マンチェスター・シティ所属ロドリのプレースタイル!スペイン代表

ENG

スポンサーリンク

この記事でわかること

今回はマンチェスター・シティ所属で、スペイン代表ミッドフィルダーのロドリを記事にしたいと思います。この記事には下に書いている3つの章があります。

選手の経歴では出身地や生まれた年、クラブチームでの活躍さらに代表召集歴をまとめています。選手のプレースタイルではポジションや身長、利き足のほかに得意なプレーや評価などをご紹介。

最後のまとめでは、選手やチームへの期待をひとことで主観的に書いています。まとめの下では同じカテゴリーの記事も案内しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

どうぞ最後までお付き合いください。

(主な参考元: https://www.soccer-king.jp/player/article/486820.htmlhttps://www.transfermarkt.com/rodri/profil/spieler/357565 )

スポンサーリンク

ロドリの経歴

ロドリことロドリゴ・エルナンデス(Rodrigo Hernandez)は1996年の6月に、スペインのマドリードで生まれました。行ってみたいですね、マドリード。

ロドリはもともとCFラージョ・マハダオンダのカンテラに所属していて、そこから2007年にアトレティコ・マドリードのカンテラへ移籍します。

そのまま数年間アトレティコで過ごしますが、2013年にビジャレアルへ加入。当初はU-19チームへの加入でした。

2014-15はビジャレアルのBチームにも招集されてリーグ戦8試合に出場。Bチームに昇格した2015-16、今度はトップチームにも昇格されてラ・リーガで3試合に出場。飛び級が多い。

2016-17にビジャレアルでトップ登録されます。初年度はラ・リーガで23試合出場とまずまず。2017-18は37試合出場と、一気にプレータイムを伸ばしました。

2018-19にアトレティコ・マドリードへ移籍しました。古巣復帰なわけでして、この年にラ・リーガで34試合に出場。

ただ、アトレティコの守備的なサッカーが好きじゃなかったという話を聞いたような聞かなかったような。それもあってか1年で退団することに。

2019-20からイングランドのマンチェスター・シティに加入します。フェルナンジーニョの後継者として期待されていますね。

スペイン代表にはU-19から招集されています。A代表では2018-2019のネーションズリーグから出場機会を得ていますね。

スポンサーリンク

ロドリのプレースタイル

体格を生かした守備が魅力

そんなロドリのプレースタイルですが、ポジションはミッドフィルダー。基本的には中盤の底であるアンカーでプレーします。利き足は右

フォーメーションによってはセンターハーフ扱いになるでしょうけど、正直なところ誤差の範囲内くらいの違いしかないと思うので気にしません。

ロドリの身長は191センチです。見た目にもわかる通り、かなり大柄な選手ですね。その上けっこう分厚い胸板をしています。

アンカーでプレーする選手はそのポジション柄、守備での貢献が非常に重要になってきます。

ロドリは優れたフィジカルを生かした堅く安定感のある守備が持ち味の選手です。よっぽどのことがなければパワーで負けることはないでしょう。

相手のボールホルダーに寄せると、体格を生かして動きを封じ込めボールを奪ってしまいます。サイズもありますから、相手のロングボールも難なく跳ね返します。

また、ロドリはパスコースの読みも良い印象があります。どこにパスが来るかを予測してインターセプトし、効率よく相手の攻撃を遮断できますね。

際立ってスプリントが速くはないと思いますが、強さと読みを利かせたディフェンスでセンターバックの負担を大幅に減らせる選手であることは間違いないでしょう。

パスの正確性も高水準

比較的低い位置でプレーすることが多いロドリは、攻撃の組み立ての際にもボールの出どころになる場合が多いです。

ロドリはフィジカルが強い上にボールコントロールも上手なので、ボールロストせずに攻撃を組み立てることができます。寄せられても力負けしませんからね。

また、パス精度にも優れています。まあペップ監督が欲しがる選手なので当然と言えば当然ですけれども。攻撃の繋ぎは非常に安定しています。

高めの位置にも出掛ける

ロドリは中盤アンカーという守備的なタスクを追った選手ではありますが、わりかし高い位置を取ることもある印象です。チームの約束事という理由もあるかも。

他の選手がかわりに低い位置をとってバランスをとるとは思いますが、ペナルティーエリア手前まで進出してくることも結構あります。

前項でパスの話をしましたが、ロドリのさらに良いところとして前線にチャンスボールを供給できることが挙げられます。

アンカーの選手で多いのが、繋ぎは安定しているけど決定機を作り出すパスはそこまで多くないというパターン。

ロドリが高い位置を取ったときは、味方の動き出しに合わせて決定機を創出するようなスルーパスを出すことができます。これは大きなポイントですね。

なおかつ、頻繁ではないと思いますがエリア手前からでも鋭いミドルシュートを打つことができます。高い位置にいると、より怖い選手になりますね。

スポンサーリンク

今回のまとめ

今回はマンチェスター・シティ所属でスペイン代表、ロドリのプレースタイルなどを紹介しました。

2019-20からシティへ加入し、長らくアンカーを務めていたフェルナンジーニョの後継者として大きな期待を集めているロドリ。

さらにスペイン代表でもセルヒオ・ブスケッツという偉大な選手の後釜になれる才能を秘めています。さらなる躍動に期待しましょう。

最後までご覧いただきありがとうございました。Adios!

タイトルとURLをコピーしました