史上初めてだったそうです。よく調べたな。

イングランド代表ではU-16から継続的に招集されています。A代表での主要大会は2018ワールドカップ、グループステージのベルギー戦が初出場でした。

T・アレクサンダー=アーノルドのプレースタイル

低くて速いクロスは世界屈指

そんなトレント・アレクサンダー=アーノルドのプレースタイルですが、ポジションはディフェンダー。専門的に右サイドバックを務めます。利き足は右

一応は中盤のセンターハーフや右サイドハーフで起用されたこともあるみたいですが、現時点では右サイドバックが最適解でしょう。

アレクサンダー=アーノルドの身長は175センチです。少々小柄な方ですが、主戦場が中央ではなくサイドなので極端なマイナスではないのでは。

彼の特徴として挙げられるのは、その非常に効果的な攻撃参加です。もはや、ひとつの戦術として成り立ってしまうほどですね。

アレクサンダー=アーノルドは攻撃的な思考の選手で、頻繁にポジションを上げてプレーします。その中でも際立っているのがクロスボールの正確性です。

彼はその正確なクロスボールで得点を何度も演出しており、2018-19は公式戦で16回のアシストを記録しています。攻撃的ミッドフィルダーかと思うような数字です。

アレクサンダー=アーノルドの放つクロスは軌道が良く、低くて速いアーリークロスが得意技ですね。あれだけパワーのあるボールを蹴るあたり、かなりの筋力があるはず。

彼のアーリークロスは味方選手に「ここへ飛び込め」と言わんばかりのスピードで飛んでくるので、相手チームも対応が難しいです。当てるだけで得点になりやすいですね。

キックのバリエーションも多いですが、巻いて落とすボールをよく使います。ディフェンダーの山を越してから急激に落下してくるヤらしいボールです。

サイドバックながらシュートも上手

前述のように、アレクサンダー=アーノルドのキックは精度が非常に高いです。そのため、セットプレーのキッカーもよく担当します。

ゴールから距離が近いフリーキックでは直接シュートを狙うこともありまして、彼の正確で鋭いミドルシュートを見ることができます。

また、彼はよく走れる選手なのでカウンター攻撃の際にも前線へ顔を出してきます。前にスペースがある時は自ら狙うことも少なくありません。

冷静にゴールの隅を狙うシュートを見せられると、アレクサンダー=アーノルドのウイング起用なんて見てみたい気もしてきますね。

↓これは強烈。

守備の安定感はまずまず

攻撃的な面に大きな強みがあるアレクサンダー=アーノルドは、頻繁にオーバーラップするだけあって非常に豊富な運動量を有しています。

前述のように走れる選手なので、スタミナも相まって守備にもしっかりハードワークします。スプリントで相手に食らいついていくことができますね。

そのあたりの対人の勝負に関しては、決してレベルが低いわけではありません。裏のスペースや中央に絞る対応は、よく走ってこなしています。

ただ、ディフェンスラインの合わせ方や相手選手へのマークは時折ぼかし気味なシーンも見受けられます。このあたりを改善すると攻守に凄まじい存在感を発揮できるはず。

今回のまとめ

今回はリバプール所属でイングランド代表、トレント・アレクサンダー=アーノルドのプレースタイルなどを紹介しました。

若さに似合わず良いパフォーマンスを披露しているアレクサンダー=アーノルドは、将来的にほぼ間違いなくイングランドのサッカーをけん引していく選手になると思います。

同胞の若手サイドバックにはアーロン・ワン=ビサカという、同じく名前が長くて優秀な選手がいます。お互いに持ち味が違いますから切磋琢磨して代表強化につなげてほしいですね。

最後までご覧いただきありがとうございました。Adios!

↓他の記事もぜひご覧あれ⚽️
プレミアラ・リーガセリエA
ブンデスリーグ1Jリーグ

↓チームはココから選べます



ENG リバプール
SOCCER道(さかみち)を歩こう!