リバプール所属ファビーニョのプレースタイル!ブラジル代表

イングランド・プレミアリーグ

スポンサーリンク

この記事でわかること

今回はリバプール所属で、ブラジル代表MFのファビーニョを記事にしたいと思います。この記事には下に書いている3つの章があります。

選手の経歴では出身地や生まれた年、クラブチームでの活躍さらに代表召集歴をまとめています。選手のプレースタイルではポジションや身長、利き足のほかに得意なプレーや評価などをご紹介。

最後のまとめでは、選手やチームへの期待をひとことで主観的に書いています。まとめの下では同じカテゴリーの記事も案内しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

どうぞ最後までお付き合いください。

(主な参考元: https://www.soccer-king.jp/player/article/502144.htmlhttps://www.transfermarkt.com/fabinho/profil/spieler/225693 )

スポンサーリンク

ファビーニョの経歴

ファビーニョ(Fabinho)は1993年の10月に、ブラジルのカンピナスで生まれました。サンパウロの少し北にある街です。

ファビーニョがヨーロッパでのサッカーキャリアを始めたのは2012年のことです。母国ブラジルのフルミネンセからポルトガルのリオ・アヴェFCへ移籍しました。

ところがどっこい、そのすぐ後にレアル・マドリードのカスティージャ(Bチーム)へ期限付き移籍します。1年間の在籍でしたが、そこでリーグ戦31試合に出てますから大したものです。

2013-14からはフランスのモナコへ加入。これも2年間のローン移籍でした。初年度からリーグ1で26試合に出場するなど存在感を発揮。

翌年からはレギュラー格になりました。リーグ1で36試合に出場すると、シーズン終了後にリオ・アヴェからモナコへの完全移籍が決定します。

完全移籍した2015-16から、最終的にモナコで3シーズン過ごすことになります。いずれのシーズンもリーグ1で34~37試合に出場していますから、不動の主力メンバーですね。

特にファビーニョ個人としてもモナコとしても圧巻だったのが2016-17です。パリ・サン=ジェルマンを差し置きリーグ1で優勝を飾り、ファビーニョも37試合で9ゴール

さらにはチャンピオンズリーグでもモナコは快進撃を見せ、マンチェスター・Cとドルトムントを決勝Tで破りベスト4まで進出。準決勝でユベントスに敗退しますが鮮烈なインパクトを見せましたね。

2018-19からはイングランドのリバプールへ移籍。当初は少し適応に苦労しましたが、プレミアの空気に馴染むとモナコで見せたような存在感を発揮します。

中盤の底でファーストチョイスになると、終始安定したプレーを披露。チャンピオンズリーグ優勝を、移籍したその年に成し遂げました。

ブラジル代表にはU-20から招集されていて、A代表ではコパ・アメリカ2015と2016でベンチ入りを果たしています。

スポンサーリンク

ファビーニョのプレースタイル

中盤と最終ラインで守備力を発揮

そんなファビーニョのプレースタイルですが、ポジションはミッドフィルダー。本職は守備的ミッドフィルダーになります。利き足は右

ディフェンシブな位置を得意とするファビーニョは、最終ラインでディフェンダーとしてもプレーできます。これは監督が喜ぶやつですな。

中央のセンターバックと右サイドバックに対応します。このユーティリティはファビーニョの魅力のひとつと言えるのではないでしょうか。

ファビーニョの身長は188センチです。サイズは守備的な位置でも実用十分で、細身に見えますが当たり負けしない強さも備えています。ロングボールも高確率で跳ね返してくれます。

この体格を生かしたディフェンス能力がファビーニョの特徴です。中盤以降で相手のボールホルダーを捕まえてくれます。肩でのショルダータックルは迫力があります。

インテンシティを発揮した接触プレーでのボール奪取も良いですが、長い脚を生かしたスライディングも上手な印象があります。

際立ったスピードがある選手ではないと思いますが、守備時の予測が良い選手なので危険な場所を素早く察知して相手より一歩先に対応ができます。

攻守の切り替えが早い選手のため、味方がボールを失っても予測を生かしすぐ相手に寄せてボールを奪い返してくれますね。

もともとそこまで積極的にポジションを上げない選手ということもあり、攻撃から守備への切り替えの際には自陣の門番になってくれます。

足下も巧みでボールを失わない

ファビーニョは中盤より後ろで相手を潰す役割をする選手ですが、足下の上手さも備えています。簡単には相手にボールを取られません。

ボールコントロールが巧みなファビーニョは相手に寄せられても細かくボールを動かしてかわすことができますし、大きい身体で相手をブロックするのも得意ですね。

ボールを奪った後に奪い返されることが少ないですし攻撃時のボール回しでも安定したプレーを約束してくれますから、ファビーニョがアンカーにいると安心できますね。

また、味方の遅攻の際には良い意味で中途半端なポジションを取り、フリーでボールを受けられる場所を探すのも上手です。パス交換がスムーズになりますな。

キックも堅実で質が良い

ファビーニョはボールのコントロールだけでなくキックの精度も安定したものを持っています。速攻でも遅い攻撃でも配球が大事ですからチームは助かります。

得点のアシストなどは決して多くはないと思いますが、繋ぎのショートパスやサイドチェンジの浮き球も良い味を出していると思います。

また基本的には低い位置を保つファビーニョですがカウンター攻撃の時などは高い位置をとることもあり、時折見せるミドルシュートは鋭いですね。

エリア内へ進入しても、サイズから考えてクロスボールの大きいターゲットになりますから相手からすると厄介な選手です。

↓What a goal!

スポンサーリンク

今回のまとめ

今回はリバプール所属で、ブラジル代表ファビーニョのプレースタイルなどを紹介しました。

2018-19からリバプールに加入して定位置をつかんでいるファビーニョは、2019-20以降も活躍が大いに期待される選手です。

ブラジル代表の中盤もタレントが多いですが、ファビーニョにも出場機会をつかんでセレソンの躍進を支えてほしいですね。

最後までご覧いただきありがとうございました。Adios!