マンチェスター・シティ所属ラヒーム・スターリングのプレースタイル!イングランド代表

ENG

この記事でわかること

今回はマンチェスター・シティ所属で、イングランド代表フォワードのラヒーム・スターリングを記事にしたいと思います。この記事には下に書いている3つの章があります。

選手の経歴では出身地や生まれた年、クラブチームでの活躍さらに代表召集歴をまとめています。選手のプレースタイルではポジションや身長、利き足のほかに得意なプレーや評価などをご紹介。

最後のまとめでは、選手やチームへの期待をひとことで主観的に書いています。まとめの下では同じカテゴリーの記事も案内しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

どうぞ最後までお付き合いください。

(主な参考元: https://www.soccer-king.jp/player/article/417756.htmlhttps://www.transfermarkt.com/raheem-sterling/profil/spieler/134425 )

スポンサーリンク

ラヒーム・スターリングの経歴

ラヒーム・スターリング(Raheem Sterling)は1994年の12月に、ジャマイカのキングストンで生まれました。スターリングはイングランドとジャマイカの二重国籍です。

7歳の時にロンドンへ移ってきととのこと。2003年からQPRのアカデミーに所属していて、2010年にリバプールへ移籍しました。当時はU-18カテゴリーへの加入でした。

2011-12にリバプールでトップデビュー。年々出番を増やすと、2013-14はプレミアリーグで33試合に出場し9得点という活躍をします。

2015-16からマンチェスター・シティに加入します。1年目からプレミアリーグ31試合に出場すると、2017-18には同33試合に出場して18得点と躍動。

2018-19もプレミアリーグ34試合に出場して17ゴールを記録し、ウインガー兼ストライカーとしてシティのリーグ2連覇に貢献しています。

イングランド代表にはU-16から継続的に招集されています。A代表の主要大会は2014ワールドカップから出場。2018W杯では無得点も、ベスト4進出という躍進を支えました。

R・スターリングのプレースタイル

スピードあるドリブルが売り

そんなラヒーム・スターリングのプレースタイルですが、ポジションはフォワード。基本的には左ウイングに入ります。利き足は右

利き足サイドの右ウイングはもちろん、中央のセンターフォワードに入ることも一応は可能です。前線ならどこにでも対応するのは応用が利きますね。

スターリングの身長は170センチです。サッカー選手の中では小柄な方ですが、彼は身体能力と技術を武器に地上戦で勝負できるプレーヤーです。

彼の特徴に挙げられるのは、そのスプリント力です。スピードをドリブルに反映させて個人で仕掛けることができます。

左サイドで活動することが多いスターリングは、エリア外でボールを受けるとよくカットインを試みます。切れ味の鋭いカットインは彼の大きな武器です。

静止した状態で対峙する相手ディフェンダーの動きを見極め、隙を見て加速して振り切ります。このスピードの緩急や切り返しに追いすがるのは簡単ではありません。

加えてドリブルのタッチが細かいので、急な進路変更や鼻先で相手を避けることができるのも大きいです。軽率に飛び込むと引っ掛けてPKなんてことに。

また、基本的にスターリングはボールを足下で受けたがる選手だとは思いますが、スピードを生かしたフリーランニングも時には見せます。

中盤でボールを持っている味方に反応して走り出すのも良いですし、サイドでボールを持っている味方に呼応してゴール前に飛び込むも良し。守備側は反応が遅れると置いてきぼりです。

↓カットイン強し。

シュート技術が高い

キャリア初期のスターリングは、得点力に関して特筆するほどの選手ではありませんでした。しかし、ここ数年で得点を多く取るウインガーになりましたね。

多少の距離があるところから巻いて狙うシュートや、低めのクロスに合わせるワンタッチシュートも上手いです。ストライカーの点の取り方ができる選手です。

それに加えて、カウンター攻撃で自ら持ち運んでも冷静にフィニッシュすることができます。空中戦以外は特に不得手がないようにも思えます。

プレスバックも怠らない

攻撃において魅力が満載のスターリングですが、守備においてもハードワークできる献身性もしっかり備えています。これも大事ですね。

フォワードなので、基本的には攻撃時に敵陣のゴールライン際まで進入します。なおかつ、チームがボールを失った後は自陣の深い位置までボールを奪い返しに戻る選手です。

豊富なスタミナがあるからこそ可能なのでしょうが、なにぶん足が速いスターリングですからカウンターする相手も追いかけられて嫌でしょう。

今回のまとめ

今回はマンチェスター・シティ所属で、イングランド代表ラヒーム・スターリングのプレースタイルなどを紹介しました。

2017-18と2018-19でプレミアリーグを連覇しながらも、チャンピオンズリーグでは決勝に進めていないシティ。

スターリングがドリブル突破に加えて得点をバカスカ取ってくれて、チームをさらなる常勝軍団にしてくれることを期待してみましょう。

最後までご覧いただきありがとうございました。Adios!

↓他の記事もぜひご覧あれ⚽️
プレミアラ・リーガセリエA
ブンデスリーグ1Jリーグ

↓チームはココから選べます



ENG マンチェスター・シティ
SOCCER道(さかみち)を歩こう!