リバプール所属ジョエル・マティップのプレースタイル!元カメルーン代表

ENG

スポンサーリンク

この記事でわかること

今回はリバプール所属で、元カメルーン代表ディフェンダーのジョエル・マティップを記事にしたいと思います。この記事には下に書いている3つの章があります。

選手の経歴では出身地や生まれた年、クラブチームでの活躍さらに代表召集歴をまとめています。選手のプレースタイルではポジションや身長、利き足のほかに得意なプレーや評価などをご紹介。

最後のまとめでは、選手やチームへの期待をひとことで主観的に書いています。まとめの下では同じカテゴリーの記事も案内しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

どうぞ最後までお付き合いください。

(主な参考元: https://www.soccer-king.jp/player/article/417432.htmlhttps://www.transfermarkt.com/joel-matip/profil/spieler/82105 )

スポンサーリンク

ジョエル・マティップの経歴

ジョエル・マティップ(Joel Matip)は1991年の8月に、ドイツのボーフムで生まれました。彼はドイツとカメルーンの二重国籍です。

マティップは最初、地元ボーフムのSCヴァイトマールのユースに所属していました。そこからVFLボーフムを経て、2000年からシャルケのユースに加入

2009年にシャルケのトップチームへ登録されます。2009-10はブンデスリーガで20試合に出場して3得点を記録するなど若手としてはなかなかの活躍。

2011-12以降は、継続的にリーグ戦30試合以上に出場するなど定位置を確保します。得点も10試合に1点くらいの割合で決めていますね。

2016-17にイングランドのリバプールへ移籍しました。1年目からプレミアリーグで29試合に出場するなど、英国サッカーにしっかりフィット。

以降も出場すれば安定したプレーを披露してくれています。2018-19チャンピオンズリーグでは優勝にも大きく貢献しました。

カメルーン代表ではアンダー世代での召集はありません。A代表の主要大会では、2010ワールドカップの日本戦で出場していました。

その他アフリカネーションズや2014ワールドカップでも活躍。カメルーン代表では守備的ミッドフィルダーも務めていました。

スポンサーリンク

ジョエル・マティップのプレースタイル

類稀なサイズを有したDF

そんなジョエル・マティップのプレースタイルですが、ポジションはディフェンダー。本職は中央のセンターバックです。利き足は右

かつては守備的ミッドフィルダーでのプレー経験もあり、そこに入ることも可能です。それはそれで相手の脅威になりそう。

マティップの身長は195センチです。これほど大きいディフェンダーはそう多くありません。加えて、一見すると細身に見えますが締まった良い体格をしています。

彼の特徴として挙げられるのは、やはり身体的なアドバンテージを生かした空中戦に対する無類の強さです。大きくて強いマティップにエアバトルで勝つのは難儀します。

クロスボールに対する準備もしっかりできている印象が強く、跳ね返す場所も的確にできていることが多いです。チームは助かりますね。

加えて、マティップは大きいわりに決して足が遅いということはなく意外と動けるディフェンダーです。シャルケのユースで育っただけあり、カバーリングも安定。

自陣の奥深くに出されたロングボールなども追いかけてクリアしますし、相手のフォワードと走り合いになってもそれほど苦戦していません。

↓堅実な仕事人であることは間違いありません。

攻撃への貢献もなかなか

マティップは大柄なわりに足下の技術にも良さがあります。前線へのフィードキックも良質ですし、中盤に縦パスをズバッと入れることも少なくありません。

その部分に関しては、中盤でプレー経験があることが要因になっているのかもしれません。ユースで叩き込まれたんですかね。

また、当然のごとく味方のセットプレーでも相手の脅威になります。195センチの相手選手がゴール前に入ってくるのは誰だって嫌なものです。

特にシャルケ時代は毎シーズンのようにリーグ戦で3点ほど取っていましたから、セットプレーでのマティップは要警戒です。味方からすると頼もしいですね。

統率力は微妙なのかも

2017-18冬の移籍マーケットでファン・ダイクが加入するまでリバプールのディフェンス陣は失点が多く、あまり評判が良くありませんでした。

マティップはもちろん良い選手ですが、周囲のディフェンダーに指示を出して統率するのは取り立てて得意なわけではないのかもしれません。

彼は強いリーダーシップを持つディフェンダーの相棒としてピッチに立つ方がより生きると、管理人は個人的に考えています。。

スポンサーリンク

今回のまとめ

今回はリバプール所属で元カメルーン代表、ジョエル・マティップのプレースタイルなどを紹介しました。

2018-19にチャンピオンズリーグでリバプールは優勝を成し遂げました。ファン・ダイクとマティップのコンビも非常に良かったです。

2019-20のリバプールはチャンピオンズリーグ2連覇を目指していますから、マティップの攻守にわたる堅実な仕事ぶりにもより一層期待しましょう。

最後までご覧いただきありがとうございました。Adios!

タイトルとURLをコピーしました